TOP > 映画監督・俳優を探す > 菊ひろ子

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1971年 まで合計4映画作品)

1971年

暁の挑戦

  • 1971年5月22日(土)
  • 出演(秋江 役)

「御用金」「人斬り」を製作したフジテレビと、昨年三月に発足した新国劇映画との共同製作作品。物語は大正十四年の川崎市で実際に起こった「鶴見騒擾事件」に材をとり、人口数千人の沼地だった川崎をやくざの暴力と闘い、現在の人口百万を誇る世界的な工業都市に生みかえた市民と労働者のエネルギーを描く、脚本は「どですかでん」の橋本忍と「やくざ絶唱」の池田一郎「富士山頂(1970)」の国弘威雄の共同執筆。監督は「スパルタ教育 くたばれ親父」の舛田科雄。撮影は「艶説 明治邪教伝」の坪井誠がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
萬屋錦之介 若林豪 渡哲也 倍賞美津子
1970年

関東義兄弟

  • 1970年1月15日(木)
  • 出演(梅若 役)

「さくら盃 仁義」の内川清一郎と八洲僕が共同執筆した脚本を、内川が監督した任侠もの。撮影は「やくざ番外地 抹殺」の萩原泉が担当した。

監督
内川清一郎
出演キャスト
村田英雄 里見浩太朗 北島三郎 梶芽衣子
1969年

涙でいいの

  • 1969年11月1日(土)
  • 出演(きく乃 役)

「恋のつむじ風」の才賀明が脚本を書き、「残酷おんな私刑」の丹野雄二が企画・監督し、ピロ企画で製作した青春もの。撮影は、「女の手配師 池袋の夜」の山崎善弘が担当した。

監督
丹野雄二
出演キャスト
松原智恵子 稲垣美穂子 日野道夫 御木本伸介

代紋 地獄の盃

  • 1969年6月14日(土)
  • 出演(久保田菊 役)

「代紋 男で死にたい」の星川清司が脚本を執筆しコンビを組んだ松尾昭典が監督した代紋シリーズ第二作。撮影も同作品を担当した岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 菊ひろ子 内田良平 野川由美子

菊ひろ子の関連人物

内田良平  河野弘  辰巳柳太郎  浜田光夫  御木本伸介 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 菊ひろ子

ムービーウォーカー 上へ戻る