映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐伯清

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1972年 まで合計98映画作品)

1972年

昭和残侠伝 破れ傘

  • 1972年12月30日(土)公開
  • 監督

“昭和残侠伝シリーズ”第九作。任侠一筋に生き抜かんが為に義理に縛られ、無益な争いに捲きこまれる男たち、そして情に涙する女たちのそれぞれの生き様を描く。脚本は「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」の村尾昭、監督は「昭和極道史」の佐伯清、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 安藤昇 北島三郎 星由里子

昭和極道史

  • 1972年10月12日(木)公開
  • 監督

目的を達成するためには渡世の筋を無視してしまう現代やくざの中にあって、一人義理のためにじっと堪える義侠心の強い筋金入りの男の魅力を描く。脚本は「不良番長 一網打尽」の松本功と山本英明、監督は「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」の佐伯清、撮影は「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ伝義」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 渡瀬恒彦 待田京介 加賀まりこ
1971年

昭和残侠伝 吼えろ唐獅子

「昭和残侠伝」シリーズ八作目。脚本は「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の村尾昭。監督は「現代やくざ 盃返します」の佐伯清。撮影も「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 池部良 松原智恵子 松方弘樹

現代やくざ 盃返します

  • 1971年4月3日(土)公開
  • 監督

任侠道と組長の命令に板ばさみになった若者を描く。原作は『特集漫画トピックス』に連載された村上和彦の「昭和極道史 逆縁の盃」。脚本は「昭和残侠伝 死んで貰います」の大和久守正、監督は「博徒仁義 盃」の佐伯清。撮影は「新宿の与太者」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
菅原文太 松方弘樹 野川由美子 工藤明子
1970年

博徒仁義 盃

  • 1970年8月28日公開
  • 監督

仁侠に生きる男の厳しさを謳いあげる。脚本は「遊侠列伝」の大和久守正、監督は「新兄弟仁義」の佐伯清。撮影は「関東テキヤ一家 喧嘩仁義」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
菅原文太 伊吹吾郎 工藤明子 嵐寛寿郎

新兄弟仁義

  • 1970年4月10日公開
  • 監督

藤原審爾の原作「三代目実子分」を大和久守正が脚本化、「新網走番外地 さいはての流れ者」の佐伯清が監督したシリーズ第八作。撮影は組長と代貸」の星島一郎が担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
北島三郎 今井健二 工藤明子 梅地徳彦
1969年

新網走番外地 さいはての流れ者

  • 1969年12月27日公開
  • 監督

伊藤一原作の『網走番外地』(プレス東京刊)を、「関東テキヤ一家」の村尾昭が脚色し、「必殺 博奕打ち」の佐伯清が監督した“新番外地シリーズ”第三作。撮影は「夜の歌謡シリーズ おんな」の飯村雅彦が担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 山本麟一 谷隼人 星由里子

必殺 博奕打ち

  • 1969年9月6日公開
  • 監督

「大幹部 殴り込み」の棚田吾郎が脚本を書き、「懲役三兄弟」の佐伯清が監督したシリーズ第七作。撮影は「おんな刺客卍」の赤塚滋が担当した。

監督
佐伯清
出演キャスト
鶴田浩二 山本麟一 長門勇 須藤健

懲役三兄弟

  • 1969年5月3日公開
  • 監督

「殺し屋をバラせ」の石松愛弘がシナリオを執筆し、「兵隊極道」の佐伯清が監督した任侠もの。撮影は「博徒列伝」の鈴木重平が担当した。

監督
佐伯清
出演キャスト
菅原文太 待田京介 葉山良二 八代万智子
1968年

兵隊極道

  • 1968年9月18日公開
  • 監督

「前科者」の松本功と鳥居元宏が共同でシナリオを執筆、「代貸」の佐伯清か監督した“極道”シリーズ第三作目。撮影は「前科者」の鈴木重平。

監督
佐伯清
出演キャスト
若山富三郎 名和宏 宮園純子 大信田礼子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐伯清