映画-Movie Walker > 人物を探す > 夏圭子

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1975年 まで合計18映画作品)

1975年

わが青春のとき

  • 1975年6月7日(土)公開
  • 出演(李英順 役)

新発足した大映の第一回作品で、昭和19年の朝鮮を舞台にに様々な厳しさの中で真実の愛をみつけ、人間として目覚め、強く生きぬく人妻を描く。小林勝原作の『狙撃者の光栄』の映画化。脚本は立原りゅうと山内久、監督は「若者たち」の森川時久、撮影は黒田清巳がそれぞれ担当。

監督
森川時久
出演キャスト
栗原小巻 山本圭 三國連太郎 小林桂樹
1970年

可愛い悪魔 いいものあげる

  • 1970年12月25日公開
  • 出演(ハツ子 役)

「裸でだっこ」に続く渥美マリの主演作品。脚本は「皆殺しのスキャット」の安本莞二と「しびれくらげ」の増村保造。監督は「太陽は見た」の井上芳夫。撮影は「しびれくらげ」の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
渥美マリ 田村亮 福田豊土 高橋昌也

若者の旗

  • 1970年11月28日公開
  • 出演(町子 役)

「若者たち」「若者はゆく -続若者たち-」に続く第三作。脚本、監督、撮影も前作と同じく、山内久、森川時久、宮島義勇がそれぞれ担当。

監督
森川時久
出演キャスト
田中邦衛 橋本功 山本圭 佐藤オリエ

橋のない川 第二部(1970)

  • 1970年4月25日公開
  • 出演(永井お夏 役)

「日本暗黒史 情無用」の佐治乾と今井正が脚本を共同執筆、第一部についで今井正が監督した文芸作品。撮影は今井監督とコンビの中尾駿一郎が担当。

監督
今井正
出演キャスト
北林谷栄 長山藍子 丸山持久 山本聡

クレージーの殴り込み清水港

  • 1970年1月15日公開
  • 出演(女房お蝶 役)

「ブラボー!若大将」の田波靖男の脚本を、「奇々怪々俺は誰だ?!」の坪島孝が監督した喜劇。撮影は、「めぐりあい(1968)」の田島文雄が担当した。

監督
坪島孝
出演キャスト
植木等 谷啓 ハナ肇 夏圭子
1969年

海はふりむかない

  • 1969年9月17日公開
  • 出演(真理子 役)

「前科・ドス嵐」の星川清司が脚本を書き、「落葉とくちづけ」の斎藤耕一が監督した青春メロドラマ。撮影は「猛烈社員 スリゴマ忍法」の小杉正雄が担当した。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
西郷輝彦 勝部演之 尾崎奈々 夏圭子

不良番長 練鑑ブルース

  • 1969年6月14日公開
  • 出演(白河小夜子 役)

「昭和残侠伝 唐獅子仁義」の山本英明、松本功のコンビが脚本を担当し、「不良番長 猪の鹿お蝶」の野田幸男が監督したシリーズ第三作。撮影は「現代やくざ 与太者の掟」の星島一郎が担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
梅宮辰夫 谷隼人 団巌 茶川一郎

若者はゆく 続若者たち

  • 1969年5月10日公開
  • 出演(町子 役)

「若者たち」のトリオ、山内久、森川時久、宮島義勇が脚本、監督、撮影を担当した青春もの。

監督
森川時久
出演キャスト
田中邦衛 橋本功 山本圭 佐藤オリエ
1968年

若者たち

  • 1968年12月16日公開
  • 出演(マチ子 役)

同名のテレビドラマでコンビを組んだ山内久がシナリオを執筆、森川時久が劇映画初の監督をした青春もの。撮影は「怪談」の宮島義勇。

監督
森川時久
出演キャスト
田中邦衛 橋本功 山本圭 佐藤オリエ

街に泉があった

  • 1968年10月12日公開
  • 出演(圭子 役)

「兄貴の恋人」の井手俊郎がシナリオを執筆し、これがデビュー第一作の浅野正雄が監督した青春もの。撮影は「サラリーマン悪党術」の逢沢譲。

監督
浅野正雄
出演キャスト
乙羽信子 佐藤允 黒沢年男 三田明
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 夏圭子