映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ケイン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1980年 まで合計6映画作品)

1980年

大いなる別れ

  • 1980年8月2日(土)公開
  • 出演(Kincaid 役)

殺された親友の過去を調査したことから、ある事件の中に捲き込まれていく男を描くハード・ボイルド映画。製作はシドニー・ビッデル、監督は「愛の交響楽」のジョン・クロムウェル、脚本はオリヴァー・H・P・ギャレットとスティーヴ・フイッシャー、撮影はレオ・トーヴァー、音楽はマーリン・スカイルズが各々担当。出演はハンフリー・ボガート、リザベス・スコット、モーリス・カーノフスキー、チャールズ・ケイン、マーヴィン・ミラーなど。日本語版監修は岡枝慎二。モノクロ、スタンダード。1947年作品。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ハンフリー・ボガート リザベス・スコット モーリス・カーノフスキー チャールズ・ケイン
1954年

ルビイ

  • 1954年11月16日(火)公開
  • 出演(Cullen_McAuliffe 役)

「東は東」と同じくジョセフ・バーンハードとキング・ヴィダーが共同製作にあたった1952年作品で、監督はキング・ヴィダー。アーサー・フィッツ・リチャードの書きおろした女性メロドラマで、脚色は「失われた心」のシルヴィア・リチャーズ。「果てしなき蒼空」のラッセル・ハーランが撮影し、「ヴァレンチノ」のハインツ・ロームヘルドが音楽を担当した。主演は「悪魔をやっつけろ」のジェニフ・ジョーンズ、「アロウヘッド」のチャールズトン・ヘストン、「波止場」のカール・マルデンで、トム・タリー(「月蒼くして」)、バーナード・フィリップス、ジェームズ・アンダーソン、ジョセフ・ハッチンスン(「令嬢画伯」)らが助演。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジェニファー・ジョーンズ チャールトン・ヘストン カール・マルデン トム・タリー
1953年

クーパーの花婿物語

  • 1953年5月24日(日)公開
  • 出演

「砂漠の鬼将軍」のナナリー・ジョンソンが脚色を兼ねて1944年に製作した。原作はフロイド・デルとトーマス・ミッチェル「真昼の決闘」共作の舞台劇で「誰が為に鐘は鳴る」の故サム・ウッドの監督になる。撮影は「流刑の大陸」のジョン・サイツ、音楽は「東は東」のアーサー・ランジ。「外套と短剣」のゲイリー・クーパーと「生きるためのもの」のテレサ・ライトが主演し、以下「戦うロビンフッド」のアニタ・ルイズ、「三銃士(1948)」のフランク・モーガン、パトリシア・コリンジ、エドモンド・ブレオンなどが助演する。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ゲイリー・クーパー テレサ・ライト アニタ・ルイズ フランク・モーガン
1952年

栄光の星の下に

  • 1952年7月15日(火)公開
  • 出演(Mr._Mayhew 役)

「スピード王(1950)」のクラーク・ゲーブルと「ショウ・ボート(1951)」のエヴァ・ガードナーが主演する西部活劇1951年作品で、製作は「ママの新婚旅行」のZ・ウェイン・グリフィン。「ウィンチェスター銃'73」のボーデン・チェイスが自らの雑誌連載小説を脚色、「落日の決闘」のハワード・エスタブルックが潤色、「ドン・ファンの冒険」のヴィンセント・シャーマンが監督する。撮影は「スピード王」のハロルド・ロッソン、音楽はデイヴィッド・バットルフの担当である。ゲーブル、ガードナーの他、「オール・ザ・キングスメン」のブロデリック・クロフォード、「白昼の決闘」のライオネル・バリモア、「蛇の穴」のビューラ・ボンディ、以下エド・ベグリー、ジェームズ・バーク、ウィリアム・ファーナムらが共演。

監督
ヴィンセント・シャーマン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル エヴァ・ガードナー ブローデリック・クロウフォード ライオネル・バリモア
1951年

秘密警察

  • 1951年12月11日(火)公開
  • 出演(Harris 役)

モーリスとフランクのキング兄弟「狂恋の果て」が製作し、ライター出身のボリス・イングスターが監督した1950年作品。ミルトン・レイソンとバート・C・ブラウンのストーリーより、監督のイングスターと「花の合唱(コーラス)」のレオ・フウンゼンドが共同で脚色した。撮影はラッセル・ハーラン、作曲はボール・ソウテル「拳銃の誓い」の担当。主演は「五番街の出来事」の新進ドン・デフォーと、舞台出身の新人アンドレア・キングで、「死の谷」のモーリス・アンクラム、ジョージ・トビアス、バリー・ケリーらが助演する。なお、編集者クリスチャン・ナイビイは「物体」の監督者である。

監督
ボリス・イングスター
出演キャスト
ドン・デフォー アンドレア・キング ジョージ・トビアス バリー・ケリー
1933年

地獄の市長

  • 1933年当年公開
  • 出演(Tommy 役)

「駄々っ子キャグニー」「拳闘のキャグネー」と同じくジェームズ・キャグニーが主演する映画で、イスリン・オースターが書いた原作を「戦線の嵐」のエドワード・チョドロフが脚色し、「男の一頁」「夜毎来る女」のアーチー・L・メイヨが監督にあたり、「戦線の嵐」「暁の耕地」のバーニー・マクギルが撮影した。助演者は「ヘル・ビロウ」「快走艇」のマッジ・エヴァンスを始め、「凡その人生」のダッドリー・ディグス、「春なき二万年」のアーサー・バイロン、「四十二番街」のアレン・ジェンキンス、「なつかしの谷」のフランキー・ダーロ、「男の一頁」のファリーナ及びハロルド・ヒューバー、「餓ゆるアメリカ」のロバート・バラット、「生の創め」のドロシー・ピーターソン等で、その他少年俳優がおおぜい出演している。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マッジ・エヴァンス アレン・ジェンキンス ダッドリー・ディグス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ケイン