TOP > 映画監督・俳優を探す > 渡辺鉄弥

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1970年 まで合計53映画作品)

1970年

女組長

  • 1970年1月15日(木)
  • 出演(勘六 役)

「刺客列伝」の宮川一郎と「悪名一番勝負」のマキノ雅弘が脚本を共同執筆し、マキノが監督した女任侠もの。撮影は、「女賭博師花の切り札」の中川芳久が担当した。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
江波杏子 平泉征 成田三樹夫 小瀬朗
1969年

与太郎戦記

  • 1969年7月12日(土)
  • 出演(柳沢 役)

春風亭柳昇の原作を「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」の舟橋和郎が脚色し、「昭和おんな仁義」の弓削太郎がメガホンをとった喜劇。撮影はコンビの渡辺公夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
フランキー堺 春風亭柳橋 春風亭柳好 春風亭小柳枝

新・与太郎戦記

  • 1969年12月27日(土)
  • 出演(米屋 役)

春風亭柳昇の原作(立風書房版)を「続・与太郎戦記」の舟橋和郎が脚色し、「女賭博師十番勝負」の田中重雄が監督した喜劇。撮影は「ある女子高校医の記録 続・妊娠」の喜多崎晃。

監督
田中重雄
出演キャスト
フランキー堺 伴淳三郎 船越英二 川口英樹
1968年

女賭博師奥ノ院開帳

  • 1968年11月16日(土)
  • 出演(河井の三ン下 役)

「縄張はもらった」の石松愛弘が脚本を執筆し、「フリーセックス 十代の青い性」の井上芳夫が監督した女賭博師シリーズ第十作。撮影は「女賭博師尼寺開帳」の中川芳久が担当した。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 伴淳三郎 八代順子 見明凡太朗

関東女賭博師

  • 1968年1月27日(土)
  • 出演(若い男 役)

「女賭場荒し」の長谷川公之がシナリオを執筆し、「勝負犬」の井上芳夫が監督した“女賭博師”シリーズ第五作目。撮影は「三匹の女賭博師」の中川芳久。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 伊藤雄之助 内藤武敏 伊藤孝雄
1967年

痴人の愛(1967)

  • 1967年7月29日(土)
  • 出演(同僚A 役)

谷崎潤一郎の同名原作を「ひき裂かれた盛装」の池田一朗が脚色し、「妻二人」の増村保造が監督した文芸もの。撮影は「にせ刑事」の小林節夫。

監督
増村保造
出演キャスト
大楠道代 小沢昭一 田村正和 倉石功
1966年

女の賭場

  • 1966年11月26日(土)
  • 出演(健次 役)

青山光二の原案を、「ごんたくれ」の直居欽哉と服部佳が共同でシナリオ化し、「若親分あばれ飛車」の田中重雄が監督したやくざもの。撮影は「赤い天使」の小林節雄。

監督
田中重雄
出演キャスト
江波杏子 水原浩一 酒井修 川津祐介

貴様と俺

  • 1966年7月13日(水)
  • 出演(吉男 役)

「女犯破戒」の下飯坂菊馬がシナリオを執筆。監督は「ザ・ガードマン 東京忍者部隊」の弓削太郎が担当したアクションもの。撮影は「雁(1966)」の宗川信夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
田宮二郎 成田三樹夫 河野秋武 高毬子

わが愛を星に祈りて

  • 1966年3月26日(土)
  • 出演(北村正也 役)

佐伯浩子の原作を「青いくちづけ」の池田一朗が脚色、「六人の女を殺した男」の島耕二が監督した青春もの。撮影は「復讐の切り札」の渡辺徹。

監督
島耕二
出演キャスト
高田美和 小栗一也 目黒幸子 清川新吾
1965年

鉄砲犬

  • 1965年12月24日(金)
  • 出演(鉄造 役)

「暴れ犬」の藤本義一がシナリオを執筆、「ごろつき犬」の村野鐵太郎が監督した“犬シリーズ”第四作目。撮影は「牝犬脱走」の小林節雄。

監督
村野鐵太郎
出演キャスト
田宮二郎 天知茂 山下洵一郎 小沢昭一

渡辺鉄弥の関連人物

見明凡太朗  夏木章  星ひかる  早川雄三  原田玄 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 渡辺鉄弥

ムービーウォーカー 上へ戻る