映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴村益代

年代別 映画作品( 1956年 ~ 2011年 まで合計35映画作品)

2011年

幕末太陽傳(デジタル修復版)

  • 2011年12月23日(金)公開
  • 出演(髪結 役)

明治維新間近の幕末の品川を舞台に、無一文ながら大尽遊びを繰り広げて居座る男を描いた川島雄三監督の代表作。日活創立100周年を記念してのデジタル修復版。脚本は田中啓一、今村昌平、川島監督。撮影は高村倉太郎。出演はフランキー堺、南田洋子、石原裕次郎ほか。2011年10月にニューヨーク映画祭でワールドプレミア上映された。

監督
川島雄三
出演キャスト
鈴村益代 フランキー堺 南田洋子 左幸子
1971年

朝霧(1968)

  • 1971年9月18日(土)公開
  • 出演(よね 役)

母一人、娘一人の家庭の中で、思春期から大人に成長しようとしている娘の姿と、母との心の交流を雪の福井、東尋坊など、日本海側の厳しい自然を背景に描く。脚本は柏倉敏之と「私は泣かない」「終りなき生命を」の吉田憲二。監督も吉田憲二。昭和四三年作品。撮影は「極楽坊主」の横山実がそれぞれ担当。

監督
吉田憲二
出演キャスト
和泉雅子 八千草薫 柳永二郎 山根久幸
1969年

喧嘩博徒 地獄の花道

  • 1969年12月17日公開
  • 出演(あや 役)

「忘れるものか」の小川英と鴨井達比古が共同で脚本を書き、「傷害恐喝 前科十三犯」の松尾昭典と岩佐一泉のコンビが監督、撮影を担当した任侠アクション。

監督
松尾昭典
出演キャスト
小林旭 野川由美子 見明凡太朗 和泉雅子

恋のつむじ風

  • 1969年3月12日公開
  • 出演(一ノ瀬加代 役)

「夜の牝 花と蝶」の才賀明がシナリオを執筆し、「青春の鐘」の鍜治昇が監督した青春もの。撮影は「花ひらく娘たち」の山崎善弘

監督
鍛冶昇
出演キャスト
松原智恵子 太田雅子 長谷川照子 杉良太郎

花ひらく娘たち

  • 1969年1月11日公開
  • 出演(ばあや 役)

石坂洋次郎の原作を「だれの椅子?」の三木克巳と鎌田敏夫が共同脚色し、「花の恋人たち」の斎藤武市がメガホンをとった青春映画で日活若手のオール・スターもの。撮影は「ある少女の告白 純潔」の山崎善弘が担当した。

監督
斎藤武市
出演キャスト
吉永小百合 和泉雅子 浜田光夫 杉良太郎
1968年

鮮血の賭場

  • 1968年8月14日公開
  • 出演(遺手婆 役)

「嵐の果し状」の星川清司と「波止場の鷹」の中西隆三が本を執筆し、「燃える雲」の野村孝が監督したアクションもの。撮影は「残侠無情」の峰重義が担当。

監督
野村孝
出演キャスト
高橋英樹 二本柳敏恵 尾上九朗右衛門 山本陽子

花の恋人たち

  • 1968年1月3日公開
  • 出演(きよ 役)

吉屋信子の原作「女の教室」を、「花と果実」の三木克巳と、「女賭場荒し」の長谷川公之が共同で脚色、「ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦」の斎藤武市が監督した青春もの。撮影はコンビの山崎善弘。

監督
斎藤武市
出演キャスト
吉永小百合 十朱幸代 和泉雅子 伊藤るり子
1967年

夕笛

  • 1967年9月23日公開
  • 出演(寺の奥さん 役)

「反逆」の星川清司と、「悲しき別れの歌」の智頭好夫が共同でシナリオを執筆し、「陽のあたる坂道(1967)」の西河克己が監督した純愛もの。撮影は「七人の野獣」の横山実。

監督
西河克己
出演キャスト
舟木一夫 松原智恵子 島田正吾 風見章子

斜陽のおもかげ

  • 1967年9月23日公開
  • 出演(おたつ 役)

太宰治の遺児である太田治子の手記(新潮社刊)を、「喜劇 駅前百年」の八住利雄が脚色した。新人斎藤光正の監督昇進第一回作。撮影は「君が青春のとき」の萩原憲治。

監督
斎藤光正
出演キャスト
吉永小百合 新珠三千代 岸田森 芦田伸介
1966年

仁侠八方破れ

  • 1966年10月22日公開
  • 出演(みね 役)

「刺青一代」の服部佳が脚本を執筆、「三匹の牝猫」の井田探が監督した仁侠もの。撮影は「俺にさわると危ないぜ」の永塚一栄が担当。

監督
井田探
出演キャスト
高橋英樹 野川由美子 芦田伸介 大木実
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴村益代