映画-Movie Walker > 人物を探す > 柳瀬志郎

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1972年 まで合計154映画作品)

1972年

剣と花

  • 1972年4月15日(土)公開
  • 出演(仙公 役)

狼のように孤独で凶暴な男が、真摯に女の愛を求め、真の愛を実の妹に見いだし、必死に耐えて生きてゆく姿を描く。原作は、立原正秋の同名小説の映画化。脚本は「昭和やくざ系図 長崎の顔」の池上金男。監督は「追いつめる」の舛田利雄。撮影も、同作の小杉正雄。

監督
舛田利雄
出演キャスト
渡哲也 新藤恵美 森雅之 加藤治子

追いつめる

  • 1972年2月23日(水)公開
  • 出演(松岡 役)

広域暴力団殱減に命を賭ける退職警察対暴力団幹部の激闘を描く。原作は暴力団掃討作戦に材を得た生島治郎の同名小説。脚本は「現代やくざ 血桜三兄弟」の野上龍雄。監督は「さらば掟」の舛田利雄。撮影は「人間標的」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
田宮二郎 渡哲也 吉行和子 倍賞美津子
1971年

さらば掟

  • 1971年9月15日(水)公開
  • 出演(倉田 役)

一人の女を愛したことから巨大な暴力組織に追いつめられる男の苦悩を描く。渡哲也の松竹主演第一回作品。舛田利雄の原案を「関東破門状(1971)」の鴨井達比古が脚本化した。監督は、「暁の挑戦」の舛田利雄。撮影は「甦える大地」の金宇満司がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
渡哲也 范文雀 岩下志麻 青木義朗

渡世人 命の捨て場

  • 1971年6月10日(木)公開
  • 出演(由松 役)

久しぶりに日活に戻った高橋英樹の仁侠映画。脚本は「最後の特攻隊」の直居欽哉。監督は「日本最大の顔役」の松尾昭典。撮影は「谷岡ヤスジのメッタメタ ガキ道講座」の岩佐一泉がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 中丸忠雄 奈美悦子 嵐寛寿郎

三人の女 夜の蝶

  • 1971年4月24日(土)公開
  • 出演(小山 役)

青江三奈の「昭和おんなブルース」の映画化。脚本は「非行少年 若者の砦」の来栖三郎と「ずべ公番長 はまぐれ数え唄」の宮下教雄。監督は「斜陽のおもかげ」の斎藤光正。撮影は「野良猫ロック 暴走集団'71」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
斎藤光正
出演キャスト
松原智恵子 梶芽衣子 山本陽子 藤竜也
1970年

怪談昇り竜

  • 1970年6月20日(土)公開
  • 出演(川口 役)

昇り竜シリーズをモデルチェンジ、怪談と残酷を盛りこみ、エロチシズムを加え、新趣向で贈る第五作。脚本は曽根義忠と「監獄人別帳」の石井輝男の共作、石井輝男が監督。撮影は「昇り竜やわ肌開帳」の北泉成が担当。

監督
石井輝男
出演キャスト
梶芽衣子 ホキ徳田 佐藤允 高樹蓉子

あばれ丁半

  • 1970年3月7日(土)公開
  • 出演(砂田 役)

宮下教雄が脚本を書き「華やかな女豹」の江崎実生が監督した任侠もの。撮影は「やくざ番外地」の安藤庄平が担当。

監督
江崎実生
出演キャスト
高橋英樹 玉川良一 内田良平 和泉雅子

女の警察 国際線待合室

  • 1970年2月7日(土)公開
  • 出演(野田 役)

「華やかな女豹」の中西隆三と佐藤道雄が共同でシナリオを執筆し、「涙でいいの」の丹野雄二が監督した“女の警察”シリーズ第三作。撮影は、「嵐の勇者たち」の山崎善弘が担当した。

監督
丹野雄二
出演キャスト
小林旭 青江三奈 戸部夕子 左時枝

牡丹と竜

  • 1970年1月15日(木)公開
  • 出演(北村 役)

入山太郎の原案を、遠藤三郎と山上次郎が共同脚色し「悪名一番勝負」のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は、「日本残侠伝」の横山実と「昇り竜やわ肌開帳」の北泉成が共同で当った。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
高橋英樹 松原知仁 和泉雅子 小松勇
1969年

喧嘩博徒 地獄の花道

  • 1969年12月17日(水)公開
  • 出演(半次 役)

「忘れるものか」の小川英と鴨井達比古が共同で脚本を書き、「傷害恐喝 前科十三犯」の松尾昭典と岩佐一泉のコンビが監督、撮影を担当した任侠アクション。

監督
松尾昭典
出演キャスト
小林旭 野川由美子 見明凡太朗 和泉雅子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 柳瀬志郎