映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡野耕作

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1971年 まで合計113映画作品)

1971年

鯉のいる村

  • 1971年12月4日(土)公開
  • 出演(欣一 役)

第二十一回芸術選奨文部大臣賞・第八回野間文芸賞、その他多くの賞を受賞した岩崎京子原作の「鯉のいる村」の映画化。脚本は松田昭三。監督は新藤兼人の助監督をつとめ、これが昇進第一作となる神山征二郎。撮影は南文憲がそれぞれ担当。

監督
神山征二郎
出演キャスト
金子克之 富永美子 寺田路恵 河原崎次郎

婉という女

  • 1971年5月29日(土)公開
  • 出演(赦免状の使者 役)

原作は「一九六〇年度毎日出版文化賞」「第一三回野間文芸賞」を受賞した大原富枝の同名小説。脚本は「飢餓海峡」の鈴木尚之。監督は「橋のない川 第二部(1970)」の今井正。撮影も同作の中尾俊一郎がそれぞれ担当。

監督
今井正
出演キャスト
岩下志麻 江原真二郎 河原崎長一郎 緒形拳
1970年

新宿の与太者

  • 1970年12月18日(金)公開
  • 出演(医者 役)

組織からはじき出された一匹狼の与太者が、野獣のようなむきだしの荒々しさで組織に挑みかかる現代任侠映画。脚本は「新網走番外地 大森林の決闘」の村尾昭。監督は「日本暴力団 組長くずれ」の高桑信。撮影は「女たらしの帝王」の星島一郎。

監督
高桑信
出演キャスト
菅原文太 佐藤允 ルーキー新一 菊地健一

捨て身のならず者

  • 1970年5月1日(金)公開
  • 出演(渋谷署の刑事A 役)

「豹は走った」の石松愛弘と助監督、澤井信一郎が共同で脚本を執筆し、「任侠興亡史 組長と代貸」の降旗康男が監督したアクション。撮影は「不良番長 一獲千金」の飯村雅彦が担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
高倉健 浜美枝 宍戸錠 室田日出男

不良番長 王手飛車

  • 1970年1月9日(金)公開
  • 出演(教授A 役)

不良番長シリーズのコンビ、松本功と山本英明が前作「不良番長 どぶ鼠作戦」に続いて脚本を書き、「不良番長 送り狼」の内藤誠が監督したシリーズ第六作。撮影は「不良番長 どぶ鼠作戦」の星島一郎が担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 谷隼人 長沢純 鈴木ヤスシ
1969年

日本暴力団 組長と刺客

  • 1969年11月20日(木)公開
  • 出演(刑事 役)

「日本暴力団 組長」の神波史男と「組織暴力 兄弟盃」の佐藤純彌が脚本を共同執筆し、佐藤が監督した現代任侠もの。撮影は、「夜の歌謡シリーズ 悪党ブルース」の仲沢半次郎が相当した。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
鶴田浩二 志村喬 中丸忠雄 野添ひとみ

日本侠客伝 花と龍

  • 1969年5月31日(土)公開
  • 出演(田辺 役)

火野葦平の原作「花と龍」(新潮社版)を「人生劇場 飛車角と吉良常」の棚田吾郎が脚色し、「昭和残侠伝 唐獅子仁義」のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は「妖艶毒婦伝 人斬りお勝」の飯村雅彦が担当した。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
高倉健 星由里子 藤純子 二谷英明

超高層のあけぼの

  • 1969年5月14日(水)公開
  • 出演(三田第三工務課長 役)

菊島隆三の原作を岩佐氏寿と工藤栄一が共同脚色し、「いれずみ無残」の関川秀雄がメガホンをとった霞が関ビル完成までのドラマ。撮影は「人生劇場 飛車角と吉良常」の仲沢半次郎が担当した。

監督
関川秀雄
出演キャスト
佐野周二 三宅邦子 中村伸郎 山本豊三
1968年

喜劇 “夫”売ります!!

  • 1968年11月9日(土)公開
  • 出演(北川 役)

岸宏子の「ある開化」(墨水書房刊)を劇化した花登筐の「喜劇・売らいでか!」を「昭和のいのち」の池上金男と「喜劇 競馬必勝法 一発勝負」の瀬川昌治が脚本を執筆し、瀬川昌治が監督した喜劇。撮影は「不良番長」の山沢義一。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
フランキー堺 森光子 安芸秀子 芦屋小雁

人生劇場 飛車角と吉良常

  • 1968年10月25日(金)公開
  • 出演(吹岡 役)

尾崎士郎の原作『人生劇場・残侠篇』を、「代貸」棚田吾郎が脚色し、「宮本武蔵 巌流島の決斗」の内田吐夢が三年ぶりに監督した。撮影は「裏切りの暗黒街」の仲沢半次郎。

監督
内田吐夢
出演キャスト
鶴田浩二 辰巳柳太郎 松方弘樹 藤純子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡野耕作