映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡野耕作

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1971年 まで合計113映画作品)

1967年

昭和残侠伝 血染の唐獅子

  • 1967年7月8日(土)公開
  • 出演(木村 役)

「日本侠客伝 白刃の盃」の鈴木則文と、「男の勝負」の鳥居元宏が共同でシナリオを執筆し「日本侠客伝 白刃の盃」のマキノ雅弘が監督した侠客もので“昭和残侠伝”シリーズ第四作目。撮影は「解散式」の星島一郎。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
高倉健 池部良 藤純子 加藤嘉

続 組織暴力

  • 1967年6月29日(木)公開
  • 出演(丸和商事社長 役)

「新・事件記者 大都会の罠」の石松愛弘がシナリを執筆、前作「組織暴力」の佐藤純彌が監督した続篇。撮影はコンビの仲沢半次郎。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
丹波哲郎 渡辺文雄 谷隼人 待田京介

解散式

  • 1967年4月1日(土)公開
  • 出演(新聞記者A 役)

「残侠あばれ肌」の山本英明と松本功が、今度も共同でシナリオを執筆し、「北海の暴れ竜」の深作欣二が脚本陣にも参加して監督したやくざもの。撮影は「暗黒街シリーズ 荒っぽいのは御免だぜ」の星島一郎。

監督
深作欣二
出演キャスト
鶴田浩二 藤純子 小宮康弘 大辻伺郎

組織暴力

  • 1967年2月25日(土)公開
  • 出演(税関吏 役)

「ゴキブリ部隊」のコンビ、佐治乾と鈴樹三千夫が共同でシナリオを執筆し、「愛欲」の佐藤純彌が監督したギャングもの。撮影は「ボスは俺の拳銃で」の仲沢半次郎。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
丹波哲郎 千葉真一 高宮敬二 月形龍之介
1966年

黄金バット(1966)

  • 1966年12月21日(水)公開
  • 出演(中村隊員 役)

昭和六年頃、少年冒険雑誌で人気を呼んだ永松健夫の原作を、「脂のしたたり」の高久進が脚色し、「散歩する霊柩車」の佐藤肇が監督した特撮もの。撮影は「北海の暴れ竜」の山沢義一。

監督
佐藤肇
出演キャスト
ミスター・黄金バット 千葉真一 山川ワタル エミリー・ペアード

浪曲子守唄

  • 1966年10月25日(火)公開
  • 出演(賭場の客B 役)

「赤い夜光虫」の成澤昌茂が自身の原案を潤色し、「可愛いくて凄い女」の池田雄一が脚本を執筆、「地獄の野良犬」の鷹森立一が監督した任侠もの。撮影はコンビの西川庄衛。

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 下沢広之 瑳峨三智子 根上淳

北海の暴れ竜

  • 1966年10月25日(火)公開
  • 出演(漁師D 役)

「非行少女ヨーコ」の神波史男と「骨までしゃぶる」の佐治乾が共同でオリジナルシナリオを執筆し、「カミカゼ野郎 真昼の決斗」の深作欣二が監督したアクションもの。撮影は「可愛いくて凄い女」の山沢義一。

監督
深作欣二
出演キャスト
梅宮辰夫 沢彰謙 山城新伍 谷隼人

可愛いくて凄い女

  • 1966年9月17日(土)公開
  • 出演(デパート支配人 役)

「続・おんな番外地」の舟橋和郎、「カミカゼ野郎 真昼の決斗」の池田雄一が共同でシナリオを執筆、「続・おんな番外地」の小西通雄が監督した“おんな番外地シリーズ”第三作目。撮影は「脅迫 おどし」の小沢義一。

監督
小西通雄
出演キャスト
緑魔子 浦辺粂子 園佳也子 天知茂

一万三千人の容疑者

  • 1966年9月8日(木)公開
  • 出演(正道 役)

1965年に解決した「吉展ちゃん事件」の主任刑事、堀隆次の捜査手記を原作に、「複雑な彼」の長谷川公之がシナリオを執筆。「流れ者仁義」の関川秀雄が監督した、実話に基づくドキュメント・ドラマ。撮影は「遊侠三代」の飯村雅彦。

監督
関川秀雄
出演キャスト
芦田伸介 田畑隆 小山明子 神山寛

昭和残侠伝 一匹狼

  • 1966年7月9日(土)公開
  • 出演(仲買A 役)

「流れ者仁義」を共同執筆した山本英明と、松本功が今度も二人でシナリオを執筆。「昭和最大の顔役」の佐伯清が監督した「昭和残侠伝シリーズ」第三作。撮影は、「続・おんな番外地」の星島一郎が担当した。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 池部良 藤純子 島田正吾
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡野耕作