TOP > 映画監督・俳優を探す > 久保一

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1973年 まで合計109映画作品)

1973年

ネオンくらげ 新宿花電車

  • 1973年12月18日(火)
  • 出演(池永 役)

“ネオンくらげ”シリーズ二作目。ネオン華やかな盛り場の片隅で、何度も挫折しながらも逞しく生きるバイタリティー溢れる少女を描く。脚本は、「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」の金子武郎、監督は脚本も執筆している「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の山口和彦、撮影は「ネオンくらげ」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
山内えみ子 沢田情児 地井武男 葵三津子

番格ロック

  • 1973年9月25日(火)
  • 出演(田口吉次 役)

番格とは、番長と同格の組織の用心棒のことで、番長が統率者として行動を控えるのに対して、先兵となって行動を起こす腕と度胸の一匹狼でもある。映画は、この番格の生態をドキュメンタリー・タッチで描く。脚本は「非情学園ワル 教師狩り」の山本英明と「エロスは甘き香り」の大和屋竺、監督「ネオンくらげ」の内藤誠、撮影は「セックスドキュメント モーテルの女王」の稲田喜一がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
山内えみ子 誠直也 鹿内孝 ボルネオ・マヤ

ボディガード牙

  • 1973年5月24日(木)
  • 出演(鮎田 役)

全身に凶器をつけたような“神の手・牙”が、世界中の暴力組織が暗躍する東京で、マフィア相手に大暴れするアクション映画。原作は梶原一騎・作、中城健・画の同名劇画、脚本は「狼やくざ 葬いは俺が出す」の中西隆三、監督は「セックスドキュメント トルコの女王」の鷹森立一、撮影も同作の中島芳男がそれぞれ担当、

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 渥美マリ 内田良平 伊達三郎
1972年

昭和残侠伝 破れ傘

  • 1972年12月30日(土)
  • 出演(三好義助 役)

“昭和残侠伝シリーズ”第九作。任侠一筋に生き抜かんが為に義理に縛られ、無益な争いに捲きこまれる男たち、そして情に涙する女たちのそれぞれの生き様を描く。脚本は「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」の村尾昭、監督は「昭和極道史」の佐伯清、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 安藤昇 北島三郎 星由里子

麻薬売春Gメン 恐怖の肉地獄

  • 1972年12月16日(土)
  • 出演(神山英明 役)

“麻薬売春Gメン”シリーズ第二作。沖縄の美しい景色を背景に、そこに巣食う麻薬組織に敢然と挑戦する麻薬Gメンたちを描く。脚本は「麻薬売春Gメン」の金子武郎、監督は脚本も執筆している同作の高桑信、撮影も同作の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
高桑信
出演キャスト
千葉真一 渡瀬恒彦 葵三津子 真木沙織

昭和極道史

  • 1972年10月12日(木)
  • 出演(鈴木 役)

目的を達成するためには渡世の筋を無視してしまう現代やくざの中にあって、一人義理のためにじっと堪える義侠心の強い筋金入りの男の魅力を描く。脚本は「不良番長 一網打尽」の松本功と山本英明、監督は「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」の佐伯清、撮影は「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ伝義」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 渡瀬恒彦 待田京介 加賀まりこ

やくざと抗争

  • 1972年9月29日(金)
  • 出演(金井 役)

昭和七年頃、新宿の盛り場を舞台に雑草の様に生き、“爆弾マッチ”と呼ばれた実在の愚連隊の半生を中心に当時のやくざ、愚連隊の実態を実録的に描く。原作は主演の安藤昇自身が『アサヒ芸能』に連載中の小説『極道一代・やくざと抗争』の映画化。脚本は「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」の石松愛弘、監督は脚本も執筆している「ギャング対ギャング 赤と黒のブルース」の佐藤純彌、撮影は「不良番長 のら犬機動隊」の稲田喜一がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
安藤昇 堀田真三 渡瀬恒彦 藤竜也

狼やくざ 葬いは俺が出す

  • 1972年11月17日(金)
  • 出演(南 役)

“狼やくざ”シリーズ第二作目。麻薬取引きで甘い汁を吸っている強大な暴力団に、ひと癖もふた癖もある七人の命知らずの男たちが挑む。脚本は中西隆三、監督は「緋牡丹博徒 仁義通します」の斎藤武市、撮影は「不良番長 手八丁口八丁」の山沢義一がそれぞれ担当

監督
斎藤武市
出演キャスト
千葉真一 渡瀬恒彦 藤竜也 堀田真三

ギャング対ギャング 赤と黒のブルース

  • 1972年4月14日(金)
  • 出演(巡査 役)

実録的任侠アクションをドラマチックに描いた作品。脚本、監督は共に「博徒斬り込み隊」の佐藤純彌。撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
鶴田浩二 藤浩子 安藤昇 渡辺文雄

銀蝶渡り鳥

  • 1972年4月1日(土)
  • 出演(すし政 役)

梶芽衣子の東映出演第一回作品。脚本は「不良番長 突撃一番」の松本功と「悪の親衛隊」の山口和彦。監督は山口和彦。撮影は「喜劇 セックス攻防戦」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
梶芽衣子 渡瀬恒彦 小山明子 石井トミコ

久保一の関連人物

沢彰謙  山本麟一  滝島孝二  関山耕司  相馬剛三 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 久保一

ムービーウォーカー 上へ戻る