映画-Movie Walker > 人物を探す > 星島一郎

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1973年 まで合計107映画作品)

1973年

温泉おさな芸者

  • 1973年7月4日(水)公開
  • 撮影

三人の女子高校生が、旅行の費用を作るためアルバイト芸者に扮し伊豆の温泉街を舞台に大活躍するポルノ喜劇。脚本は今子正義、監督は脚本も執筆している「ボディガード牙」の鷹森立一、撮影は「麻薬売春Gメン 恐怖の肉地獄」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
鷹森立一
出演キャスト
田辺節子 沢リミ子 深田ミミ 南廣
1972年

麻薬売春Gメン 恐怖の肉地獄

  • 1972年12月16日(土)公開
  • 撮影

“麻薬売春Gメン”シリーズ第二作。沖縄の美しい景色を背景に、そこに巣食う麻薬組織に敢然と挑戦する麻薬Gメンたちを描く。脚本は「麻薬売春Gメン」の金子武郎、監督は脚本も執筆している同作の高桑信、撮影も同作の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
高桑信
出演キャスト
千葉真一 渡瀬恒彦 葵三津子 真木沙織

麻薬売春Gメン

  • 1972年9月6日(水)公開
  • 撮影

横浜を舞台にマリファナ密売組織に潜入した麻薬捜査官が、同僚のGメンの復讐、ルートの潰滅を計るため命を賭けて組織に挑戦する。脚本は「セックスドキュメント 性倒錯の世界」の金子武郎、監督は脚本も執筆している「喜劇 セックス攻防戦」の高桑信、撮影は「夜のならず者」の星島一郎

監督
高桑信
出演キャスト
千葉真一 武原英子 宮内洋 佐野浅夫

夜のならず者

  • 1972年3月4日(土)公開
  • 撮影

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 山本麟一 光川環世 南風夕子
1971年

昭和残侠伝 吼えろ唐獅子

  • 1971年10月27日(水)公開
  • 撮影

「昭和残侠伝」シリーズ八作目。脚本は「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の村尾昭。監督は「現代やくざ 盃返します」の佐伯清。撮影も「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 池部良 松原智恵子 松方弘樹

新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬

  • 1971年8月13日(金)公開
  • 撮影

サラブレッドを生産する緑の牧場を舞台にする“新番外地シリーズ”第六作目。脚本は「傷だらけの人生」の村尾昭。監督は同シリーズ前作「新網走番外地 吹雪のはぐれ狼」の降旗康男。撮影は「夜の手配師 すけ千人斬り」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
高倉健 三橋達也 藤田進 野添ひとみ

夜の手配師 すけ千人斬り

  • 1971年6月25日(金)公開
  • 撮影

華やかな赤坂の夜を舞台に、ネオン街に棲息するヒモとコールガールの生態を描く。脚本は「未亡人殺しの帝王」の小野竜之助。監督も同作の内藤誠。撮影は「現代やくざ 盃返します」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 川口浩 榊ひろみ 賀川雪絵

現代やくざ 盃返します

  • 1971年4月3日(土)公開
  • 撮影

任侠道と組長の命令に板ばさみになった若者を描く。原作は『特集漫画トピックス』に連載された村上和彦の「昭和極道史 逆縁の盃」。脚本は「昭和残侠伝 死んで貰います」の大和久守正、監督は「博徒仁義 盃」の佐伯清。撮影は「新宿の与太者」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
菅原文太 松方弘樹 野川由美子 工藤明子
1970年

新宿の与太者

  • 1970年12月18日(金)公開
  • 撮影

組織からはじき出された一匹狼の与太者が、野獣のようなむきだしの荒々しさで組織に挑みかかる現代任侠映画。脚本は「新網走番外地 大森林の決闘」の村尾昭。監督は「日本暴力団 組長くずれ」の高桑信。撮影は「女たらしの帝王」の星島一郎。

監督
高桑信
出演キャスト
菅原文太 佐藤允 ルーキー新一 菊地健一

女たらしの帝王

  • 1970年9月9日(水)公開
  • 撮影

脚本は「前科者 縄張荒し」の小野竜之肋。監督は「朱鞘仁義 鉄火みだれ桜」の斉藤武市。撮影は「新兄弟仁義」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 花園ひろみ 富士真奈美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 星島一郎