TOP > 人物を探す > 黒木現

年代別 映画作品( 1967年 ~ 1971年 まで合計29映画作品)

1971年

狐のくれた赤ん坊(1971)

  • 1971年5月26日(水)
  • 出演(侍 役)

昭和二〇年に、丸根賛太郎監督、故阪東妻三郎主演で製作され、その再映画化。監督は「新女賭博師 壷ぐれ肌」の三隅研次。撮影は「新座頭市・破れ!唐人剣」の牧浦地志がそれぞれ担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 大谷直子 中谷一郎 岸田森

秘録長崎おんな牢

  • 1971年5月26日(水)
  • 出演(責め役 役)

「おんな牢秘図」に続くシリーズ二作目。脚本は「新女賭博師 壷ぐれ肌」の高岩肇。監督はこれが昇進第一回作品の太田昭和。撮影は「皆殺しのスキャット」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
太田昭和
出演キャスト
川崎あかね 夏山知子 山口火奈子 原良子

新女賭博師 壷ぐれ肌

  • 1971年2月17日(水)
  • 出演(常 役)

昭和41年1月「女の賭場」に始まった「女賭博師」シリーズ17作目。脚本は「皆殺しのスキャット」の高岩肇。監督は「座頭市あばれ火祭り」の三隅研次。撮影は「おんな極悪帖」の梶谷俊男がそれぞれ担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
江波杏子 大楠道代 本郷功次郎 川崎あかね
1970年

皆殺しのスキャット

  • 1970年12月5日(土)
  • 出演(清三 役)

脚本は「おさな妻(1970)」のコンビ安本莞二と白坂依志夫。監督は「あぶく銭」の森一生、撮影は「透明剣士」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
森一生
出演キャスト
松方弘樹 南美川洋子 峰岸徹 笠原玲子

ボクは五才

  • 1970年9月23日(水)
  • 出演(公安員 役)

日本版“母をたずねて三千里”。脚本、監督は「ガメラ対大魔獣ジャイガー」の高橋二三、湯浅憲明。撮影は「十代の妊娠」の森田富士郎が担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
岡本健 宇津井健 左卜全 北林谷栄

兇状流れドス

  • 1970年4月4日(土)
  • 出演(辰三 役)

脚本は「荒い海」の直居欽哉、監督は「尻啖え孫市」の三隅研次で、初めてのヤクザ映画に挑んでいる。撮影は「眠狂四郎卍斬り」の武田千吉郎が担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
松方弘樹 川津祐介 真木沙織 戸浦六宏

透明剣士

  • 1970年3月21日(土)
  • 出演(古井門次 役)

「座頭市と用心棒」の吉田哲郎が脚本を書き、「東海道お化け道中」の黒田義之が監督した特撮時代劇。撮影は「秘録怪猫伝」の今井ひろしが担当。

監督
黒田義之
出演キャスト
酒井修 熱田洋子 六代目桂文枝 岡八郎

忍びの衆

  • 1970年2月7日(土)
  • 出演(注進 役)

司馬遼太郎の原作「伊賀の四鬼」をテレビドラマ「悪一代」を書いた山田隆之が脚色し、「眠狂四郎円月殺法」の森一生が監督した“忍びの者”シリーズ第九作。撮影は「二代目若親分」の森田富士郎。

監督
森一生
出演キャスト
松方弘樹 峰岸徹 本郷功次郎 大楠道代

座頭市と用心棒

  • 1970年1月15日(木)
  • 出演(小仏一家のA 役)

子母沢寛の原作を「肉弾」の岡本喜八と、「二代目若親分」の吉田哲郎が共同執筆した脚本を、岡本が監督したシリーズ第二十作。撮影は「尻啖え孫市」の宮川一夫が担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
勝新太郎 三船敏郎 米倉斉加年 岸田森
1969年

眠狂四郎円月殺法

  • 1969年10月4日(土)
  • 出演(兵六 役)

「賞金稼ぎ」の高田宏治と高橋稔が脚本を共同執筆し、「四谷怪談 お岩の亡霊」の森一生が監督したシリーズ第十三作。撮影は同作でコンビを組んだ武田千吉郎。

監督
森一生
出演キャスト
松方弘樹 佐藤友美 梓英子 中原早苗

黒木現の関連人物

伊達三郎  堀北幸夫  五味龍太郎  伴勇太郎  木村元 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 黒木現

ムービーウォーカー 上へ戻る