映画-Movie Walker > 人物を探す > 古谷賢次

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1971年 まで合計75映画作品)

1971年

若き日の講道館

  • 1971年10月2日(土)公開
  • 照明

古い柔術の世界から、近代的な柔道の講道館へ入学した青年柔道家の物語。脚本は松浦健郎と八尋大和。監督は「皆殺しのスキャット」の森一生。撮影は「秘録長崎おんな牢」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
森一生
出演キャスト
岩下亮 熱田洋子 川崎あかね 宮城丈二

新女賭博師 壷ぐれ肌

  • 1971年2月17日(水)公開
  • 照明

昭和41年1月「女の賭場」に始まった「女賭博師」シリーズ17作目。脚本は「皆殺しのスキャット」の高岩肇。監督は「座頭市あばれ火祭り」の三隅研次。撮影は「おんな極悪帖」の梶谷俊男がそれぞれ担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
江波杏子 安田道代 本郷功次郎 川崎あかね
1970年

皆殺しのスキャット

  • 1970年12月5日(土)公開
  • 照明

脚本は「おさな妻(1970)」のコンビ安本莞二と白坂依志夫。監督は「あぶく銭」の森一生、撮影は「透明剣士」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
森一生
出演キャスト
松方弘樹 南美川洋子 峰岸隆之介 笠原玲子

ママいつまでも生きてね

  • 1970年9月23日(水)公開
  • 照明

杉本要吉原作のノン・フィクションをもとに「太陽は見た」の石松愛弘が脚本に当り、監督は「おんな極悪帖」の池広一夫、撮影は「兇状流れドス」の武田千吉郎がそれぞれ担当。

監督
池広一夫
出演キャスト
中村光輝 小山田宗徳 月丘千秋 熱田洋子

おんな極悪帖

  • 1970年4月4日(土)公開
  • 照明

谷崎潤一郎の原作『恐怖時代』をもとに、「侠花列伝 襲名賭博」の星川清司が脚本を書き、「眠狂四郎卍斬り」の池広一夫が、監督した異色時代劇。撮影は梶谷俊男が担当。

監督
池広一夫
出演キャスト
安田道代 田村正和 小山明子 佐藤慶
1969年

眠狂四郎卍斬り

  • 1969年12月20日(土)公開
  • 照明

「牡丹燈籠」の依田義賢が脚本を執筆し、「刑務所破り」の池広一夫が監督したシリーズ第十四作。撮影は「眠狂四郎円月殺法」の武田千吉郎が担当。

監督
池広一夫
出演キャスト
松方弘樹 南美川洋子 松岡きっこ 田村正和

刑務所破り

  • 1969年8月30日(土)公開
  • 照明

藤本義一の原作『地下水脈』(週刊実話連載)を「女賭博師十番勝負」の高岩肇が脚色し、「秘剣破り」の池広一夫が監督した任侠アクション。撮影は「女左膳 濡れ燕片手斬り」の今井ひろし。

監督
池広一夫
出演キャスト
松方弘樹 藤村志保 田村高廣 久保菜穂子

女左膳 濡れ燕片手斬り

  • 1969年6月14日(土)公開
  • 照明

「怪談雪女郎」の八尋不二がシナリオを執筆し、「東海道お化け道中」の安田公義が監督した。撮影は同作品でコンビを組んだ今井ひろしが担当。

監督
安田公義
出演キャスト
安田道代 本郷功次郎 長門勇 小池朝雄

手錠無用

  • 1969年4月5日(土)公開
  • 照明

樫原一郎の原作「闇を裂く男」(週刊言論連載)を「謝国権「愛」より (秘)性と生活」の池田一朗が脚色し、「秘録おんな寺」の田中徳三が監督したアクションもの。撮影はコンビの牧浦地志。

監督
田中徳三
出演キャスト
勝新太郎 藤田まこと 藤村志保 佐藤友美

博徒一代 血祭り不動

  • 1969年2月22日(土)公開
  • 照明

「妖艶毒婦伝 般若のお百」の高田宏治がシナリオを執筆し、「続・秘録おんな牢」の安田公義が監督した任侠もの。撮影は「妖怪大戦争」の今井ひろし。

監督
安田公義
出演キャスト
市川雷蔵 近衛十四郎 亀井光代 長谷川待子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 古谷賢次