映画-Movie Walker > 人物を探す > 松浦健郎

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1973年 まで合計175映画作品)

1973年

毘沙門天慕情

  • 1973年5月19日(土)公開
  • 脚本

砂塚秀夫が自ら、企画・製作し、花柳界にあって今もなお、その伝統を現代に伝えて粋な笑いふりまく“たいこもち”の泣き笑いを描く。脚本は「着流し百人」の松浦健郎、監督は「男の挑戦(1968)」の土居通芳、撮影は永井仙吉がそれぞれ担当。

監督
土居通芳
出演キャスト
砂塚秀夫 西村晃 北条希功子 石山健二郎
1972年

着流し百人

  • 1972年10月12日(木)公開
  • 脚本

新シリーズ“着流しヤクザ”第一作目。北陸金沢を舞台に個性豊かな博徒群像を軽快なタッチで捉える。脚本は松浦健郎、監督は「極道罷り通る」の小沢茂弘、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
鶴田浩二 森秋子 水島道太郎 川地民夫

鏡の中の野心

  • 1972年7月1日(土)公開
  • 脚本

監督
小林悟
出演キャスト
荒木一郎 堤杏子 白石奈緒美 野村明治
1971年

若き日の講道館

  • 1971年10月2日(土)公開
  • 原作、脚本

古い柔術の世界から、近代的な柔道の講道館へ入学した青年柔道家の物語。脚本は松浦健郎と八尋大和。監督は「皆殺しのスキャット」の森一生。撮影は「秘録長崎おんな牢」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
森一生
出演キャスト
岩下亮 熱田洋子 川崎あかね 宮城丈二
1969年

新選組(1969)

  • 1969年12月5日(金)公開
  • 脚本

「女賭博師」の松浦健郎の脚本を、「ボルネオ大将 赤道に賭ける」の沢島忠が監督し、三船プロが「赤毛」に続いて発表した時代劇。撮影は「地獄変」の山田一夫が担当。

監督
沢島忠
出演キャスト
三船敏郎 小林桂樹 北大路欣也 三國連太郎
1967年

女賭博師

  • 1967年7月15日(土)公開
  • 原作、脚色

「佐々木小次郎(1967)」の松浦健郎の原作を彼自身が脚色し、「今夜は踊ろう」の弓削太郎が監督した賭場もの。撮影は「妻二人」の宗川信夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
江波杏子 加藤嘉 川口小枝 山田吾一

佐々木小次郎(1967)

  • 1967年4月1日(土)公開
  • 脚色

村上元三の原作を、「私は負けない」の白坂依志夫、「日本仁侠伝 血祭り喧嘩状」の松浦健郎と「暴れ豪右衛門」の稲垣浩が共同で脚色し、稲垣浩が監督した時代劇。撮影は「国際秘密警察 絶体絶命」の斎藤孝雄。東宝創立35周年記念映画。

監督
稲垣浩
出演キャスト
尾上菊之助 星由里子 土屋嘉男 中丸忠雄

残侠あばれ肌

  • 1967年1月14日(土)公開
  • 原作

松浦健郎の原作を、「男度胸で勝負する」のコンビ山本英明と松本功が共同で脚色し、「侠客三国志 佐渡ケ島の決斗」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影は「湖の琴」の飯村雅彦。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 池部良 砂塚秀夫 桑野みゆき
1966年

赤い鷹

  • 1966年12月31日(土)公開
  • 脚本

「我が青春」の松浦健郎と「黒い誘惑」の井上梅次が共同でシナリオを執筆、井上梅次が監督した青春もの。撮影は「続青雲やくざ 怒りの男」の小杉正雄。

監督
井上梅次
出演キャスト
橋幸夫 倍賞千恵子 待田京介 菅原謙二

日本仁侠伝 血祭り喧嘩状

  • 1966年4月10日(日)公開
  • 原作、脚色

松浦健郎の原作を、「赤い谷間の決闘」の舛田利雄と松浦健郎自身が共同で脚色、舛田利雄が監督した“日本仁侠伝”シリーズ第一作。撮影は「大空に乾杯」の萩原憲治。

監督
舛田利雄
出演キャスト
高橋英樹 宍戸錠 藤竜也 芦川いづみ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松浦健郎