映画-Movie Walker > 人物を探す > 北村晃一

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2007年 まで合計6映画作品)

2007年

大日本人

  • 2007年6月2日(土)公開
  • 出演(司令官1 役)

ダウンタウンの松本人志が、企画・脚本・主演を兼ねて映画監督デビュー。竹内力やUA、板尾創路といった個性的なキャストを迎え、企画から完成まで5年の歳月をかけた注目作。

監督
松本人志
出演キャスト
松本人志 竹内力 UA 神木隆之介
1999年

白痴(1999)

  • 1999年11月13日(土)公開
  • 出演(軍の将校 役)

長引く戦争で荒廃した日本を舞台に、青年と知的障害者の人妻のピュアな愛と魂の再生を描いた文芸ロマン。監督は「NUMANiTE」の手塚眞。坂口安吾による同名小説を基に、監督が脚色。撮影を「犬、走る DOG RACE」の藤澤順一が担当している。主演は「御法度」の浅野忠信。

監督
手塚眞
出演キャスト
浅野忠信 甲田益也子 橋本麗香 草刈正雄
1993年

ソナチネ(1993)

沖縄の抗争に助っ人として送られたヤクザが抗争に巻き込まれていく姿を描くドラマ。「あの夏、いちばん静かな海。」に続く北野武の監督第四作で、ほかに脚本・編集・主演も兼ね、“死”をテーマに独特のユーモアと淡々としたリズムで描いていく。撮影は「空がこんなに青いわけがない」の柳島克己。音楽は「はるか、ノスタルジィ」の久石譲が担当。九三年カンヌ映画祭“ある視点”部門出品作。キネマ旬報ベストテン第四位。

監督
北野武
出演キャスト
ビートたけし 渡辺哲 勝村政信 寺島進
1980年

二百三高地

  • 1980年8月2日(土)公開
  • 出演(寺島大尉 役)

今世紀初頭、近代化したとは言え、列強諸国に比べ遅れをとる日本が、超大国ロシアに何故戦争を挑んだのか。そして、その戦争を背景に、政府、軍、民間といった様々な階級の人々がいかに生きたかを描く。脚本は「仁義なき戦い」シリーズの笠原和夫、監督は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士」の舛田利雄、撮影は「トラック野郎 突撃一番星」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
仲代達矢 あおい輝彦 新沼謙治 湯原昌幸
1971年

関東テキヤ一家 喧嘩火祭り

  • 1971年2月13日(土)公開
  • 出演(猪子健一 役)

岐阜の裸祭りと秩父の夜祭りを背景に描く「関東テキヤ一家」シリーズ第四作。脚本は「札つき博徒」の志村正浩。監督は脚本にも参加しているシリーズ第三作「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」の鈴木則文。撮影は「(秘)女子大寮」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
菅原文太 南利明 野川由美子 北村晃一
1970年

新網走番外地 大森林の決斗

  • 1970年8月14日公開
  • 出演(庄司富士夫 役)

“新番外地シリーズ”第四作。脚本は「博徒一家」の村尾昭。監督は「捨て身のならず者」の降旗康男。撮影は「昭和残侠伝 人斬り唐獅子」の林七郎が担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
高倉健 宍戸錠 北村晃一 星由里子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 北村晃一