映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ピーターズ

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2018年 まで合計30映画作品)

2018年

アリー/ スター誕生

人気歌手レディー・ガガの映画初主演作となる音楽ドラマ。歌手を夢見るヒロインが、国民的人気を誇るミュージシャンと出会い、その才能を認められ、華やかなショービジネスの世界に足を踏み入れていく。ブラッドリー・クーパーがヒロインの運命を変えるミュージシャン役で歌声を披露するだけでなく、映画監督に初挑戦した意欲作だ。

監督
ブラッドリー・クーパー
出演キャスト
レディー・ガガ ブラッドリー・クーパー アンドリュー・ダイス・クレイ デイヴ・シャペル
2013年

マン・オブ・スティール

  • 2013年8月30日(金)公開
  • 製作総指揮

これまでに何度も映像化されてきた、DCコミックの人気ヒーロー、スーパーマンの新たな物語を『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督が創造。故郷クリプトン星を後にし、地球で育ったスーパーマンが強大な敵に立ち向かう姿が描かれる。新鋭ヘンリー・カヴィルが英国人として初めてスーパーマンを演じる。

監督
ザック・スナイダー
出演キャスト
ヘンリー・カビル エイミー・アダムス マイケル・シャノン ケビン・コスナー
2006年

スーパーマン リターンズ

  • 2006年8月19日(土)公開
  • 製作

世界中に知られるヒーロー映画「スーパーマン」の劇場版最新作。最愛の女性の結婚と出産に直面するヒーローの苦悩を、「X-メン」のブライアン・シンガー監督が描いている。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
ブランドン・ラウス ケイト・ボスワース ジェームズ・マースデン フランク・ランジェラ
2002年

アリ

  • 2002年5月25日(土)公開
  • 製作

ヘビー級王座に君臨した伝説のボクサー、モハメド・アリの実像に迫る人間ドラマ。リングの敵のみならず、社会とも格闘しつづけた男のタフな“生”をリアルに描き出す。

監督
マイケル・マン
出演キャスト
ウィル・スミス ジェイミー・フォックス ジョン・ヴォイト マリオ・ヴァン・ピーブルズ
1999年

ワイルド・ワイルド・ウエスト

  • 1999年12月4日(土)公開
  • 製作

破天荒な連邦特別捜査官コンビの活躍を描く娯楽アクション大作。往年の同名TVシリーズ(65~69)の映画化で、監督は「メン・イン・ブラック」のバリー・ソネンフェルド、主演には同作のウィル・スミスが登板。脚本は『トレマーズ2』(V)のS・S・ウィルソンとブレント・マドック、ジェフリー・プライス、ピーター・S・シーマン。原案はジム・トーマスとジョン・トーマス。撮影は「エアフォース・ワン」のミハエル・バルハウス。音楽は「ディープエンド・オブ・オーシャン」のエルマー・バーンスタイン。SFXはILMがつとめ、視覚効果監修をエリック・ブレヴィグが担当。共演は「アイス・ストーム」のケヴィン・クライン、「セレブリティ」のケネス・ブラナー、「パラサイト」のサルマ・ハエック、「北京のふたり」のバイ・リン、「マッド・シティ」のテッド・レヴィン、「評決のとき」のM・エメット・ウォルシュ。

監督
バリー・ソネンフェルド
出演キャスト
ウィル・スミス ケヴィン・クライン ケネス・ブラナー サルマ・ハエック
1996年

マネートレイン

  • 1996年4月20日(土)公開
  • 製作

2人の鉄道公安官が様々な事情やはずみから、N.Y.地下鉄の売上金を運ぶ列車=マネートレインを強奪するに到るまでを描いたサスペンス・アクション。監督は「愛がこわれるとき」「危険な遊び」とサスペンスものを得意とするジョゼフ・ルーベン。脚本は「ダイ・ハード2」のダグ・リチャードソンと「パッセンジャー57」のデイヴィッド・ローリーのオリジナル。製作は「レインマン」「バットマン(1989)」など数々のヒット作を放ったジョン・ピータースと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや「ジェロニモ」のニール・カントン。エグゼクティヴ・プロデューサーは、フレデリック・ピアース、トレイシー・バロン、アダム・フィールズ。撮影は「スニーカーズ」のジョン・リンドレイ。音楽は「スピード」「バッドボーイズ(1995)」のマーク・マンシーナ、美術はビル・グルーム、編集はジョージ・ボワーズとビル・パンコウ。主演は「シュガー・ヒル」のウェズリー・スナイプスと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウディ・ハレルソン。「ハード・プレイ」に続く共演作となる2人の、息の合った掛け合いも見どころ。共演は「ミ・ファミリア」の新星ジェニファー・ロペス、「冷血」のベテラン、ロバート・ブレークほか。

監督
ジョセフ・ルーベン
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス ウディ・ハレルソン ジェニファー・ロペス ロバート・ブレーク
1994年

きっと忘れない

  • 1994年10月15日(土)公開
  • 製作総指揮

名門大学のエリート大学生たちとユニークなホームレスの触れ合いを、涙と感動豊かに描いた青春映画。監督は「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」に続いて2作目の劇場用映画となるアレック・ケシシアン。脚本はウィリアム・マストロシモーネ、製作はポーラ・ワインスタインとエイミー・ロビンソン。エクゼクティヴ・プロデューサーは「レインマン」「バットマン(1989)」のコンビ、ジョン・ピータースとピーター・グーバー。撮影は一連のイングマール・ベルイマン作品や「めぐり逢えたら」などのベテラン、スヴェン・ニクヴィスト。音楽はパトリック・レナードで、大ヒットした主題歌は、マドンナの『アイル・リメンバー』。主演は「ホーム・アローン」2部作や「ブロンクス物語 愛に包まれた街」のジョー・ペシ。共演は「青春の輝き」「原始のマン」のブレンダン・フレイザー、「チャーリー」のモイラ・ケリー、「モブスターズ 青春の群像」のパトリック・デンプシー、作家のゴア・ヴィダルほか。

監督
アレック・ケシシアン
出演キャスト
ジョー・ペシ ブレンダン・フレイザー モイラ・ケリー パトリック・デンプシー
1993年

ボーイズ・ライフ

  • 1993年11月6日(土)公開
  • 製作総指揮

トバイアス・ウルフの自伝的小説をもとに、楽天的な母親と暴力的な継父の下で思春期を過ごした少年の葛藤と成長を、ノスタルジックにつづった一編。監督は「ドク・ハリウッド」のマイケル・ケイトン・ジョーンズ、製作は「アサシン」のアート・リンソン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「バットマン リターンズ」のピーター・グーバーとジョン・ピータースのコンビ。脚本は「ステラ」のロバート・ゲッチェル、撮影は「愛と哀しみの果て」のデイヴィッド・ワトキン、音楽はカーター・バーウェルが担当。主演は「クリッター3」(V)のレオナルド・ディカプリオ、共演は「恋におちたら」のロバート・デ・ニーロ、「スウィッチ 素敵な彼女?」のエンレ・バーキンなど。

監督
マイケル・ケイトン・ジョーンズ
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ ロバート・デ・ニーロ エレン・バーキン
1992年

バットマン リターンズ

  • 1992年7月11日(土)公開
  • 製作総指揮

DCコミックスのヒーロー、バットマンの映画化第2弾。ボブ・ケーンの創作したキャラクターを基に、ゴッサム・シティの闇を駆けるバットマンの活躍が描かれる。監督は前作にひきつづき「シザーハンズ」のティム・バートン。製作も「シザーハンズ」のデニーズ・ディ・ノヴィとティム・バートン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ピータース、ピーター・グーバー、ベンジャミン・メルニカー、マイケル・ウスランの4人で、すべて前作にも参加している。原案は前作も担当したサム・ハムと「ヘザース ベロニカの熱い日」のダニエル・ウォーターズで、ウォーターズが脚本化、撮影は「シザーハンズ」のステファン・チャプスキー、音楽は「ダークマン」のダニー・エルフマンが担当。

監督
ティム・バートン
出演キャスト
マイケル・キートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン
1991年

虚栄のかがり火

  • 1991年6月28日(金)公開
  • 製作総指揮

ウォール街の頂点を極めた若き債券トレーダーがささいな事件から転落の道を辿る。エグゼクティブ・プロデューサーはピーター・グーバーとジョン・ピータース、製作・監督は「カジュアリティーズ」のブライアン・デ・パルマ、トム・ウルフの原作をマイケル・クリストファーが脚本化、撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽をデイブ・グルーシンが担当。出演はトム・ハンクス、ブルース・ウィリス、メラニー・グリフィスほか。

監督
ブライアン・デ・パルマ
出演キャスト
トム・ハンクス ブルース・ウィリス メラニー・グリフィス キム・キャトラル
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ピーターズ