映画-Movie Walker > 人物を探す > 河内日出夫

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2009年 まで合計8映画作品)

2009年

「ルパン三世」1st.TVシリーズ 14話 エメラルドの秘密

  • 2009年3月14日(土)公開
  • 原画

1971年から72年にかけて放映されたアニメ『ルパン三世』1st TVシリーズ全23話の中から、「火垂るの墓」の高畑勲と「崖の上のポニョ」の宮崎駿が演出した3話をセレクト。声の出演は「ルパン三世 カリオストロの城」の山田康雄、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ夕陽のカスカベボーイズ」の小林清志、「母をたずねて三千里」の二階堂有希子など。

出演キャスト
山田康雄 小林清志 二階堂有希子 納谷悟朗
1997年

どんぐりの家

  • 1997年公開
  • アニメキャラクター・デザイン

聴覚障害に加え、知的障害や精神障害を併せ持つという重いハンデを背負った子供たちと、その両親や家族、それを支える人々のひたむきな姿を描いたヒューマン・ドラマ・アニメーション。『週刊ビッグコミック』に連載されて大反響を呼んだ同名漫画を、原作者の山本おさむ自身が脚本化、さらに自ら総監督もつとめた。監督は「暗黒神話」の安濃高志。声の出演に岡江久美子、原田大二郎、田辺誠一、秋本奈緒美ほか。映画の最後には、実際のろう重複障害者の施設の様子と生活風景が実写によるドキュメントのかたちで紹介されている。97年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン第5位。

監督
安濃高志
出演キャスト
岡江久美子 原田大二郎 田辺誠一 秋本奈緒美
1992年

ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌

  • 1992年12月19日(土)公開
  • アニメキャラクター・デザイン

さくらももこ原作の同名の人気漫画の2度目の映画化。絵かきを目指すお姉さんと出会ったまる子が人生の機微に触れて行く様を、多様な音楽とキッチュな幾何学模様にのせて描く。監督は1作目も担当した須田裕美子と芝山努、脚本はさくらももこ、撮影は伊藤修一が担当。

監督
須田裕美子 芝山努
出演キャスト
TARAKO 水谷優子 鈴木みえ 屋良有作
1990年

暗黒神話 餓鬼の章/天の章

  • 1990年1月13日(土)公開
  • 作画監督

ひとりの少年の父殺しをめぐる謎を時空を超えた壮大なスケールで描くアニメ。諸星大二郎原作の同名漫画の映画化で、脚本・監督は「妖魔 上の巻・緋影魔境編 下の巻・魔狼兇牙編」の安濃高志、作画監督は「かんからさんしん」の柳田義明と「火垂るの墓」の河内日出夫がそれぞれ担当。

監督
安濃高志
出演キャスト
佐々木望 速水奨 田付貴彦 鶴ひろみ
1989年

かんからさんしん

  • 1989年8月4日(金)公開
  • 作画監督

戦後44年、戦争を知らない世代が国民の6割に達し戦争体験は風化している。そんな風潮に対して沖縄県民の「二度とあの悲劇をくり返してはならない」という切なる願いを込められて作られた。かんからさんしんとは空き缶と棒と落下傘で作った三味線のことで、基地と戦跡の谷間にある沖縄からのメッセージがこめられている。

監督
小林治

おねがい! サミアどん

  • 1989年3月11日(土)公開
  • 作画監督

監督
小林治
1982年

対馬丸 さようなら沖縄

  • 1982年10月24日(日)公開
  • 作画監督

実話を忠実にアニメ化したもので、ラストにクレジットされる役者名簿に象徴される痛ましい悲劇は、我われにうったえかけるものがある。製作は「象のいない動物園」等のグループ・タックが母体となり、監督を小林治、脚本を大久保昌一郎と千野皓司が担当。KEIの歌う主題歌も印象的な反戦アニメ。

監督
小林治
1980年

がんばれ!!タブチくん!! 激闘ペナントレース

  • 1980年5月3日(土)公開
  • 演出

昨年、公開と同時に大ヒットを記録、すっかりお馴染となったタブチくんシリーズの第二作目。『週刊漫画アクション』に連載中のいしいひさいちの原作の映画化で、脚本は「がんばれ!!タブチくん!!」の辻真先、金子裕、金春智子、川島三郎、水谷龍二、高橋英樹、高屋敷英夫の共同執筆、監督も同作の芝山努がそれぞれ担当。前作同様、人気者タブチくん、ヤスダ選手、ヒロオカさんをはじめ今年プロ入りしたドカベンくんなどのニューキャラクターを混えて、一話完結の九話で構成されている。

監督
芝山努
出演キャスト
西田敏行 二木てるみ 青野武 肝付兼太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 河内日出夫