映画-Movie Walker > 人物を探す > 高橋二三

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1980年 まで合計84映画作品)

1980年

宇宙怪獣ガメラ

  • 1980年3月20日(木)公開
  • 脚本

全宇宙支配をもくろむ邪悪星人が送りこむ怪獣を撃退して地球を守るガメラと三人のスーパーウーマンの活躍を描く。脚本は全七作の「ガメラ」シリーズを執筆した高橋二三、監督も同シリーズの湯浅憲明、撮影も同シリーズの喜多崎晃が担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
マッハ文朱 小島八重子 小松蓉子 工藤啓子
1971年

悪名尼

  • 1971年11月20日(土)公開
  • 脚本

権力に歯向う一匹狼の不良少女の物語。脚本は「成熟」の高橋二三。監督は「タリラリラン高校生」の田中重雄。撮影は「裸でだっこ」の横手丘二がそれぞれ担当。

監督
田中重雄
出演キャスト
八並映子 小峯美栄子 文野朋子 園かおる

成熟

山形県に伝わる鶴岡の天神祭り、出羽神社の八朔祭りなどを背景に、明るく健康的な青春を描く。脚本、監督は「ガメラ対深海怪獣ジグラ」の高橋二三と湯浅憲明。撮影は喜多崎明がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
関根恵子 篠田三郎 菅野直行 八並映子

穴場あらし

  • 1971年10月16日(土)公開
  • 脚本

札びらを切って豪遊する土地成金の跡取り息子と三人娘の行動をコミカルに描く。脚本は「ガメラ対深海怪獣ジグラ」の高橋二三。監督は「秘録長崎おんな牢」の太田昭和。撮影は「新女賭博師 壷ぐれ肌」の梶谷俊男がそれぞれ担当。

監督
太田昭和
出演キャスト
八並映子 川崎あかね 園かおる 黒木進

ガメラ対深海怪獣ジグラ

  • 1971年7月17日(土)公開
  • 脚本

地球征服を目指すサメに以た怪獣ジグラと、これを守ろうとするガメラの対決を描く。脚本は「樹氷悲歌」の高橋二三。監督、撮影も同作の湯浅憲明と上原明がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
坂上也寸志 グロリア・ゾーナ アーリン・ゾーナ 坪内ミキ子

十七才の成人式

  • 1971年6月23日(水)公開
  • 脚本

「高校生番長 棒立てあそび」でデビューした岡崎明の二作目。脚本は「すっぽん女番長」の高橋二三。撮影は「高校生番長 ズベ公正統派」の中川芳久がそれぞれ担当。

監督
岡崎明
出演キャスト
八並映子 木下清 菅野直行 三笠すみれ

樹氷悲歌

  • 1971年5月5日(水)公開
  • 脚本

「高校生心中 純愛」に続く、関根恵子主演の純愛映画。脚本は「すっぽん女番長」の高橋二三。監督は「ボクは五才」の湯浅憲明。撮影は「おさな妻(1970)」の上原明がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
関根恵子 篠田三郎 小野川公三郎 伴淳三郎

すっぽん女番長

  • 1971年1月27日(水)公開
  • 脚本

70年後半、「高校生番長」シリーズなどの活躍で、プロデューサー協会新人賞を獲得した八並映子の主演作。脚本は「高校生番長 深夜放送」の高橋二三。監督は「喜劇 おひかえなすって!」の弓削太郎。撮影は「おさな妻(1970)」の上原明がそれぞれ担当。

監督
弓削太郎
出演キャスト
八並映子 伴淳三郎 青山良彦 笠原玲子
1970年

高校生番長 深夜放送

  • 1970年10月24日(土)公開
  • 脚本

“高校生番長”シリーズ三作目。脚本は「ボクは五才」の高橋二三。監督、撮影は「高校生ブルース」の帯盛廸彦と喜多崎晃がそれぞれ担当。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
八並映子 小野川公三郎 篠田三郎 北川マキ

ボクは五才

  • 1970年9月23日(水)公開
  • 脚本、企画

日本版“母をたずねて三千里”。脚本、監督は「ガメラ対大魔獣ジャイガー」の高橋二三、湯浅憲明。撮影は「十代の妊娠」の森田富士郎が担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
岡本健 宇津井健 左卜全 北林谷栄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高橋二三