TOP > 人物を探す > 山田隆之

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1980年 まで合計7映画作品)

1980年

影の軍団 服部半蔵

  • 1980年2月23日(土)
  • 脚本

徳川三代将軍・家光の急死による政情混乱を契機に、それぞれの野望を達成しようとする忍者たちの戦いを描く。脚本は「日本の黒幕」の高田宏治、「らしゃめん」の志村正浩と山田隆之の共同執筆、監督は「その後の仁義なき戦い」の工藤栄一、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
西郷輝彦 渡瀬恒彦 山村聡 三浦洋一
1972年

木枯し紋次郎

  • 1972年6月21日(水)
  • 脚本

色あせた紺の合羽に三度笠、長い楊枝に左ほおの優。股旅小説に新風を吹きこみ、テレビ化し話題となった、笹沢左保原作の映画化。脚本は「日本悪人伝 地獄の道づれ」の山田隆之、監督は、脚本も執筆している「現代やくざ 血桜三兄弟」の中島貞夫・撮影は「純子引退記念映画 関東緋桜一家」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 伊吹吾郎 山本麟一 渡瀬恒彦

日本悪人伝 地獄の道づれ

  • 1972年2月22日(火)
  • 脚本

人間の心の奥底にひそむ魔性を描く「日本悪人伝」シリーズ第二作。脚本は山田隆之。監督は「日本悪人伝」の村山新治。撮影は「現代ポルノ伝 先天性淫婦」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
村山新治
出演キャスト
若山富三郎 江波多寛児 小松方正 小池朝雄
1971年

新座頭市 破れ!唐人剣

  • 1971年1月13日(水)
  • 脚本

日本の豪剣、魔剣と対決してきた座頭市が、はじめて異国の唐人剣と対峙する。脚本は安田公義と「忍びの衆」の山田隆之。監督は「怪談累が淵(1970)」の安由公義。撮影も同作の牧浦地志がそれぞれ担当。

監督
安田公義
出演キャスト
勝新太郎 ジミー・ウォング 浜木綿子 寺田路恵
1970年

座頭市あばれ火祭り

  • 1970年8月12日(水)
  • 脚本

座頭市シリーズ二十一本目。脚本は「忍びの衆」の山田隆之と脚本初執筆の勝新太郎が共同であたり、監督は「兇状流れドス」の三隅研次。撮影は「座頭市と用心棒」の宮川一夫が担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 仲代達矢 大原麗子 ピーター

忍びの衆

  • 1970年2月7日(土)
  • 脚本

司馬遼太郎の原作「伊賀の四鬼」をテレビドラマ「悪一代」を書いた山田隆之が脚色し、「眠狂四郎円月殺法」の森一生が監督した“忍びの者”シリーズ第九作。撮影は「二代目若親分」の森田富士郎。

監督
森一生
出演キャスト
松方弘樹 峰岸徹 本郷功次郎 大楠道代
1957年

わが胸に虹は消えず(二部作)

  • 1957年7月9日(火)
  • 原作

文化放送をはじめ全国十九局で二百回を突破した矢代静一、山田隆之作の連続ラジオ・ドラマを「アチャコ行状記 嫁取り試験」の若尾徳平が脚色。監督は「この二人に幸あれ」の本多猪四郎、撮影は「東京だョおッ母さん」の栗林実。主な出演者は「あらくれ(1957)」の上原謙、「「動物園物語」より 象」の河内桃子、「恐怖の弾痕」、の宝田明、「浪人街(1957)」の高峰三枝子、「東京だョおッ母さん」の杉葉子、伊藤久哉、「嵐の中の男」の根岸明美ほかに江原達治、平田昭彦など。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
上原謙 河内桃子 土屋嘉男 根岸明美

山田隆之の関連人物

国一太郎  中村錦司  有川正治  女屋実和子  大前均 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 山田隆之

ムービーウォーカー 上へ戻る