映画-Movie Walker > 人物を探す > 折原啓子

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1979年 まで合計63映画作品)

1979年

隠密同心 大江戸捜査網

  • 1979年12月1日(土)公開
  • 出演(お牧の方 役)

十一代将軍徳川家斉の頃、老中松平定信の配下の五人の隠密同心の活躍を描く。東京12チャンネル開局十五周年記念作品で、昭和四十五年からテレビ放映中のシリーズを映画化したもの。脚本は「エスパイ」の小川英と胡桃哲の共同執筆、監督は「仁義と抗争」の松尾昭典、撮影は山田一夫がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
松方弘樹 瑳川哲朗 土田早苗 かたせ梨乃
1962年

大吉ぼんのう鏡

  • 1962年1月3日(水)公開
  • 出演(お葉 役)

寺内大吉の『はぐれ念仏』から、「黒い傷あとのブルース(1961 小野田嘉幹)」の猪俣勝人と「風雲新撰組」の田辺虎男が共同で脚色、猪俣が監督するおいろけもの。撮影は森隆司郎。

監督
猪俣勝人
出演キャスト
龍崎一郎 殿山泰司 杉寛 松原緑郎
1958年

脱線三銃士

  • 1958年9月7日(日)公開
  • 出演(タクシー会社社長夫人 役)

脱線トリオ由利徹・八波むと志・南利明が主演するコメディで、山口素一の原作を、勝俣真喜治・千葉胤文が脚色、千葉胤文が監督した。撮影は砂山利宗が担当した。脱線トリオの他に、観崎きよ子・牧嗣人・折原啓子・丹波哲郎・左京路子らが出演している。

監督
千葉胤文
出演キャスト
八波むと志 由利徹 南利明 黒木憲三
1955年

母水仙

  • 1955年7月20日(水)公開
  • 出演(栄次(まさ子) 役)

新派上演の戯曲から「母の曲」の笠原良三が脚色し、「水戸黄門漫遊記 火牛坂の悪鬼」の伊賀上正徳が監督に、「サラリーマン 目白三平」の西川庄衛が撮影にあたる。主なる出演者は「青竜街の狼」の三浦光子、「女給」の徳大寺伸、「虚無僧系図」の東宮秀樹、「継母」の折原啓子、「飛燕空手打ち 三部作」の高木二朗など。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
三浦光子 徳大寺伸 東宮秀樹 原国雄
1954年

継母

  • 1954年10月26日(火)公開
  • 出演(島崎和子 役)

婦人倶楽部連載の小説を「日本敗れず」の館岡謙之助が脚色し、「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」の伊賀山正徳が監督、気賀靖吾が久しぶりで撮影に当る。音楽は「二十四の瞳(1954)」の木下忠司の担当。「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の折原啓子、「神風特攻隊」の宇佐美諄、船山汎、田代百合子、「日本敗れず」の高田稔、「母の初恋」の三宅邦子、「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」の月丘千秋らが出演する。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
折原啓子 宇佐美諄 田代百合子 原国雄

人生劇場 望郷篇 三州吉良港

  • 1954年9月14日(火)公開
  • 出演(お房 役)

尾崎士郎原作の『人生劇場』戦後篇で、脚本は岡本功司、監督は「黄金街の覇者」の萩原遼、撮影は「懐しのメロディー」の永塚一栄。出演者は「どぶ」の宇野重吉、「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の佐野周二と久慈あさみ、「二挺拳銃の龍」の宇佐美諄、「芸者秀駒」の利根はる恵、「黄金街の覇者」の堀雄二に小沢栄、月形哲之介、折原啓子、田代百合子、高木二朗、長谷川菊子など。

監督
萩原遼
出演キャスト
宇野重吉 佐野周二 宇佐美諄 小沢栄

続続続続 魚河岸の石松 女海賊と戦う

  • 1954年4月20日(火)公開
  • 出演(美智子 役)

「続々魚河岸の石松 大阪罷り通る」に続く「魚河岸の石松」シリーズの第五篇で、内外タイムス連載の宮本幹也原作より笠原良三(殴り込み二十八人衆)が脚色し、監督小石栄一(秩父水滸伝)、撮影永塚一栄(秩父水滸伝)、音楽飯田三郎(秩父水滸伝)、と第四篇と同じスタッフ。キャストも第四篇と同じく河津清三郎(秩父水滸伝)、柳谷寛(学生五人男)、折原啓子(四人の母)、星美智子(放浪記)それに松竹歌劇団よりの藤里まゆみ、中原ひとみなど。

監督
小石栄一
出演キャスト
河津清三郎 柳谷寛 折原啓子 藤里まゆみ

四人の母

  • 1954年2月23日(火)公開
  • 出演(よしみ 役)

脚本は松田昌一に監督の佐伯幸三(無法者)が協力して書いている。撮影は「母の湖」の渡辺公夫、音楽は「花の三度笠」の渡辺浦人の担当。出演者は「母の湖」の三益愛子、「続々魚河岸の石松 大阪罷り通る」の折原啓子、「鯉名の銀平(1954)」の浦辺粂子、「落花の門」の南田洋子、「叛乱」の三宅邦子などのほか、四年振りに返り咲いた北河内妙子改め楠よし子が出演している。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
三益愛子 折原啓子 三宅邦子 浦辺粂子

鼠小僧色ざんげ 月夜桜

  • 1954年1月27日(水)公開
  • 出演(お香代 役)

内外タイムス連載の山岡荘八の原作小説を「第二の接吻」の成澤昌茂が脚色し、「喧嘩駕篭」の冬島泰三が監督した。撮影は「三太頑張れッ!」の古泉勝男、音楽は「やくざ狼」の高橋半。「今宵ひと夜を」の中山昭二が初の時代劇出演。「続々魚河岸の石松」の折原啓子、「唐人お吉」の嵯峨美智子、「若さま侍捕物帳 恐怖の折り鶴」の坂東鶴之助などが出演する。

監督
冬島泰三
出演キャスト
中山昭二 折原啓子 野上千鶴子 坂東鶴之助

続々魚河岸の石松 大阪罷り通る

  • 1954年1月15日(金)公開
  • 出演(美智子 役)

「魚河岸の石松」シリーズの第四篇。スタッフ、キャストとも例作と大体共通、監督は第二篇の顔ぶれにかえって小石栄一、小林恒夫の共同となっている。新登場の配役は「憧れの星座」の西条鮎子、「若さま侍捕物帳 恐怖の折り鶴」の清川虹子、「母系図」の月丘千秋、笑劇で活躍している初音麗子(元宝塚)などである。

監督
小石栄一
出演キャスト
河津清三郎 柳谷寛 折原啓子 星美智子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 折原啓子