映画-Movie Walker > 人物を探す > マルコム・マッグレガー

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1930年 まで合計18映画作品)

1930年

殺人犯横行

  • 1930年当年公開
  • 出演(Jack_Baldwin 役)

「浮気成金」「赤い髪」「娘十八映画時代」のクラレンス・G・バッジャー氏が監督に当った作品でマレイ・レインスター氏原作になる小説から「クラック将軍」「ミシガン小僧」のJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色し「マネキンの夢」「情炎の美姫」のジョン・サイツ氏が撮影したもの。主役を演ずるのは「歓楽地帯」「船頭さん可愛や」のジャック・マルホール氏と「愛の爆笑」「空の王者」のライラ・リー嬢で「四枚の羽根」「魔の海」のノア・ビアリー氏、「嵐に咲く花」のマルコム・マッグレガー氏、「快走王」のタリー・マーシャル氏、アレック・B・フランシス氏、クロード・アリスター氏、ヘッダ・ホッパー嬢が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ジャック・マルホール ライラ・リー ノア・ビアリー マルコム・マッグレガー
1929年

嵐に咲く花

  • 1929年当年公開
  • 出演(Francis_X._Fagorty 役)

「アビーの白薔薇」「鑵詰行進曲」「男女の戦」出演のジーン・ハーショルト主演映画で、カール・レムリー特作品の一つである。ルパート・ヒューズの原作を、ナン・コチレーンが脚本化し、チャールズ・ケニヨンが脚色、「情熱の砂漠」「新人の天地輝く」と同じくエドワード・スローマンが監督した。共演は「マイク」「男女の戦」のサリー・オニール、「言論の自由」「珍戦花嫁争奪」のマルコム・マッグレガー。因みにこの映画は『キネマ旬報』第 327号「試写室」欄に、「荷船の乙女」として紹介されている。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ジーン・ハーショルト サリー・オニール マルコム・マッグレガー モリス・マッキントッシュ
1928年

言論の自由

  • 1928年当年公開
  • 出演(Bill_Ballard 役)

ピーター・B・カイン氏が特に映画のために書き下したストーリーを、「ある男の過去」と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもので、改作並に撮影台本はJ・グラブ・アレキサンダー氏が撮った。主役を務めるのは「トロイ情史」「痛ましの親心」出演のルイス・ストーン氏で、「足で蹴る恋」「我れ若し王者なりせば」出演のマーセリン・デイ嬢と「珍戦花嫁争奪」「天界の魔王」出演のマルコム・マッグレガー氏とが相手役を演ずる外、「つばさ」「君が為め命捧げん」出演のヘンリー・B・ウォルソール氏も出演する。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ルイス・ストーン マーセリン・デイ マルコム・マッグレガー ヘンリー・B・ウォルソール

珍戦花嫁争奪

  • 1928年当年公開
  • 出演(John_Smith 役)

「ヴァリエテ」「神我に二十銭を賜う」等出演のリア・デ・プティ嬢が主演する映画で、スチュアート・N・レイク氏の原作をメルヴィル・ブラウン氏が映画用に書き改めたものから、ジョン・B・クライマー氏が実際の撮影用の台本を作り、それによってメルヴィル・ブラウン氏が「混線脱線スターは誰だ」「薦進デニー」と同様に監督したものである。相手役は「花嫁歓迎」「恋は異なもの」出演のマルコム・マッグレガー氏で、そのほかザス・ピッツ嬢、エディ・グリッボン氏、ジェームズ・マーカス氏などが出演する。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
リア・デ・プッティ マルコム・マッグレガー ジェームズ・マーカス ザス・ピッツ
1927年

思い出の道

  • 1927年当年公開
  • 出演(Anthony_Fielding 役)

ドロシー・ハウエル女史作の物語によって「負けじ魂」等と同じくエドワード・エッチ・グリフィス氏が監督したもので、主役は「女房いぬ間に」「偽りの警報」等出演のドロシー・レヴイアー嬢と「恋は異なもの」「花嫁歓迎」等出演のマルコーム・マツグレゴア氏が演じ、ウィリアム・ヴイ・モング氏、グスタフ・フオン・セイフエルテイツ氏等が助演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
ドロシー・レヴィア マルコム・マッグレガー ウィリアム・V・モング グスタフ・フォン・セイファーティッツ

昼閑夫人

  • 1927年当年公開
  • 出演(Jack_Allen 役)

アルバート・ハウスン氏とシドニー・バックマン氏との合作したものを、グレアム・ベイカー氏が脚色し、バイロン・ハスキンスス氏の監督昇進第一回作品である。主役は「キック・イン」「極楽トンボ三人連」等出演のメイ・マックァポイ嬢と、「ゼンダ城の虜(1922)」「花嫁歓迎」等のマルコム・マッグレガー氏とで、そのほかにヘッダホッバー夫人、リチャード・タッカー氏などが出演しいてる。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
メイ・マカヴォイ マルコム・マッグレガー ヘッダ・ホッパー マーガレット・セドン

花嫁歓迎

  • 1927年当年公開
  • 出演(Robert_Brooks 役)

ドロシー・ハウエル女史が書き下ろした物語によって「南京豆小僧」「天界の魔王」等と同じくウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督したもので主役は「恋慕やつれ」「卑怯者」等出演シャーリー・メイスン嬢と「恋は異なもの」「滅び行く民族」等出演のマルコム・マッグレガー氏で、フランシス・マクドナルド氏、バーバラ・テナント嬢、ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニア氏等が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
シャーリー・メイスン マルコム・マッグレガー フランセス・レイモンド フランシス・マクドナルド

十字路の女

  • 1927年当年公開
  • 出演(Dr._Robert_Brent 役)

「人生サーカス」「イスラエルの月」「ナポレオン」等と同じくミヒャエル・ケルテス氏の監督作品である。主役は「マノン・レスコオ」「人生サーカス」主演のドロレス・コステロ嬢で、それを助けて「ドン・ファン(1926)」のワーナー・オーランド氏、「珍戦花嫁争奪」「言論の自由」のマルコーム・マッグレイゴア氏、古くは「シーバの女王」に主演したベティー・プライス嬢、ウィリアム・デマレスト氏、ダグラス・ジェラード氏、等が主演する。原作はジョージ・キャメロン氏の手になったもの、脚色したのはロバート・A・ディロン氏である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ドロレス・コステロ ワーナー・オーランド マルコム・マッグレガー ベティ・ブライス
1926年

恋は異なもの

  • 1926年当年公開
  • 出演(Jack_Dugan 役)

「微笑みの女王」に続くコリーン・ムーア嬢主演喜劇で同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督したもの。原作はサタデイ・イヴニング・ポースト誌所載のブルック・ハンロン氏作の小説「食料品店」でジュリエン・ジョセフソン氏が脚色した。ムーア嬢の相手役は「夜の女」「滅び行く民族」等出演のマルコーム・マツグレゴア氏と「のんだくれ」「グリード」等出演のジーン・ハーショルト氏で、アーサー・ストオーン氏、ドロシー・シーストローム嬢等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ジーン・ハーショルト マルコム・マッグレガー アーサー・ストーン

天界の魔王

  • 1926年当年公開
  • 出演(Lloyd_Darrell 役)

「南京豆小僧」の監督者ウィリアム・ジエームズ・クラフト氏が監督した連続活劇で猛犬シルヴァ・ストリークが全編に活躍し「夜の女」「怒涛の裁き」等出演のマルコーム・マツグレゴア氏、「名馬と名騎手」「戦友のために」出演のルイズ・ロレイン嬢が主演し、アンダース・ランドルフ氏、サー・フェアファックス氏、エデイス・ヨーク嬢等が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
マルコム・マッグレガー ルイズ・ロレイン アル・スミス ヒューイー・マック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マルコム・マッグレガー