映画-Movie Walker > 人物を探す > 八木景子

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2019年

ずぶぬれて犬ころ

  • 2019年6月1日(土)公開
  • 出演

25歳で早逝した俳人・住宅顕信の人生を、生き辛さを抱えながら生きる現代の中学生と重ね合わせて映し出すヒューマンドラマ。いじめによって掃除用具庫に閉じ込められていた明彦を見つけた教頭の諸岡は、以前、諸岡が関わった生徒・住宅春美について語り始める。出演は「おんなのこきらい」の木口健太、岡山県出身の新鋭・森安奏太。監督は「モバイルハウスのつくりかた」の本田孝義。2019年5月17日より、岡山 シネマクレールにて先行公開。

監督
本田孝義
出演キャスト
木口健太 仁科貴 八木景子 原田夏帆
2018年

BD ~明智探偵事務所~

  • 2018年10月12日(金)公開
  • 出演

江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズを原案に映画化。明智小五郎が怪人二十面相を追って長らく不在にしている明智探偵事務所では、助手の小林、彼を慕う井上、そしてマユミが留守を預かっていた。そんな折、一人の母親が行方不明の娘の捜索を依頼しに訪れる。出演は、「マジックナイト」の小澤廉、アイドルユニット・祭nine.の寺坂頼我、「コープスパーティー」シリーズの前田希美、「聖ゾンビ女学院」の的場華鈴、「グッドモーニングショー」の小木茂光。監督は、「がらくた」の名倉良祐。

監督
名倉良祐
出演キャスト
小澤廉 寺坂頼我 飯山裕太 奥山ピーウィー
1980年

古都(1980)

  • 1980年12月6日(土)公開
  • 出演(村の娘 役)

別々に生きて来た瓜二つの姉妹の出会い、愛、親と子のつながりを描く。三浦友和との結婚、引退を表明したスーパースター山口百恵の最後の主演作品である。川端康成の同名の原作の映画化で、昭和三十八年、中村登監督によって、松竹で一度、映画化されている。脚本は「病院坂の首縊りの家」の日高真也と同作の市川崑の共同執筆、監督も同作の市川崑、撮影も同作の長谷川清がそれぞれ担当。

監督
市川崑
出演キャスト
山口百恵 實川延若 岸恵子 三浦友和

おさな妻(1980)

  • 1980年4月26日(土)公開
  • 出演(春江 役)

苛酷な試練を乗り込えて生きる新妻の姿を描く。脚本は「女高生 危険なめばえ」の鹿水晶子、監督も同作の白鳥伸一、撮影は「淫絶海女 うずく」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
原悦子 山本伸吾 三崎奈美 矢崎滋
1979年

十八歳、海へ

  • 1979年8月18日(土)公開
  • 出演(若いメイド 役)

四人の男女の出会いから別れまでを描く。中上健次の小説集『十八歳、海へ』に収められている“隆男と美津子”の章の映画化で脚本は「青春の殺人者」の田村孟と渡辺千明の共同執筆、監督は「もっとしなやかにもっとしたたかに」の藤田敏八、撮影は「桃尻娘 ラブアタック」の安藤圧平がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
永島敏行 森下愛子 小林薫 島村佳江
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 八木景子