映画-Movie Walker > 人物を探す > 轟二郎

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2017年 まで合計6映画作品)

2017年

トリガール!

  • 2017年9月1日(金)公開
  • 出演(轟二郎似の住職 役)

中村航が母校である芝浦工業大学の人力飛行サークルをモデルに描いた人気小説を、土屋太鳳主演で映画化した青春ドラマ。二人乗り人力飛行機で鳥人間コンテストを目指す人力飛行サークルに入部してしまったヒロインの奮闘を描く。憧れの高橋先輩を高杉真宙、コンビを組む坂場先輩を間宮祥太朗が演じる。

監督
英勉
出演キャスト
土屋太鳳 間宮祥太朗 高杉真宙 池田エライザ
1998年

借王4

  • 1998年7月4日(土)公開
  • 出演

おなじみ借王3人組が、今回は大阪の悪徳証券会社を相手に詐欺を働く人気シリーズの第4弾。監督は1,2作に引き続き「大安と仏滅!?」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを前作同様、松本功と岩瀬勝巳が共同脚色。撮影も前作と同じく鈴木耕一があたっている。主演も前作同様、哀川翔、志賀勝、夏樹陽子の3人。

監督
和泉聖治
出演キャスト
哀川翔 志賀勝 夏樹陽子 清水紘治
1996年

お天気お姉さん

  • 1996年9月21日(土)公開
  • 出演(中島アナウンサー 役)

テレビのお天気お姉さんの座をめぐって繰り広げられる女たちの熱き戦いを描いた、奇想天外、荒唐無稽なお色気コメディ。監督は「豊丸の何回でも狂っちゃう」の細山智明。安達哲による『ヤングマガジン』に連載された同名コミックを、鴎街人(細山監督のペンネーム)が脚色。撮影を「82分署」の志賀葉一が担当している。主演はセクシーアイドルの水谷ケイ。本作品はオリジナル・ビデオ・ムービーとして95年に製作、販売されていたが、ストックホルム映画祭、オスロ国際映画祭など多数の海外の映画祭に出品され話題を呼んだことから、BOX東中野の企画“トラッシュムービー”の中で日本凱旋公開となった。海外向けにクレジットを入れ直したバージョンで上映されている。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
細山智明
出演キャスト
水谷ケイ 住田隆 白島靖代 平沙織
1995年

クルタ 夢大陸の子犬

  • 1995年3月11日(土)公開
  • 出演(声)(ククルタ フクロウ、オオトカゲ、ハリモグラ(声) 役)

オーストラリアを舞台に、一匹のゴールデン・レトリバー犬の冒険を描く動物映画。日本とオーストラリアの合作で、監督は「ザ・ドリーミング」のマリオ・アンドレアキオ。日本語版の監督を「子猫物語」の畑正憲が担当している。青少年映画審議会推薦。

監督
マリオ・アンドレアキオ 畑正憲
出演キャスト
牧瀬里穂 所ジョージ 竹下景子 轟二郎
1980年

ミスターどん兵衛

  • 1980年4月5日(土)公開
  • 出演(マイクマン・マイク 役)

斜陽といわれる映画界の権威主義を風刺したり、巨匠監督をコキおろしたり、映画製作にまつわる悲喜こもごものエピソードを描く。山城新伍が出演し、アイデアも出していた「キツネどん兵衛」のテレビCMが人気を博したことから、それを一本の映画にふくらましたもの。山城新伍が企画、製作、脚本、監督、主演の五役、他に脚本を「十代 恵子の場合」の内藤誠、梶間俊一が共同で執筆、撮影は「トラック野郎 熱風5000キロ」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山城新伍
出演キャスト
山城新伍 川谷拓三 長谷直美 住吉正博
1979年

港町紳士録

  • 1979年8月4日(土)公開
  • 出演(呉服屋の若旦那 役)

小料理屋の娘を愛する純情、単純で乱暴な船乗りと、高校教師の二人の男の間に生まれる友情を描く。脚本は「俺は上野のプレスリー」の高橋正図と「青春の構図」の広瀬襄の共同執筆、監督も同作の広瀬襄、撮影は「俺は田舎のプレスリー」の竹村博がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
友里千賀子 吉幾三 千田孝之 ハナ肇
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 轟二郎