映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンナ・シグラ

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2018年 まで合計17映画作品)

2018年

第三世代

  • 2018年10月27日(土)公開
  • 出演(Susanne Gast 役)

ニュー・ジャーマン・シネマの鬼才ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの劇場未公開作を渋谷ユーロスペースで国内初上映。革命への理念を持たず、目先のスリルだけを追い求める“第三世代”のテロリストたちが、企業と警察の煽動に乗って誘拐事件を起こす。出演は「13回の新月のある年に」のフォルカー・シュペングラー、「ミモザの島に消えた母」のビュル・オジエ、「マリア・ブラウンの結婚」のハンナ・シグラ、「ダウンサイズ」のウド・キアー。ファスビンダー自身は、製作、監督、脚本、撮影の4役を兼任。

監督
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
出演キャスト
フォルカー・シュペングラー ビュル・オジェ ハンナ・シグラ ハリー・ベア
2008年

そして、私たちは愛に帰る

  • 2008年12月27日(土)公開
  • 出演(スザンヌ 役)

2007年のカンヌ映画祭で最優秀脚本賞などに輝いたドラマ。2000キロも離れたドイツとトルコを舞台に、3組の親子が織りなす運命的な出会いと別れを力強く描き出す。

監督
ファティ・アキン
出演キャスト
バーキ・ダヴラク ハンナ・シグラ ヌルセル・キョセ トゥンジェル・クルティズ
2002年

ヴェルクマイスター・ハーモニー

  • 2002年6月29日(土)公開
  • 出演(エステル夫人 役)

ハンガリーの知られざる鬼才タル・ベーラの日本初登場作。ある小さな町を襲うすさまじいパニック状況を、イマジネーションあふれるモノクロ映像で描き上げた異色作だ。

監督
タル・ベーラ
出演キャスト
ラルス・ルドルフ ペーター・フィッツ ハンナ・シグラ
1997年

百一夜

  • 1997年3月22日(土)公開
  • 出演

映画発明百年を祝福するとともに、そのイメージと幻想の制度を挑発的に解体してみせる形而上学的コメディ。監督・脚本はヌーヴェルヴァーグ出身の女性映画作家でフィクションとドキュメンタリーの狭間で独特の映像表現を繰り広げる「ジャック・ドゥミーの少年期」のアニェス・ヴァルダ。製作会社はヴァルダのプロダクション、シネ・タマリスと、「魅せられて」「クラッシュ」など国際的に活躍する独立プロデューサー、ジェレミー・トーマスのレコーデッド・ピクチャーズ。製作総指揮はドミニク・ヴィニェ。撮影はエリック・ゴーティエ、美術はシール・ボアタールとセドリック・シモノー、編集はユーグ・ダルモア、録音はジャン=ピエール・デュレとアンリ・モレルがそれぞれ担当。衣裳はヴァルダの娘で、義父ジャック・ドゥミー監督作品で知られるロザリー・ヴァルダ。出演は映画百年の歴史がそのまま人格と化したシモン・シネマ氏に、仏映画第一世紀記念委員会委員長を務める名優ミシェル・ピコリ、その友人に「愛のめぐりあい」などののベテラン、マルチェロ・マストロヤンニ(96年死去)、ヴァルダとドゥミの子息マチュー・ドゥミー(「カンフー・マスター」)、「そして僕は恋をする」のエマニュエル・サランジェ。本作でヴァルダがオマージュを捧げている相手ルイス・ブニュエルの声(台詞は「記念行事に死を、忘却万歳!」)は、ブニュエル映画の常連で実際に巨匠の声態模写を特技にしている「ナサリン」のフランシスコ・ラバル。豪華なゲスト陣には、アヌーク・エーメ、ファニー・アルダン、ジャン=ポール・ベルモンド、死神役にロマーヌ・ボーランジェ、「冬の旅」でヴァルダと組み、ジャンヌ・ダルクに扮して登場するサンドリーヌ・ボネール、バス・ガイド役でジャン=クロード・ブリアリ、スター然とヘリコプターで登場するアラン・ドロン、豪勢でロマンチックな舟遊びを楽しむカトリーヌ・ドゥヌーヴとロバート・デ・ニーロ、ジェラール・ドパルデュー、ハリソン・フォード、ジーナ・ロロブリジダ、ジャンヌ・モローとハンナ・シグラが次々とシモン・シネマ氏を訪問する。またカメオ的な特別出演にはさらにサビーヌ・アゼマ、ジェーン・バーキン、アリエル・ドンバル、スティーヴン・ドーフ、アンドレア・フェレオル、レオナルド・ディカプリオ、ダリル・ハンナ、ジャン=ピエール・レオ、マーティン・シーン、ハリー・ディーン・スタントン、仏国際映画配給公社ユニフランス・インターナショナルの会長ダニエル・トスカン・デュ・プランティエらが顔を揃えている。さらにリュミエール兄弟の「列車の到着」に始まり、無声映画の傑作、トーキー古典時代を経て、現在に至る、映画百年の歴史を彩る様々な映画の抜粋映像が挿入される。

監督
アニエス・ヴァルダ
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ マルチェロ・マストロヤンニ アンリ・ガルサン カルロ・ブノワ
1994年

「彼女」の存在

  • 1994年1月22日(土)公開
  • 出演(Stephania 役)

第二次大戦下のポーランド・ワルシャワを舞台に、2人の女と1人の男が織りなす愛憎の密室劇。監督はポーランド出身で本作が日本初紹介となるヤヌーシュ・キユフスキ。実話を元にしたイェジー・ヤニツキのラジオドラマ台本を、彼自身と監督の共同で脚色。製作は「僕を愛したふたつの国 ヨーロッパ・ヨーロッパ」のアルトゥール・ブラウナーと、アンリ・ランゲ、撮影はプシェミスワフ・スクヴィルシチンスキ、音楽はヤン・カンティ・パプルスキェヴィッチがそれぞれ担当。主演は「ボイジャー」のジュリー・デルピー、「ミス・アリゾナ」のハンナ・シグラ、「悪霊」のランベール・ウィルソン。

監督
ヤヌーシュ・キユフスキ
出演キャスト
ジュリー・デルピー ランベール・ウィルソン ハンナ・シグラ
1992年

愛と死の間で(1991)

  • 1992年2月8日(土)公開
  • 出演(Inga 役)

殺人者と被害者として愛を成就できずにともに死んだ夫婦が、40年後に転生し自らの死の謎を解くスリラー。近年ヒッチコックタッチの映画は量産されているが、本作はそれのみならずヒッチ独特のガジェットまで大胆に取り入れた奇妙な味の一編。監督・主演に「ヘンリー五世」でオリビエの再来と評されたケネス・ブラナー。美術のティム・ハービー、音楽のパトリック・ドイル、衣裳のフィル・ダルトンも同作品のスタッフである。製作はリンゼイ・ドランとチャールズ・H・マグワイアー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ハバナ」の監督シドニー・ポラック、脚本は弱冠30歳のスコット・フランク、撮影はマシュー・F・レオネッティが担当。特別主演としてロビン・ウィリアムズとキャンベル・スコットが顔を出す。

監督
ケネス・ブラナー
出演キャスト
ケネス・ブラナー アンディ・ガルシア エマ・トンプソン ハンナ・シグラ
1990年

ミス・アリゾナ

  • 1990年9月29日(土)公開
  • 出演(Mitzi 役)

大戦前夜のブダペストの伝説的なクラブ“ミス・アリゾナ”に生きた2人の男女の人生を描く大河ドラマ。製作はジャコボ・カパンナとジョゼッペ・ペルッジャ、監督はハンガリーのパル・サンドール、脚本はサンドールとアルフレード・ジャンネッティの共同、撮影はエレメール・ラガリィ、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。出演はマルチェロ・マストロヤンニ、ハンナ・シグラほか。

監督
パル・サンドール
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ ハンナ・シグラ アレッサンドラ・マルチネス ウルバノ・バルベリーニ
1987年

ピエラ 愛の遍歴

  • 1987年11月28日(土)公開
  • 出演(Eugenia 役)

女として生きる母と彼女を見つめ続ける娘の触れ合いを描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、監督は「未来は女のものである」のマルコ・フェレーリ、脚本・原案はダーチャ・マライーニ、ピエラ・デッリ・エスポスティ、フェレーリ、撮影はエンニオ・グァルニエリ、音楽はフィリップ・サルド、編集はルッジェーロ・マストロヤンニが担当。出演はハンナ・シグラ、イザベル・ユペール、マルチェロ・マストロヤンニほか。

監督
マルコ・フェレーリ
出演キャスト
ハンナ・シグラ イザベル・ユペール マルチェロ・マストロヤンニ ベッティーナ・グルン
1986年

デルタ・フォース

  • 1986年5月24日(土)公開
  • 出演(Ingrid 役)

ハイジャックされた707の人質を救出する、特殊部隊デルタ・フォースの活躍を描くアクション。製作・監督・脚本はキャノン・グループの総帥でもある「暗黒街の顔役(1974)」のメナヘム・ゴーラン、製作は他にヨーラム・グローバス、脚本は他にジェームズ・ブルーナー。撮影はデイヴイツド・ガーフィンケル、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はチャック・ノリス、リー・マーヴィン、マーティン・バルサムなど。

監督
メナヘム・ゴーラン カルロス・ジル
出演キャスト
チャック・ノリス リー・マービン マーティン・バルサム ジョーイ・ビショップ

未来は女のものである

  • 1986年3月21日(金)公開
  • 出演(Anna 役)

同棲生活を送る男女の間に一人の妊娠した女が入り込むという奇妙な人間関係を描く。製作はルチアーノ・ルナ、監督は「ありきたりな狂気の物語」(82)のマルコ・フェレーリ、脚本はフェレーリ、ダーチャ・マライーニ、ピエラ・デッリ・エスポスティ、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はカルロ・サヴィーナ、美術はダンテ・フェレッティ、編集はルッジェーロ・マストロヤンニ、衣装はニコレッタ・エルコーレが担当。出演はオルネラ・ムーティ、ハンナ・シグラ、ニエル・アレストラップなど。

監督
マルコ・フェレーリ
出演キャスト
オルネラ・ムーティ ハンナ・シグラ ニエル・アレストラップ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンナ・シグラ