映画-Movie Walker > 人物を探す > キャスリン・スコラ

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1947年 まで合計7映画作品)

1947年

永遠の処女

  • 1947年3月
  • 脚本

原作は英国の作家マーガレット・ケネディの小説。「トレスパッサー」「悪魔の日曜日」「月世界征服(1931)」「晩春」「グランド・ホテル」等のエドモンド・グールディングの監督作品。「レベッカ」「断崖」のジョーン・フォンテーンと「征服」「肉体と幻想」「運命の饗宴」等のシャルル・ボワイエが主演し、助演には「アメリカ交響楽」の新人アレクシス・スミス、「キングス・ロウ」のチャールズ・コバーンその他ピーター・ローレ、ディム・メイ・ホイッティ、ジーン・ミューアらが出ている。1943年度作品。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
シャルル・ボワイエ ジョーン・フォンテーン アレクシス・スミス ブレンダ・マーシャル
1938年

世紀の楽団

  • 1938年
  • 脚色

アーヴィング・バーリンが1911年から1935年にかけて作曲した小唄26曲および当時の新作2曲を並べて、アメリカ軽音楽史を視覚化せんと企てたもので「シカゴ」の3主演者タイロン・パワー、アリス・フェイ、ドン・アメチが主演し、「シカゴ」「勝鬨」のヘンリー・キングが監督にあたった。脚本は「四人の復讐」「青春女学生日記」のリチャード・ハーマンが書下ろしたストーリーによって、「シカゴ」「奴隷船」のラマール・トロッチと「何が彼をそうさせたか」のキャスリン・スコラが協力執筆したものである。助演者は「天晴れ着陸」「海は桃色」のエセル・マーマン、「からくり女王」「珍Gメン」のジャック・ヘイリーを始め、「ハイディ」のジーン・ハーショルと、「ショウボート(1936)」のヘレン・ウェストリー、「四人の復讐」のジョン・キャラダイン、「シカゴ」のポール・ハースト、「天晴れ着陸」のウォーリー・ヴァーノン、「銀盤の女王」のディキシー・ダンバー、新顔のルース・テリーその他である。キャメラは「シカゴ」「目撃者(1936)」のペヴァレル・マーリーが、音楽指揮は「デッド・エンド」ノアルフレッド・ニュウマンが、舞踏振付けは「巨星ジーグフェルド」「陽気な町」のシーモア・フェリックスが、それぞれ担当している。なおアーヴィング・バーリン作曲の小唄はその歌詞も全部彼自ら書いたものである。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
タイロン・パワー アリス・フェイ ドン・アメチ エセル・マーマン
1935年

ガラスの鍵(1935)

  • 1935年
  • 脚本

「ルムバ」「ボレロ」のジョージ・ラフトが主演する映画で、「影無き男(1934)」のダシール・ハメット作の小説に基づき「流行の王様」のキャスリン・スコラと「ボレロ」のキュベック・グラスモンが協力して脚色し、「ローマ太平記」「わが胸は高鳴る」のフランク・タトルが監督に当たり、「風の接吻」「かぼちゃ大当たり」のヘンリー・シャープが撮影したもの。助演者は「三日姫君」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・アーノルドを始め、「夫の日記」のクレア・ドッド、「輝ける百合」のレイ・ミランド、新進ロザリンド・キース、「地下街」のロバート・グレックラー、チャールズ・リッチマン、グィン・ウィリアムス等の面々である。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ジョージ・ラフト エドワード・アーノルド クレア・ドッド ロザリンド・キース
1934年

放送ビルディング

  • 1934年
  • 脚本

「かぼちゃ太夫」のジョー・モリソンが「坊やはおやすみ」「青春罪あり」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズを相手に主演する映画で、リビー・ブロックの原作を「紅唇罪あり」のキャスリン・スコラが「ブラウンの爆裂珍艦隊」のポール・ジェラード・スミスと協力して脚色し「銀鼠流線型」「嫌疑者」のラルフ・マーフィーが監督に当たり、「女装陸戦隊」「かぼちゃ太夫」のベン・F・レイノルズが撮影した。助演者は「コンゴ」のコンラッド・ネーゲル、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、ゲイル・パトリック、トビー・ウィングその他である。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
ジョー・モリソン ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ コンラッド・ネーゲル アーリン・ジャッジ

今日の男性

  • 1934年
  • 脚色

「餓ゆるアメリカ」「異人種の争闘」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ルイ・ブロスフィールドの原作を「真夜中の処女」「紅唇罪あり」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同脚色し、「ドン・キホーテ」「三文オペラ」のG・W・パプストが渡米第1回作品として監督にあたり、「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「世界は還る」のジーン・ミューア、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール及びドロシー・バージェス、「彼の第六感」のホバート・カヴァナ、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、「紅唇罪あり」のアーサー・ホール、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッジ等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジーン・ミューア マージョリー・ランボー ヴェリー・ティーズデール
1932年

夜毎来る女

  • 1932年
  • 脚本

「二十四時間」の原作者ルイス・ブロムフィールドの小説Single_Nightを「ロイドの活動狂」「赤新聞」のヴィンセント・ローレンスが脚色し、キャスリン・スコラ女史が撮影台本を作り、「処女読本(1932)」「悪魔スヴェンガリ」のアーチー・L・メイヨが監督に当たり、撮影は「二十四時間」「街のをんな」のアーネスト・ホーラーが担任したものである。主演には「闇に踊る(1932)」「速成成金」のジョージ・ラフトが抜擢されて勤め、「ロイドの活動狂」のコンスタンス・カミングス、「歓呼の涯」のウィン・ギブソン、ブロードウェイの人気女優メイ・ウェスト、「夜の天使」のアリソン・スキップワース、「大飛行船」のロスコー・カーンスが助演している。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ジョージ・ラフト コンスタンス・カミングス ウィン・ギブソン メイ・ウェスト
1931年

鉄窓の女

  • 1931年
  • 台詞

アデラ・ロジャース・セント・ジョンの組み立てたものからケニオン・ニコルソン、キャスリン・スコラが協力して撮影台本にまとめ上げ、「陽気な後家さん」「戦争」のアラン・ドワンが監督し、「ダイナマイト(1929)」のペヴァレル・マーレーが撮影した映画で主なる出演者は「街の令嬢」のエリッサ・ランディ、「間諜X27」「各国の女」のヴィクター・マクラグレン、「悪魔が跳び出す」のセオドア・フォン・エルツ、「陽炎の春」のユーナ・マイケル、オスカー・アッフェル、舞台出のアラン・ダインハート、アイリーン・リッチ、アイリーン・パーシー、メイ・ブッシュ、アリス・レイク等々である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
エリッサ・ランディ ヴィクター・マクラグレン セオドア・フォン・エルツ ウナ・マーケル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > キャスリン・スコラ