映画-Movie Walker > 人物を探す > 近江俊郎

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1979年 まで合計45映画作品)

1951年

初恋トンコ娘

  • 1951年4月20日(金)公開
  • 特別出演

製作は「男の哀愁」の山口松三郎、雑誌『平凡』所載の鹿島孝二の原作から、「海を渡る千万長者」のコンビ、伏見晁が脚色し、齋藤寅次郎が監督したものである。出演者の主なものは「花のおもかげ」の山内明、「カルメン故郷に帰る」の井川邦子をはじめとして、河村黎吉、坂本武、村瀬幸子、高橋豊子などの脇役陣、それに柳家金語楼、三遊亭圓歌、昔々亭桃太郎、川田晴久、久保幸江、近江俊郎などの芸能人が加わっている。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
河村黎吉 山内明 柳家金語楼 井川邦子

オヤオヤ人生

  • 1951年3月7日(水)公開
  • 出演(靴磨きの歌手 役)

製作は、「アマカラ珍騒動」の有崎勉に小笠久雄が協力、有崎の原作を同じく山下與志一が脚色している。監督は、「こころ妻」の毛利正樹。主演は、「アマカラ珍騒動」の金語樓に、野上千鶴子、「東京ファイル212」の田崎潤、それに千秋実、江川宇禮雄、江戸川蘭子などが助演、特別出演で並木路子と近江俊郎が出演。

監督
毛利正樹
出演キャスト
柳家金語楼 野上千鶴子 田崎潤 千秋実
1950年

南の薔薇

  • 1950年8月5日(土)公開
  • 出演

監督
森一生
出演キャスト
水戸光子 近江俊郎

月の出の接吻

  • 1950年3月12日(日)公開
  • 出演(大江俊彦 役)

製作は「湯の町悲歌」の児井英生、長田幹彦の原案を福井吉良が脚本を執筆し、「私刑」の中川信夫がメガホンをとる。カメラは「右門捕物帳」につぐ河崎喜久三が担当する。出演は歌謡歌手の近江俊郎の「湯の町悲歌」につぐ映画出演第二回作品、「右門捕物帳」につぐ花井蘭子のほか、江川宇禮雄、水原久美子、瀧花久子、清川荘司ら、杉山美子がカムバツクしているほかムーランルージュの草香蘭子、元ロック座の桜むつ子らが特別出演している。

監督
中川信夫
出演キャスト
近江俊郎 花井蘭子 瀧花久子 堀越節子
1949年

湯の町悲歌

  • 1949年5月24日(火)公開
  • 出演(津田浩一 役)

製作は「結婚三銃士」「人間模様」の児井英生で、佃血秋の原案から錦美奈仁が脚色し、「結婚三銃士」につぐ野村浩将が監督する。キャメラは横山実之助が担当する。主演は「夢よもういちど」「新妻会議」の山根寿子、コロビアの近江俊郎で、それに「毒薔薇」の汐見洋、「嵐の中の姉妹」「異国の丘」の浦辺粂子、「斬られの仙太」の清川荘司「異国の丘」の宮川玲子、同じく田中春男、水原久美子、「静かなる決闘」の千石規子らが出演する。

監督
野村浩将
出演キャスト
近江俊郎 山根寿子 汐見洋 浦辺粂子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 近江俊郎