映画-Movie Walker > 人物を探す > 近江俊郎

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1979年 まで合計45映画作品)

1956年

坊ちゃんの逆襲

  • 1956年12月5日(水)公開
  • 監督、製作、脚色、音楽

芸能の各分野からヴェテランを総動員、一人三役(製作・監督・音楽)の近江俊郎が「思い出月夜」についで発表するサスペンス喜劇。原作は「金語楼の天晴れ運転手物語」の川内康範、脚色は川内と近江の共同、撮影は「思い出月夜」の杉本正二郎。主な出演者としては「空飛ぶ円盤 恐怖の襲撃」の高島忠夫、「新妻鏡」の池内淳子、「恋すれど恋すれど物語」の古川縁波、「金語楼の天晴れ運転手物語」のジョージ・ルイカー、ほかに坊屋三郎、落語の柳亭痴楽、漫才のコロムビア・トップ、ライト、流行歌手の藤沢桓夫、“女だけの部屋”でジャーナリズムを賑わせた河上敬子、NDT出身の山田美奈子など。

監督
近江俊郎
出演キャスト
高島忠夫 池内淳子 古川緑波 柳亭痴楽

思い出月夜

  • 1956年6月21日(木)公開
  • 監督、製作、企画、音楽、出演(北島俊夫 役)

相愛の男女の悲恋をテーマにしたメロドラマ。「剣豪対豪傑 誉れの決戦」の近江俊郎が、今回は企画・製作・監督・音楽・主演を担当する。脚本は「剣豪対豪傑 誉れの決戦」の中村純一と新人石井輝男の共同担当。撮影は「剣豪対豪傑 誉れの決戦」に次ぐ杉本正二郎。主な出演者は近江俊郎のほか「続・君ひとすじに」の高島忠夫、三ツ矢歌子、「社長三等兵」の池内淳子、歌手の白根一男、今村隆、その他鳥羽陽之助、英百合子、羽鳥敏子などが出演する。

監督
近江俊郎
出演キャスト
高島忠夫 近江俊郎 白根一男 今村隆

剣豪対豪傑 誉れの決戦

  • 1956年3月13日(火)公開
  • 監督、製作

「極楽剣法」の共同脚色者の一人中村純一が脚本を書き、「歌くらべ三羽烏」を監督した近江俊郎が製作監督、同じく杉本正二郎が撮影を担当した。主なる出演者は、「黒猫館に消えた男」の宇津井健、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人 (夫婦御円満の巻)」の江川宇禮雄、「何故彼女等はそうなったか」の藤木の実、「まらそん侍」の大泉滉、方才の宮田洋客、物真似の江戸家猫八、落語の柳亭痴楽、講談の一竜斎貞鳳など。

監督
近江俊郎
出演キャスト
宇津井健 江川宇禮雄 鳥羽陽之助 中村是好
1955年

歌くらべ三羽烏

  • 1955年10月5日(水)公開
  • 監督、製作、脚本、企画、出演(俊夫 役)

「忘れないよ」の近江俊郎が企画、製作、脚本、監督を担当し同じく杉本正二郎が撮影にあたった。主なる出演者は監督の近江俊郎の他、小畑實、青木光一、「銀座二十四帖」の浅丘ルリ子、「忘れないよ」の丹下キヨ子、三木のり平、城美保子など。

監督
近江俊郎
出演キャスト
小畑實 青木光一 近江俊郎 城美保子

忘れないよ

  • 1955年5月29日(日)公開
  • 監督、製作、原案、出演(夢夫 役)

「陽気な天国」の近江俊郎が、近江プロ第二回作品として製作、原案、監督、主演を担当する音楽喜劇。脚本は作曲の米山正夫が執筆。撮影も「陽気な天国」の杉本正二郎。主なる出演者は近江俊郎を初め、「陽気な天国」の三木のり平、丹下キヨ子、白根一男、城美保子のほか宮城まり子、森川信、千葉信男、市村俊幸などである。

監督
近江俊郎
出演キャスト
近江俊郎 宮城まり子 森川信 丹下キヨ子

陽気な天国

  • 1955年1月2日(日)公開
  • 製作、製作総指揮、原案

流行歌手近江後鄭が自ら製作主演する映画で、脚本と監督には古川緑波が当る彼の第一回監督作品である。撮影は劇映画から記録映画畑に転じていた杉本正二郎。近江と古川が出演するほか、「重盛君上京す」の森繁久蝋と三木のり平をはじめ東郷たまみ、暁テル子など。他に多くの特別出演者がある。

監督
古川緑波
出演キャスト
近江後郡 森繁久彌 三木のり平 古川緑波
1954年

桜まつり歌合戦

  • 1954年3月31日(水)公開
  • 出演

白鳥みづえの司会で人気歌手が男女に分かれ得意の唄を競い合う短編歌謡番組。監督は「こんな別嬪みたことない」の西村元男。出演は白鳥みづえ、淡谷のり子、服部富子、二葉あき子、久保幸江、暁テル子、近江俊郎、霧島昇、川田晴久、灰田勝彦、高英男。同時上映「山椒大夫」。

監督
西村元男
出演キャスト
白鳥みづえ 淡谷のり子 服部富子 二葉あき子
1953年

紅椿

  • 1953年11月10日(火)公開
  • 出演(三谷一夫 役)

キング・レコードとの提携作品である。「恋人のいる街」の中江良夫の脚本を、「街の小天狗」の吉村廉が監督し、「黒豹」の渡辺公夫か撮影にあたった。音楽は「続々十代の性典」の飯田三郎。「続々十代の性典」の船越英二、「血闘(1953)」の沢村美智子、「地の果てまで」の木村三津子、見明凡太朗などの他、近江俊郎、江利チエミ、津村謙、春日八郎、三条町子、高英男等、キング・レコード所属歌手が出演している。

監督
吉村廉
出演キャスト
船越英二 木村三津子 沢村美智子 江川宇禮雄
1951年

のど自慢三羽烏

  • 1951年11月16日(金)公開
  • 出演(人気歌手 役)

「炎の肌」のシナリオを書いた八住利雄の原作で、「伊豆物語」の館岡謙之助が脚色をしている。「母は嘆かず」の渡辺邦男の監督、「歌う野球小僧」の渡辺孝が撮影に当っている。出演者は「ホープさん」の小林桂樹、「東京悲歌」の沢村晶子、それに花菱アチャコ、清川虹子、吉川英蘭、霧立のぼるなどで、コロンビア専属の久保幸江、近江俊郎、奈良光枝、鶴田六郎などが特別出演している。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
小林桂樹 吉川英蘭 橘喜久子 花菱アチャコ

母を慕いて

  • 1951年7月27日(金)公開
  • 出演(高柳 役)

製作は「恋文裁判」の石田清吉、阿木翁助の原作を、「東京のお嬢さん」の池田忠雄、三郎に、「天明太郎」で齋藤良輔に協力した中村定郎を加えた三人の共同執筆により、「初恋トンコ娘」の斎藤寅次郎が監督に当っている。撮影は「感情旅行」の服部幹夫。主演者は、「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)」の美空ひばり、「春怨」の坪内美子、「東京のお嬢さん」の日守新一、「恋文裁判」の沢村貞子などのほか、清川虹子、坂本武、望月美惠子の脇役陣、田端義夫、近江俊郎等の歌謡歌手、淡島千景、灰田勝彦、晴彦兄弟、岡晴夫などの特別出演がある。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
坪内美子 美空ひばり 日守新一 清川虹子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 近江俊郎