TOP > 人物を探す > 大工哲弘

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2017年 まで合計4映画作品)

2017年

変魚路

  • 2017年1月14日(土)
  • 音楽

沖縄を舞台に「ウンタマギルー」などを手掛けてきた高嶺剛の18年ぶりの新作。死にぞこないばかりが暮らすパタイ村。自殺願望者たちの“生き直し”事業を営むタルガニと親友のパパジョーは、ご禁制の媚薬を盗んだ容疑で、村を逃げ出す羽目になるが……。出演は「ウンタマギルー」の平良進、「パラダイスビュー」の北村三郎。沖縄を拠点に活動する美術家・山城千佳子や、ジャズミュージシャンの坂田明などが参加し、摩訶不思議な映像世界を作り上げている。

監督
高嶺剛
出演キャスト
平良進 北村三郎 大城美佐子 川満勝弘
2016年

残波 ZAMPA

  • 2016年8月13日(土)
  • 出演(モリヤス 役)

沖縄を舞台に、原発で被爆した男の運命を描くダークファンタジー。監督・脚本は、「オバアは喜劇の女王 仲田幸子 沖縄芝居に生きる」の出馬康成。出演は、「ピンチランナー モーニング娘。」の美勇士、「ダーク・シャドウ」のYUSURA、琉球舞踊・玉城琉翔節会家元の玉城節子、ドラマ『キムタカ!』の伊禮俊一。2015年8月9日より沖縄・桜坂劇場にて先行公開。

監督
出馬康成
出演キャスト
美勇士 YUSURA 玉城節子 糸数美樹
2009年

荒木栄の歌が聞こえる

  • 2009年3月21日(土)
  • 出演

1960年、三井三池炭鉱の労働争議の中に現れた作曲家、荒木栄。労働者を励ます数多くの歌を作った彼の活動を、格差社会の現代の視点から振り返るドキュメンタリーだ。

監督
港健二郎
出演キャスト
hizuki 大工哲弘 ミネハハ ミヤギマモル
1979年

オキナワンチルダイ

  • 1979年2月25日(日)
  • 出演(コンディション・グリーン 役)

監督、撮影の高嶺剛が二年の歳月をかけて完成させたドキュメンタリー。ねむそうな表情の水牛。本土からの土地買い占めの商人、若い観光客と店のおばさん、原始人と宇宙人とキジムナー(木の精)との出会といった短い風景とドラマがオムニパス形式によって構成されたドキュメンタリー。“チルダイ”とは沖縄の日常語で“つい怠けてしまう”とか“嫌になってしまう”といった意味で、監督の高嶺はこの“チルダイ”を沖縄人が好むと好まざるにかかわらず、どうしても避けることのできない沖縄の地に根さした自然現象としてとらえ、天からの恵みである“チルダイ”を失ってしまった時こそ、沖縄はうまく日本になってしまうと、全篇を通じて言う。(16ミリ)

監督
高嶺剛
出演キャスト
知名定男 阿倍荘 平良とみ 大工哲弘

大工哲弘の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 大工哲弘