映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・マーシャル・グラント

年代別 映画作品( 1983年 ~ 1997年 まで合計6映画作品)

1997年

チェンバー 凍った絆

  • 1997年6月7日(土)公開
  • 出演(Governor McAllister 役)

ガス室による死刑執行が28日後に迫った人種主義殺人者の生命を救うべく、その孫である若き弁護士が奔走するサスペンス。「評決のとき」のジョン・グリシャムによる原作は、発表前からすでにプロデューサーのジョン・デイヴィスが映画化権を獲得していた。「身代金」のコンビ、ロン・ハワードとブライアン・グレイザーがともに製作に参加。脚本は「明日に向って撃て!」(アカデミーオリジナル脚本賞)、「大統領の陰謀」(同脚色賞)のウィリアム・ゴールドマン。監督は「摩天楼を夢みて」のジェームズ・フォーリー。撮影は「私に近い6人の他人」のイアン・ベイカー。美術は「ドラッグストア・カウボーイ」のデイヴィッド・ブリスビンと、「ミ・ファミリア」のトレシー・タイナン。編集は「ドライビング・ミス・デイジー」のマーク・ウーナー。主演は「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のクリス・オドネル。「クリムゾン・タイド」のジーン・ハックマンと「アリゾナ・ドリーム」のフェイ・ダナウェイは、「俺たちに明日はない」以来29年ぶりの共演となる。他に「デッドマン・ウォーキング」のロバート・プロスキーとレイモンド・J・バリー、「ため息つかせて」のレラ・ローコン、「ザ・ロック」のデイヴィッド・マーシャル・グラントなど。プロフットボールの元オールスター選手、ボー・ジャクソンが映画デビューを果たしたほか、法律面のテクニカル・アドバイザー、弁護士のレオナード・ヴィンセントも実名で出演している。

監督
ジェームズ・フォーリー
出演キャスト
クリス・オドネル ジーン・ハックマン フェイ・ダナウェイ ロバート・プロスキー
1996年

WISH 夢がかなう時

  • 1996年10月5日(土)公開
  • 出演(Phil 役)

ある家族の3つの夢をかなえた謎の男と、彼が父親になることを夢見た少年をめぐるファンタジー・ロマンス。監督は「ランブリング・ローズ」「愛に気づけば…」のマーサ・クーリッジ、製作はゲイリー・ルチェシ、クリフォード・グリーン、エレン・グリーン、エグゼクティヴ・プロデューサーはラリー・Y・アルブッチャーとキース・サンプルズ。脚本はエリザベス・アンダーソン、撮影はジョニー・E・ジェンセン、音楽はシンシア・ミラー、美術はジョン・ヴァロン、編集はスティーヴン・コーエン、衣裳はシェリー・コマロフ、SFXは「ジュラシック・パーク」のフィル・ティペットがそれぞれ担当。出演は「マイ・フレンド・フォーエバー」のジョゼフ・マゼロ、「ゴースト ニューヨークの幻」のパトリック・スウェイジ、「フールズ・オブ・フォーチュン」のメアリー・エリザベス・マストラントニオほか。

監督
マーサ・クーリッジ
出演キャスト
パトリック・スウェイジ メアリー・エリザベス・マストラントニオ ジョセフ・マゼロ Seth Mumy
1993年

フォーエヴァー・ヤング 時を超えた告白

  • 1993年3月13日(土)公開
  • 出演(Wilcox 役)

事故で昏睡状態に陥った恋人の回復を待つため、人工冬眠の実験台になった男が、現代に目覚める姿を描いたファンタジー・ドラマ。監督は「ミスター・ソウルマン」のスティーヴ・マイナー、製作はブルース・デイヴィ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「グリーン・カード」のエドワード・S・フェルドマンと、脚本も執筆した「心の旅」のジェフリー・エイブラムス。撮影は「燃えつきるまで」のラッセル・ボイド、音楽は「ミスター・ベースボール」のジェリー・ゴールドスミスが担当。主演は「リーサル・ウェポン3」のメル・ギブソン、「マイ・ガール」のジェイミー・リー・カーティス、「ラジオ・フライヤー」のイライジャ・ウッド、舞台出身で一流のタップ・ダンサーとして知られるイザベル・グラッサー。

監督
スティーヴ・マイナー
出演キャスト
メル・ギブソン ジェイミー・リー・カーティス イライジャ・ウッド イサベル・グラッサー
1991年

エア・アメリカ

  • 1991年2月16日(土)公開
  • 出演(Rob_Diehl 役)

ベトナム戦争下のラオス、ひたすら裏稼業に精を出す空の宅配便野郎たちの活躍を描く航空アクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサール、アンドリュー・ヴァイナ、製作はダニエル・メルニック、監督は「ターナー&フーチ すてきな相棒」のロジャー・スポティスウッド、脚本はクリストファー・ロビンズの原作を基にジョン・エスコウとリチャード・ラッシュの共同、撮影はロジャー・ディーキンス。音楽はチャールズ・グロスが担当し、全編を60年代ポップスが彩っている。出演はメル・ギブソン、ロバート・ダウニー・ジュニアほか。

監督
ロジャー・スポティスウッド
出演キャスト
メル・ギブソン ロバート・ダウニーJr. ナンシー・トラヴィス ケン・ジェンキンス
1989年

バット・21

  • 1989年3月25日(土)公開
  • 出演(Ross_Carver 役)

ヴェトナム戦争を舞台に、アメリカ戦略空軍の救出作戦とそこで芽生える友情を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェリー・リード、製作はデイヴィッド・フィッシャーとゲイリー・A・ニール、マイケル・バルソン、監督は「栄光のエンブレム」のピーター・マークル。ウィリアム・C・アンダーソンの実話を基に、脚本はアンダーソンとジョージ・ゴードンの共同、撮影はマーク・アーウィン、音楽はクリストファー・ヤングが担当。出演はジーン・ハックマン、ダニー・グローヴァーほか。

監督
ピーター・マークル
出演キャスト
ジーン・ハックマン ダニー・グローヴァー ジェリー・リード デイヴィッド・マーシャル・グラント
1983年

フレンチ・グラフィティ

  • 1983年4月29日(金)公開
  • 出演(Alex 役)

あこがれの都パリに留学したアメリカ人学生たちの恋と友情を描く青春ドラマ。製作はグロリア・カッツ、監督はカッツの夫ウィラード・ハイク(注・普通ヒュイックと表記されているが、「アメリカン・グラフィティ」で二人と一緒に仕事をしたゲーリー・カッツがハイクと発音していたので、ハイクと表記した)。脚本はカッツとハイクの夫婦が共作。撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はリー・ホールドリッジが担当した。出演はマイルス・チャピン、ブランチ・ベイカー、デイヴィッド・マーシャル・グラント、ヴァレリー・クイネッセン、マリー・フランス・ピジェなど。

監督
ウィラード・ハイク
出演キャスト
マイルス・チャピン ブランチ・ベイカー デイヴィッド・マーシャル・グラント ヴァレリー・クイネッセン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・マーシャル・グラント