映画-Movie Walker > 人物を探す > 松本典子

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1978年 まで合計17映画作品)

1978年

翼は心につけて

  • 1978年10月14日(土)公開
  • 出演(原主任看護婦 役)

ガンと闘い、右腕切断の大手術をうけながらも、わずか十五年の人生を明るく、たくましく精一杯生きた少女の姿を描く関根庄一原作の映画化。脚本は寺島アキ子と「アラスカ物語」を監督した堀川弘通の共同執筆、監督も同作の堀川弘通、撮影は中尾駿一郎がそれぞれ担当している。

監督
堀川弘通
出演キャスト
フランキー堺 香川京子 石田えり 上村和也
1970年

地の群れ

  • 1970年1月31日(土)公開
  • 出演(英子 役)

熊井啓と原作者の井上光晴が共同でシナリオを執筆、「黒部の太陽」の熊井啓が監督した社会ドラマ。撮影は墨谷尚之が担当した。

監督
熊井啓
出演キャスト
鈴木瑞穂 松本典子 寺田誠 紀比呂子
1967年

忍者武芸帳

  • 1967年2月15日(水)公開
  • 出演(声)(螢火 役)

白土三平原作の同名の長篇漫画を、「白昼の通り魔」の大島渚と佐々木守が共同で脚色し、大島渚が監督した長篇劇画。撮影は原画をそのまま写したもので、コンビの高田昭が担当。

監督
大島渚
出演キャスト
山本圭 小山明子 佐藤慶 松本典子
1966年

ヒロシマ一九六六

  • 1966年当年公開
  • 出演(内山淳子 役)

以前、大映の助監督で、今度独立プロ「新制作集団」を設立した白井更生の、第一回監督作品。「その夜は忘れない」のシナリオを執筆、「二四時間の情事」のチーフ助監督をつとめた白井更生が、シナリオを執筆し監督した実話に基く、ドキュメント・ドラマ。撮影は、新人金井勝が担当した。

監督
白井更生
出演キャスト
望月優子 寺田路恵 鈴木宏子 加藤剛

二人の世界

  • 1966年2月25日(金)公開
  • 出演(松崎照子 役)

「黒い賭博師 悪魔の左手」の小川英と「男の紋章 竜虎無情」の松尾昭典が共同でシナリオを執筆、松尾昭典が監督した歌謡もの。撮影は「四つの恋の物語(1966)」の岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
石原裕次郎 浅丘ルリ子 二谷英明 深江章喜
1964年

敗れざるもの

  • 1964年10月30日(金)公開
  • 出演(三好看護婦 役)

石原慎太郎の“小さき闘い”より山中恒が脚色「風と樹と空と」の松尾昭典が監督した社会ドラマ。撮影は「帰郷(1964)」の横山実。

監督
松尾昭典
出演キャスト
石原裕次郎 小倉一郎 宇佐美淳也 三宅邦子
1963年

続男の紋章

  • 1963年11月10日(日)公開
  • 出演(絹江 役)

「虎の子作戦」の甲斐久尊がオリジナル・シナリオを執筆、「関東遊侠伝」の松尾昭典が監督した仁侠もの。撮影も、コンビの岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 近藤宏 杉山俊夫

示談屋

  • 1963年10月30日(水)公開
  • 出演(住友マリ 役)

「視界ゼロの脱出」の安藤日出男が原作・脚色、「銀座の次郎長」の井田探が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの萩原泉。

監督
井田探
出演キャスト
小沢栄太郎 川地民夫 松本典子 久里千春

競輪上人行状記

  • 1963年10月13日(日)公開
  • 出演(佐山徳子 役)

寺内大吉の原作より「サムライの子」の今村昌平と大西信行が共同で脚色、西村昭五郎が監督した喜劇。撮影は、「風が呼んでる旋風児 銀座無頼帖」の永塚一栄。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
小沢昭一 加藤嘉 河合健二 南田洋子

夜の勲章(1963)

  • 1963年3月31日(日)公開
  • 出演(夏木瑛子 役)

藤原審爾原作を「灼熱の椅子」の神原孝史と千野皓司が共同で脚色、「歌う暴れん坊」の松尾昭典が監督したアクションもの。撮影は「鉛をぶちこめ」の岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
小林旭 星ナオミ 松本典子 二木佑子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松本典子