映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルース・キャンベル

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2006年 まで合計20映画作品)

2006年

プレスリー VS ミイラ男

  • 2006年12月16日(土)公開
  • 出演(エルヴィス・プレスリー 役)

老人ホームに入居するエルヴィス・プレスリーが、邪悪な事件を引き起こすミイラ男と戦うアクション・ホラー。監督は「ファンタズム」のドン・コスカレリ。出演は「死霊のはらわた」のブルース・キャンベル、「ドウ・ザ・ライトシング」のオシー・デイヴィス。

監督
ドン・コスカレリ
出演キャスト
ブルース・キャンベル オジー・デイヴィス エラ・ジョイス ハイディ・マーンハウト

アントブリー

  • 2006年10月7日(土)公開
  • 出演(声)(フーガックス 役)

アリと同サイズになった少年が、アリたちとともに共同生活の大切さを学んでゆくアドベンチャー。製作は「ポーラー・エクスプレス」のトム・ハンクス&ゲイリー・ゲッツマン。

監督
ジョン・A・デイヴィス
出演キャスト
ザック・タイラー ニコラス・ケイジ メリル・ストリープ ジュリア・ロバーツ
2005年

エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画

  • 2005年11月19日(土)公開
  • 出演(Gordon Moore 役)

「オースティン・パワーズ」のセクシー女優エリザベス・ハーレーと、人気ドラマ「フレンズ」のマシュー・ペリーが共演。お色気&ギャグ満載のロマンチック・コメディ。

監督
レジナルド・ハドリン
出演キャスト
マシュー・ペリー エリザベス・ハーレイ ヴィンセント・パストーレ ブルース・キャンベル
2003年

死霊のはらわた(20周年アニバーサリー)

  • 2003年2月8日(土)公開
  • 製作総指揮、出演(Ashly 'Ash' J. Williams 役)

「スパイダーマン」のサム・ライミ監督による衝撃のデビュー作が、デジタルサウンドで復活! 森深き山小屋を舞台に、ゾンビたちと人間の壮絶な闘いを描く名作ホラーだ。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
ブルース・キャンベル エレン・サンドワイス ベッツィ・ベイカー セイラ・ヨーク
2001年

フロム・ダスク・ティル・ドーン2

  • 2001年4月28日(土)公開
  • 出演(Barry 役)

ロバート・ロドリゲス監督とクエンティン・タランティーノの顔合わせが話題を呼んだ、バイオレンス・ホラーの続編。銃撃戦や肉弾戦などコミック調のアクションに、エキサイト必至!

監督
スコット・スピーゲル
出演キャスト
ロバート・パトリック ボー・ホプキンス デュエイン・ウィテカー ミューズ・ワトソン
2000年

アイスリンク

  • 2000年8月12日(土)公開
  • 出演(Actor 役)

 「ムッシュー」の人気作家J=P・トゥーサンが、初の映画用書き下ろし脚本を映画化。なれない氷の上で四苦八苦する映画クルーの奮闘を描いた、キュートなコメディだ。

監督
ジャン・フィリップ・トゥーサン
出演キャスト
トム・ノヴァンブル ブルース・キャンベル ドロレス・チャップリン ミレーユ・ペリエ
1996年

エスケープ・フロム・L.A.

  • 1996年11月23日(土)公開
  • 出演(Surgeon General of Beverly Hills 役)

大地震で陸の孤島と化した近未来のL.A.を舞台に、世界を震撼させる新兵器奪還の密命を帯びて送り込まれたアンチ・ヒーロー、スネーク・プリスケンの活躍を描いたSFアクション。「光る眼」のジョン・カーペンター監督、「フィッシャー・キング」などのデブラ・ヒル製作、「エグゼクティブ デシジョン」のカート・ラッセル主演のトリオが81年に発表した傑作「ニューヨーク1997」の実に15年ぶりの続編で、製作費は700万ドルから5千万ドルへと大幅にアッブ。製作はデブラ・ヒルと主演のカート・ラッセルで、脚本はカーペンターはじめ3人の共同。撮影は「マウス・オブ・マッドネス」「光る眼」とカーペンターと連続して組むゲイリー・B・キッビ。音楽は、全18作の映画中これが自ら手がけた15本目となるカーペンターと、「透明人間」で組んだシャーリー・ウォーカー。美術は「ブレードランナー」のローレンス・G・ポール、編集はエドワード・A・ワーシルカ。視覚効果監修はキンバリー・K・ネルソン、特殊効果コーディネーターはマーティ・ブレシン、特殊メイクはリック・ベイカーが担当。共演は「勇気あるもの」のクリフ・ロバートソン、「コロンブス」のジョージ・コラフェイス、「壁の中に誰かがいる」のA・J・ランガー、「デンバーに死す時」のスティーヴ・ブシェーミ、「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ、「コンゴ」のブルース・キャンベル、「フォー・ルームス」のヴァレリア・ゴリノ、カーペンター演出のTVドラマ『ボディ・バッグス』(V)のステイシー・キーチほか多彩な顔ぶれ。

監督
ジョン・カーペンター
出演キャスト
カート・ラッセル A・J・ランガー スティーヴ・ブシェーミ ジョージ・コラフェイス

ファーゴ

  • 1996年11月9日(土)公開
  • 出演(Soap Opera Star on TV 役)

雪深いアメリカの田舎町を舞台に、ほんの手違いで単純な偽装誘拐から血生臭い殺人へと発展していく犯罪事件の顛末を描いた異色作。多彩な登場人物が織り成す、滑稽で哀しい事件を通した逆説的な人間讃歌が、えも言われぬ味わいを醸し出す。監督・脚本はイーサン・コーエン、製作・脚本はジョエル・コーエンのコーエン兄弟で、彼らの第6作に当たる。スタイリッシュな犯罪ドラマというジャンル、舞台が彼らの故郷である米中西部という2点から、ビッグ・バジェットの前作「未来は今」から一転、兄弟が原点回帰を目指した作品といえる。エグゼクティヴ・プロデューサーは「デッドマン・ウォーキング」のコンビ、ティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー。撮影は、コーエン兄弟とは「バートン・フィンク」「未来は今」に続いて組むロジャー・ディーキンス、スカンジナビア民謡をフィーチャーした音楽は、兄弟の全作に参加しているカーター・バーウェル。美術は、ディズニーのアニメーター出身で「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」でビジュアル・コンサルタントを務めたリック・ヘインリックス、編集はロデリック・ジェインズ、衣裳は「ジム・キャリーはMr.ダマー」のメアリー・ゾフレスが担当。主演は、ジョエル・コーエンの妻で「真実の行方」のフランセス・マクドーマンド。今作で96年度アカデミー主演女優賞を受賞した。共演は「デンバーに死す時」のスティーヴ・ブシェーミ、「潜望鏡を上げろ」のウィリアム・H・メイシー、スウェーデン出身の舞台俳優で「ダメージ」などの映画出演作もあるピーター・ストーメア、「ペンチャー・ワゴン」以来25年ぶりに映画に復帰したハーヴ・プレスネルほか。第49回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞受賞。96年度キネマ旬報外国映画ベストテン第4位。

監督
ジョエル・コーエン
出演キャスト
フランシス・マクドーマンド スティーヴ・ブシェーミ ウィリアム・H・メイシー ピーター・ストーメア
1995年

クイック&デッド

  • 1995年11月18日(土)公開
  • 出演(Wedding Shemp 役)

タフでセクシーな女ガンマンの雄姿を描いたウエスタン。「キャプテン・スーパーマーケット」のサム・ライミが監督にあたり、マカロニ・ウエスタンにオマージュを捧げたムードや凝りに凝ったガンファイトの演出、さらに共同製作も兼ねる主演のシャロン・ストーンの女丈夫ぶりが見もの。製作はジョシュア・ドネン、アレン・シャピロ、パトリック・マーキー。エグゼクティヴ・プロデュサーはトビー・ジャフェと、アマチュア時代からのライミの盟友ロバート・タパート。脚本は英国人のサイモン・ムーア。撮影は「ラスト・オブ・モヒカン」のダンテ・スピノッティ、音楽は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のアラン・シルヴェストリ、美術は「アマデウス」のパトリシア・フォン・ブランデンスタイン。共演は「クリムゾン・タイド」のジーン・ハックマン、「ギルバート・グレイプ」のレオナルド・ディカプリオ、「NO WAY BACK/逃走遊戯」のラッセル・クロウら。なお本作は棺桶屋の役で出演し、これが遺作となった黒人ウエスタン・スターのウディ・ストロードに捧げられている。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
シャロン・ストーン ジーン・ハックマン ラッセル・クロウ レオナルド・ディカプリオ

コンゴ

  • 1995年10月21日(土)公開
  • 出演(Charles Travis 役)

アフリカの奥地を目指して進む、ハイテクを装備した探検隊の冒険行を描いたエンターテインメント大作。「ジュラシック・パーク」「ディスクロージャー」の原作者、マイケル・クライトンの『失われた黄金都市』(80、ハヤカワ文庫・刊)を、「アラクノフォビア」「生きてこそ」のフランク・マーシャルの監督で映画化。製作は公私に渡り彼の良きパートナーたるキャスリーン・ケネディと、サム・マーサーの共同。脚本は「生きてこそ」「月の輝く夜に」のジョン・パトリック・シャンレイ。撮影は「バグジー」のアレン・ダヴュー、音楽は「氷の微笑」のジェリー・ゴールドスミス、美術は「リーサル・ウェポン」のJ・マイケル・リヴァ。特殊視覚効果のI.L.M.、クリーチャー・デザインのスタン・ウィンストンら、「ジュラシック・パーク」のSFXスタッフが結集。出演は「ノーバディーズ・フール」のディラン・ウォルシュ、「ボビー・フィッシャーを探して」のローラ・リニー、「ノー・エスケイプ」のアーニー・ハドソン、「シャドー」のティム・カリー、「未来は今」のブルース・キャンベルら地味ながら個性派揃い。

監督
フランク・マーシャル
出演キャスト
ディラン・ウォルシュ ローラ・リニー アーニー・ハドソン ティム・カリー

関連ニュース

「良い体だねって言ったら怒る?」ブルース・キャンベルが女性の口説き方を公開!
「良い体だねって言ったら怒る?」ブルース・キャンベルが女性の口説き方を公開!(2011年12月26日)

2012年1月7日(土)にDVDが発売される「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4」の特典映像に含まれる「ブルース・キャンベルが語るサム・アックス」の…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルース・キャンベル