映画-Movie Walker > 人物を探す > 谷川俊太郎

年代別 映画作品( 1965年 ~ 2015年 まで合計11映画作品)

2015年

Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録

  • 2015年3月20日(金)公開
  • 出演

2009年以降まっすぐな思いをぶつける独特な言葉選びとパフォーマンスで注目され、2011年には詩人・谷川俊太郎の『生きる』を音源化し初のアルバムを発表、その矢先に事故で急逝したポエトリーラッパー、不可思議/wonderboy。彼の未発表のライブ映像や谷川俊太郎やアルバムをリリースしたLOW HIGH WHO? PRODUCTION代表のParanelら関係者の証言から、死後もなおインターネットや仲間のライブを通じ知られ人々の心を打ち続ける彼の姿を追ったドキュメンタリー。監督はPerfume『Dream Fighter』やサカナクション『アルクアラウンド』などのミュージックビデオを手がける関和亮。本作が映画初監督作品となる。また、不可思議/wonderboyが生前大ファンだった漫画家・浅野いにおが本作の題字を書いている。

監督
関和亮
出演キャスト
Utatane/Nayuta 観音クリエイション 狐火 桑原滝弥
2011年

かすかな光へ

  • 2011年7月30日(土)公開
  • 原作、朗読

教育研究者であり東京大学名誉教授でもある大田堯氏が辿ってきた人生と、教育に賭ける情熱を追ったドキュメンタリー。谷川俊太郎の同名詩集に収められた詩を、谷川本人の朗読で挿入。監督は、夜間中学を取材した「こんばんは」などの作品で青春と学びを描いてきた森康行。「石内尋常高等小学校 花は散れども」の林光が音楽を担当。

監督
森康行
出演キャスト
谷川俊太郎 津嘉山正種
2008年

ヤーチャイカ

  • 2008年5月31日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

香川照之を主演に、詩人・覚和歌子がつづった一編の詩を映画化したドラマ。心に傷を負った男女の出会いと恋を、静止写真を連続させるユニークな手法で映し出す。

監督
覚和歌子 谷川俊太郎
出演キャスト
香川照之 尾野真千子 コモブチキイチロウ 高松いく
2006年

ハリヨの夏

  • 2006年10月14日(土)公開
  • 出演(三木先生 役)

新人女性監督の中村真夕が注目の若手女優、於保佐代子を主演に迎えた青春映画。予期せぬ妊娠と出産に見舞われた少女の揺れる心情を、みずみずしく映し出す。

監督
中村真夕
出演キャスト
於保佐代子 風吹ジュン キャメロン・スティール 高良健吾
1986年

子猫物語

  • 1986年7月12日(土)公開

様々な動物たちと出会い、別れながら成長していく茶虎の子猫の姿を描く。脚本、監督は北海道に動物王国を持つムツゴロウこと作家の畑正憲。協力監督は「ビルマの竪琴(1956)」の市川崑。撮影は「犬死にせしもの」の藤井秀男と富田真司がそれぞれ担当。

監督
畑正憲 市川崑
1978年

火の鳥(1978)

  • 1978年8月12日(土)公開
  • 脚本

生とは……?死とは……?そして命とは……?人間が存在する限り、永遠の宿命的問題を壮大なスケールで描いた手塚治虫原作『火の鳥』の古代ヤマタイ国を舞台にした第一部『黎明篇』の映画化。脚本は詩人の谷川俊太郎、監督は「女王蜂(1978)」の市川崑、撮影は「女王蜂(1978)」の長谷川清、特撮監督は「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE」の中野昭慶がそれぞれ担当。1978年8月19日より全国公開。

監督
市川崑
出演キャスト
若山富三郎 尾美としのり 高峰三枝子 江守徹
1973年

時よとまれ 君は美しい ミュンヘンの17日

  • 1973年9月22日(土)公開
  • 脚本

1972年、史上最大の規模で行なわれたミュンヘン・オリンピックの公式記録映画。製作は「大自然の闘争」のデイヴィッド・ウォルパーとスタン・マーグリース。全編の音楽はヘンリー・マンシーニが担当。日本語版監修は清水俊二。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1973年作品。

監督
ユーリー・オゼロフ マイ・セッタリング アーサー・ペン ミハエル・プレガー

股旅

  • 1973年4月7日(土)公開
  • 脚本

義理人情というものは日本人の性格の中から生まれたものなのか、庶民が望んでいたのか、それとも為政者から押しつけられたものなのか。日本人という正体(現代)を義理人情を、自由を求めて、流れ、流れる無宿人の若者を通して解明する。脚本は谷川俊太郎、監督は「第50回全国高校野球選手権大会 青春」の市川崑で、初めてのATG作品。撮影は「音楽」の小林節雄。

監督
市川崑
出演キャスト
小倉一郎 尾藤イサオ 萩原健一 井上れい子
1971年

愛ふたたび

  • 1971年5月22日(土)公開
  • 脚本

フランスの人気男優、ルノー・ベルレーと浅丘ルリ子の共演。フランス青年と美しい日本女性の愛の物語。監督は三十九年の「ど根性物語 銭の踊り」以来六年ぶりに劇映画に取り組む「第50回全国高校野球選手権大会 青春」の市川崑。脚本は詩人の谷川俊太郎。撮影は「日本一のヤクザ男」の長谷川清がそれぞれ担当。

監督
市川崑
出演キャスト
ルノー・ベルレー 浅丘ルリ子 グラシエラ・ロペス・コロンブレス 石立鉄男
1968年

第50回全国高校野球選手権大会 青春

  • 1968年9月21日(土)公開
  • 脚本

全国高校野球選手権大会の大会五十回を記念して企画、製作された長篇記録映画。四年前、「東京オリンピック」で話題をなげた市川崑が総監督として、甲子園を目標に励む球児や晴れの舞台で活躍する選手たちを、“青春”をテーマに描いたもの。

監督
市川崑
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 谷川俊太郎