TOP > 映画監督・俳優を探す > 岩見良二

年代別 映画作品( 1978年 ~ 1979年 まで合計5映画作品)

1979年

宇能鴻一郎の看護婦寮日記

  • 1979年3月3日(土)
  • 制作補

男子禁制の白い天使の館、看護婦寮に珍入した“赤い強姦魔”の大騒動を描くピンクコメディ。宇能鴻一郎の『日刊ゲンダイ』に連載された原作をもとに脚本は宮下教雄、監督は「おんなの寝室 好きくらべ」の白鳥信一、撮影は「修道女 濡れ縄ざんげ」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
水島美奈子 片桐夕子 坂本長利 小見山玉樹
1978年

ピンクサロン 好色五人女

  • 1978年11月3日(金)
  • 制作補

ストリッパー、人妻などの女達がピンクサロンのホステスとなり、転落していく姿を描く、井原西鶴の「好色五人女」をもとに映画化したもの。脚本は「オリオンの殺意より 情事の方程式」のいどあきお、監督は「人妻集団暴行致死事件」の田中登、撮影も同作の森勝がそれぞれ担当している。

監督
田中登
出演キャスト
青山恭子 宮井えりな 松田暎子 山口美也子

おんな刑務所

  • 1978年10月7日(土)
  • 制作補

男の裏切りにあい、刑務所に入った女が、自分と同じような道をたどる女を助けることで、新たに人生をやりなおそうとする姿を描く。脚本は「金曜日の寝室」の桂千穂、監督は「(秘)肉体調教師」の白井伸明、撮影は「20歳の性白書 のけぞる」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
白井伸明
出演キャスト
宮井えりな 八城夏子 伊吹徹 風戸佑介

帰らざる日々

  • 1978年8月19日(土)
  • 制作補

作家を志しながら、キャバレーのボーイをしている青年の現在と故郷の高校時代の青春を描く、中岡京平の第三回城戸賞受賞作「夏の栄光」の映画化。脚本は「危険な関係(1978)」の藤田敏八と中岡京平、監督も同作の藤田敏八、撮影は「黒薔薇夫人」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
江藤潤 永島敏行 朝丘雪路 根岸季衣

淫絶海女 うずく

  • 1978年7月22日(土)
  • 制作補

漁師町を背景に網本の息子と海女の関係を描く。脚本は「20歳の性白書 のけぞる」の池田正一、監督は「若妻日記 悶える」の林功、撮影は「ザ・コールガール 情痴の檻」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
林功
出演キャスト
八城夏子 青木奈美 橘雪子 桂たまき

岩見良二の関連人物

島村謙次  八代康二  日夏たより  飯田紅子  八城夏子 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 岩見良二

ムービーウォーカー 上へ戻る