TOP > 人物を探す > 田村晃雄

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1978年 まで合計49映画作品)

1978年

オレンジロード急行

  • 1978年4月29日(土)
  • 照明

海賊放送を続ける心優しい若者と、したたかな行動派で、自動車泥捧を続ける二人の老人との交流を描く、城戸賞を受賞した大森一樹脚本の映画化。脚本・監督は「暗くなるまで待てない!」の大森一樹、撮影は「瞳の中の訪問者」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大森一樹
出演キャスト
嵐寛寿郎 岡田嘉子 森本レオ 中島ゆたか
1968年

ケメ子の唄

  • 1968年3月16日(土)
  • 照明

中原竜太の原案を「あるセックス・ドクターの記録」の高橋二三と、新人の植村信吉、田向正健の三人が共同でシナリオ化し、これが監督昇進第一作の田中康義が監督したヒットソングの映画化。撮影は「やればやれるぜ 全員集合!!」の堂脇博。 ゴーゴーの大好きな少女ケメ子は、ある日、自殺しようとしている二人の男に会った。倒産した不動産屋六造と、元バレエ教師の恭介である。ケメ子が邪魔で自殺を決行できない二人は、やむなくケメ子とともに恭介のバレエ練習場に行った。そこで練習していた進たちのバンドと共にケメ子が踊り出すと、恭介は彼女の素質を見抜いて、大スターにしようと決心した。もちろん、自殺をとりやめた六造も、その宣伝を買って出たのだ。数日後、ケメ子はテレビのゴーゴー大会に出場して優勝した。優勝者はアフリカへ行けると聞いて、ケメ子は喜んだ。というのは、ケメ子の恋人次郎は、アフリカへ行くことと、スカイダイビングに青春の夢をかけていたからだ。そんなとき、ケメ子はゴーゴークラブの前の大通りで踊りくるい、警察に捕まってしまった。しかし、これは逆にケメ子の宣伝になり、彼女は一躍、スターになってしまったのだ。ケメ子はおかげで、いっぱいに組まれたスケジュールに身体を縛られてしまった。彼女は日ごとにスターらしくなっていったが、ある日、忙がしさに耐えきれず、ふと姿を隠して次郎を訪ねた。しかし、次郎はスターになったケメ子には冷たかった。ケメ子はさびしく次郎の許を去り、行きつけのゴーゴークラブに行ったが、そこには進たちがいて彼女を暖かく迎えてくれた。一方、次郎はアフリカ行きが決って、やはり愛しているケメ子に真っさきにそれを知らせた。たまたまそこに居合わせたミッキーは、ケメ子のことで次郎と争った。それを見て次郎がやはり自分を愛していると知ったケメ子は、次郎に抱きついたとき、恭介が駆けつけてきた。しかし、ケメ子には再びスターに戻る気持ちはなかった。

監督
田中康義
出演キャスト
小山ルミ 谷幹一 川崎敬三 竹脇無我

やればやれるぜ 全員集合!!

  • 1968年1月3日(水)
  • 照明

「女の一生(1967)」の森崎東と「なにはなくとも 全員集合!!」の渡辺祐介が共同でシナリオを執筆し、渡辺祐介か監督した“全員集合!!”シリーズ第二作目。撮影はコンビの堂脇博。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
いかりや長介 荒井注 高木ブー 仲本工事
1967年

なにはなくとも 全員集合!!

  • 1967年8月5日(土)
  • 照明

田波靖男の原作を、「ある殺し屋」の石松愛弘と、「男なんてなにさ」の渡辺祐介が共同で脚色し、渡辺祐介が監督したコメディ。撮影は「フォークで行こう 銀嶺は恋してる」の堂脇博。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
三木のり平 加藤茶 仲本工事 福岡正剛
1966年

暖春

  • 1966年12月31日(土)
  • 照明

里見とんと小津安二郎の原作を「ぜったい多数」の中村登が脚色・監督した青春もの。撮影は「夜の片鱗」の成島東一郎。

監督
中村登
出演キャスト
森光子 岩下志麻 山形勲 三宅邦子
1965年

雪国(1965)

  • 1965年4月10日(土)
  • 照明

川端康成の同名小説を「二人だけの砦」の斎藤良輔と「残菊物語(1963)」の大庭秀雄が共同で脚色大庭秀雄が監督した文芸もの。撮影は「夜の片鱗」の成島東一郎。

監督
大庭秀雄
出演キャスト
木村功 岩下志麻 桜京美 加賀まりこ
1964年

二十一歳の父

  • 1964年3月29日(日)
  • 照明

曽野綾子の原作を「鏡の中の裸像」を監督した中村登が脚色、監督した文芸もの。撮影は「嵐を呼ぶ十八人」の成島東一郎。

監督
中村登
出演キャスト
山形勲 風見章子 高橋幸治 岩崎加根子

愛・その奇跡

  • 1964年12月12日(土)
  • 照明

野中晃治原作“奇跡の妻”を、寺島アキ子が脚色「こちら婦人科」の田畠恒男が監督した女性ドラマ。撮影はコンビの上田浩。

監督
田畠恒男
出演キャスト
早川保 真理明美 三津田健 信欣三

夜の片鱗

  • 1964年11月1日(日)
  • 照明

太田経子の原作を「古都(1963)」でコンビの権藤利英が脚色、中村登が監督した風俗ドラマ。撮影もコンビの成島東一郎。

監督
中村登
出演キャスト
桑野みゆき 平幹二朗 園井啓介 岩本多代

日本脱出

  • 1964年7月4日(土)
  • 照明

「嵐を呼ぶ十八人」の吉田喜重がオリジナル・シナリオを執筆、監督したアクションドラマ。撮影は「二十一歳の父」の成島東一郎。

監督
吉田喜重
出演キャスト
鈴木ヤスシ 桑野みゆき 待田京介 内田良平

田村晃雄の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 田村晃雄