映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐伯秀男

年代別 映画作品( 1946年 ~ 2001年 まで合計39映画作品)

2001年

忘れられぬ人々

  • 2001年9月15日(土)公開
  • 出演(鈴木 役)

「おかえり」の篠崎誠監督が、大ベテランの老優3人を主演に迎えた人間ドラマ。戦争体験を経て今を生きる男たちの姿を通して、人間の誇りと優しさが感動的に描かれる。

監督
篠崎誠
出演キャスト
三橋達也 大木実 青木富夫 内海桂子
1978年

多羅尾伴内

  • 1978年4月8日(土)公開
  • 出演(吉村会頭 役)

七つの顔を巧妙に使い分け、悪を退治する私立探偵の姿を描く、比佐芳武原作の同題名小説の映画化。脚本は「日本の首領 野望篇」の高田宏治、監督は「トラック野郎 男一匹桃次郎」の鈴木則文、撮影は「発情痴帯」の出先哲也がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
小林旭 八代亜紀 夏樹陽子 竹井みどり
1960年

続々べらんめえ芸者

  • 1960年8月7日(日)公開
  • 出演(竹葉の恋人市川文之丞 役)

べらんめえ芸者シリーズの第三作で、「暴れん坊兄弟」の鷹沢和善の脚本を、「続ずべ公天使 七色の花嫁」の小石栄一が監督した明朗編。撮影は「東から来た流れ者」の西川庄衛。

監督
小石栄一
出演キャスト
美空ひばり 浪花千栄子 高倉健 進藤英太郎

殺されるのは御免だ

  • 1960年4月23日(土)公開
  • 出演(高岩 役)

田辺虎男・阿部計の脚本を新進原功が監督したアクション・ドラマ。撮影は森隆司郎。

監督
原功
出演キャスト
梅若正二 三ツ矢歌子 殿山泰司 左京路子
1959年

水戸黄門とあばれ姫

  • 1959年12月1日(火)公開
  • 出演(隆光 役)

悪家老を相手に活躍する美姫と、これを援ける水戸黄門の奮闘ぶりを描いたおなじみの娯楽時代劇。「日本ロマンス旅行」の岡戸利秋と「大暴れ女侠客陣」の共同執筆者・芝二郎のオリジナル・シナリオを、「怪談鏡ケ淵」の毛利正樹が監督した。撮影は、「まぼろし鷹」の山中晋が担当した。

監督
毛利正樹
出演キャスト
小畑絹子 浜野桂子 高松政雄 坂東好太郎

雷電(1959)

  • 1959年11月23日(月)公開
  • 出演(小野川 役)

尾崎士郎の原作を、「復讐秘文字峠 (前後篇)」の杉本彰と、中川信夫が脚色し、「東海道四谷怪談」の中川信夫が監督したもので、大関雷電為右衛門の青春時代を描いたもの。撮影も「東海道四谷怪談」の西本正。

監督
中川信夫
出演キャスト
宇津井健 北沢典子 坂東好太郎 林幹

明治大帝と乃木将軍

  • 1959年11月1日(日)公開
  • 出演(山岡少佐 役)

「明治天皇と日露大戦争」「天皇・皇后と日清戦争」につづく新東宝“天皇三部作”の最終篇。大蔵貢が原作を書き、「大東亜戦争と国際裁判」の館岡謙之助が脚色、「静かなり暁の戦場」の小森白が監督した。撮影は「九十九本目の生娘」の岡戸嘉外。

監督
小森白
出演キャスト
嵐寛寿郎 高倉みゆき 林寛 村瀬幸子

復讐秘文字峠(前後篇)

  • 1959年8月15日(土)公開
  • 出演(山路主計 役)

林不忘の「煩悩秘文書」を、「海女の化物屋敷」の共同執筆者・杉本彰が脚色、「まぼろし鷹」の山田達雄が監督した娯楽時代劇。撮影は「東支那海の女傑」の平野好美。

監督
山田達雄
出演キャスト
嵐寛寿郎 江見俊太郎 明智十三郎 阪東好太郎

狂った欲望

  • 1959年8月1日(土)公開
  • 出演(武蔵刑事 役)

園生義人の『女子学園殺人事件』を、松井稔と小林悟が共同で脚色・監督した性犯罪ドラマ。撮影は「暴力娘」の岩橋秀光。

監督
松井稔 小林悟
出演キャスト
浅見比呂志 畑爽 万里昌代 星輝美

海女の化物屋敷

  • 1959年7月17日(金)公開
  • 出演(青山史郎 役)

葭原幸造の原案から、杉本彰・赤司直が脚本を書き、「暴力娘」の曲谷守平が監督した海女ものスリラー。撮影は「無警察」の岡戸嘉外。

監督
曲谷守平
出演キャスト
三原葉子 菅原文太 瀬戸麗子 山村邦子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐伯秀男