TOP > 映画監督・俳優を探す > 一ノ瀬康子

年代別 映画作品( 1977年 ~ 1980年 まで合計2映画作品)

1980年

きらめきの季節

  • 1980年2月16日(土)
  • 出演(鮎沢久美子 役)

心臓発作の持病をもつ少女が病を克服して卓球高校チャンピオンになるまでを描く。若桜木虔の小説『白球を叩け』の映画化で、脚本は長坂秀佳、監督は「難病『再生不良性貧血症』と闘う 君はいま光のなかに」の吉田憲二、撮影も同作の大津幸四郎がそれぞれ担当。

監督
吉田憲二
出演キャスト
一ノ瀬康子 高橋悦史 香野なつみ 川上夏代
1977年

獄門島(1977)

  • 1977年8月27日(土)
  • 出演(鬼頭花子 役)

「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄(1977)」に続き、原作・横溝正史、監督・市川崑、主演・石坂浩二のトリオが三たび放つ横溝シリーズ。封建的な古い因習の中で、本鬼頭と分鬼頭が対立する獄門島へきた金田一耕助が、連続殺人事件にまきこまれる姿を描く。脚本は「悪魔の手毬唄(1977)」の久里子亭、監督は同作の市川崑、撮影も同作の長谷川清がそれぞれ担当。

監督
市川崑
出演キャスト
石坂浩二 大原麗子 草笛光子 太地喜和子

一ノ瀬康子の関連人物

河野満  長谷川信彦  峰川貴子  浅見ひろ子  中里ひろみ 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 一ノ瀬康子

ムービーウォーカー 上へ戻る