映画-Movie Walker > 人物を探す > 町田祥子

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1977年 まで合計40映画作品)

1977年

霧の旗(1977)

  • 1977年12月17日(土)公開
  • 出演(クラブ・「海草」のマダム 役)

雑誌記者との愛も捨て、獄死した兄の弁護を断った弁護士に復讐する女の姿を描く。脚本は服部佳、監督は「春琴抄」の西河克己、撮影は「女教師」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
山口百恵 三浦友和 関口宏 三國連太郎

先生のつうしんぼ

  • 1977年8月25日(木)公開
  • 出演(文子の母親 役)

ふとしたことから、先生にも通信簿をつけてやろうと思いつく少年吾郎と、同級生たちとの交友ぶりが展開される中で、新任の先生と、マユの観察を通して深くはぐくまれてゆく信頼の芽と、生きた教育とは何かを熱っぽく描く。脚本は「わんぱくパック まなつのよるのゆめ」の加藤盟と「感じるんです」の吉原幸夫、監督は「サチコの幸」の武田一成、撮影は「おさわりサロン おしぼりでお待ちします」の仁村秀信。

監督
武田一成
出演キャスト
渡辺篤史 大橋伸予 木村政彦 中田光利
1971年

男の世界(1971)

  • 1971年1月13日(水)公開
  • 出演(ユキ 役)

過去の復讐をするために、カナダから暗黒街に舞い戻った一匹狼が、やくざ組織に闘いをいどむアクション篇。脚本は「野良猫ロック マシンアニマル」の中西隆三。監督、撮影も同作の長谷部安春と山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
長谷部安春
出演キャスト
石原裕次郎 沖雅也 鳥居恵子 内田良平
1970年

日本最大の顔役

  • 1970年4月18日(土)公開
  • 出演(明子 役)

佐治乾と中野顕彰が脚本を共同執筆、「喧嘩博徒 地獄の花道」の松尾昭典が監督したやくざもの。撮影は同作の岩佐一泉が担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
小林旭 深江章喜 ジェリー藤尾 井上昭文

盛り場仁義

  • 1970年1月24日(土)公開
  • 出演(しのぶ 役)

藤井鷹史、横田与志、鈴樹三千夫が脚本を共同執筆し「広域暴力 流血の縄張」のコンビ長谷部安春、上田宗男が監督・撮影を担当した仁侠アクション。

監督
長谷部安春
出演キャスト
北島三郎 三波伸介 里見浩太朗 川地民夫
1969年

やくざ非情史 刑務所兄弟

  • 1969年7月26日(土)公開
  • 出演(加代子 役)

安藤昇の原案を、「夜の最前線 東京女地図」の中西隆三が脚色し、「代紋 地獄の盃」の松尾昭典が監督した現代任侠アクション。撮影は星信夫が担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
安藤昇 丹波哲郎 川地民夫 本間千代子

あらくれ(1969)

  • 1969年6月14日(土)公開
  • 出演(芸者まり子 役)

「博徒百人」の山崎巌が、脚本を書き「野獣を消せ」の長谷部安春が監督した任侠アクションもの。撮影は「縄張はもらった」の上田宗男。

監督
長谷部安春
出演キャスト
小林旭 和泉雅子 藤竜也 葉山良二

津軽絶唱

  • 1969年4月12日(土)公開
  • 出演(池田春子 役)

「闇を裂く一発」の菊島隆三が脚本を執筆し、劇映画第一作の岡本愛彦がメガホンをとった青春もの。撮影は「ザ・タイガース 華やかなる招待」の村井博。

監督
岡本愛彦
出演キャスト
北大路欣也 星由里子 甲野純平 菅井きん

代紋 男で死にたい

  • 1969年3月15日(土)公開
  • 出演(野中志摩 役)

「三匹の悪党」の星川清司がシナリオを執筆し、「忘れるものか」の松尾昭典がメガホンをとった任侠もの。撮影はコンビの岩佐一泉が担当した。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 露口茂 町田祥子 青木義朗
1968年

BG・ある19才の日記 あげてよかった!

  • 1968年11月2日(土)公開
  • 出演(加納理津子 役)

才賀明と山崎巌が、週刊女性に投書された身上相談をヒントにシナリオを執筆し、丹野雄二が監督昇進第一作のメガホンをとった。撮影は「孤島の太陽」の萩原憲治が担当した。

監督
丹野雄二
出演キャスト
西恵子 浜川智子 笹森みち子 太田雅子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 町田祥子