TOP > 映画監督・俳優を探す > 広瀬量平

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1995年 まで合計7映画作品)

1995年

木と土の王国 青森県三内丸山遺跡94

  • 1995年6月24日(土)
  • 音楽

野球場の建設予定地に出現した青森県三内丸山の縄文遺跡からは、5500年から4000年前の土器が数多く出土し、世界最古の朱漆塗りの木製品やヒスイ、活発だった交易を証拠づける舟の櫂、そして他では見られない大きな縦穴式住居などが次々と発見されている。それらは、5000年前の青森が自然条件に恵まれ、人口、文化、経済の集中地として栄えていたことを示していた。カメラはそんな発掘現場に潜入し、発掘作業に勤しむ地元のおばちゃんたちの姿や、復元される出土品などを克明にフィルムに収めていく。監督は小川プロダクションを経て、93年度本誌文化映画ベストテン第1位に輝いた「小さな羽音 チョウセンアカシジミ 蝶の舞う里」を演出した飯塚俊男。現在、本作に引き続き「縄文映画」を製作中。第33回日本産業映画・ビデオ賞(教育部門)受賞。95年度キネマ旬報文化映画ベストテン第5位。

監督
飯塚俊男
出演キャスト
1992年

磯井正美のわざ 蒟醤の美

  • 1992年3月
  • 音楽

香川漆器を代表する技、蒟醤(きんま。漆器の表面に彫刻刀で文様を彫り、色漆を埋めて研ぎ、華やかな色彩の線描文様を表わす手法)のルーツを追って、キンマの人間国宝磯井正美氏がミャンマーの漆の里ミンカバ村を訪ねるドキュメント。他に、ミンカバ村の祖となるパガン王朝文化の紹介、磯井氏の繊細な技の数々が披露される。92年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン第9位。

監督
黒崎洋一
出演キャスト
1979年

みなみ北海道の旅

  • 1979年
  • 音楽

函館を中心とした道南の松前、江差、などの美しい自然と人情豊かな人々との交歓を描くドキュメンタリー。演出・脚本は「よみがえる水 美しい故郷 札幌の下水道」の森道夫。ナレーションは寺尾聡。TBS系で全国放送。全日本観光映画コンクール優秀賞受賞。

監督
出演キャスト
1978年

走れトマト にっぽん横断三〇〇キロ

  • 1978年11月1日(水)
  • 音楽

日活児童映画室製作の児童劇映画六作目。春休みに日本横断三百キロの自転車旅行をする四人の小学生が自立と連帯の精神をつかみ取る姿を描く。脚本は「東京からきた女の子」の加藤盟、監督は「新どぶ川学級」の岡本考二、撮影は「20歳の性白書 のけぞる」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
岡本考二
出演キャスト
稲垣英和 金城純一 加藤淳也 串田恵美
1977年

歌麿 夢と知りせば

  • 1977年9月17日(土)
  • 音楽

世界に宣伝された浮世絵師、喜多川歌磨を主人公に、その浮世絵のように爛熟し花開いた江戸文化のなかに、実在・虚構の人物を、さながら群舞の如く配して、彼らの愛と夢の交錯するさまをエロティックに描く。脚本は実相寺昭雄と「新・団地妻 夫婦交換」の武末勝の共同、監督は「あさき夢みし」の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫のそれぞれが担当。125分に再編集したR-18版も有。

監督
実相寺昭雄
出演キャスト
岸田森 山城新伍 成田三樹夫 岡田英次
1974年

あさき夢みし

  • 1974年10月26日(土)
  • 音楽

十三世紀後半王朝の挽歌が貴族たちの胸を掠める時、宮廷の後宮に生きた一人の女性の愛欲、人間としてのめざめ、そして自由を求めての出家を描く。脚本は詩人の大岡信、監督は「哥」の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫がそれぞれ担当。

監督
実相寺昭雄
出演キャスト
ジャネット八田 花ノ本寿 寺田農 岸田森
1972年

よみがえる青空

  • 1972年
  • 音楽

暖房等により発生したスモックで汚れて暗い冬の札幌の空を綺麗にするために行われた「札幌地域暖房工事」を記録したドキュメンタリー。昭和44年春から2年間の第一期工事を取材。監督・脚本は「この美しき山河を」の森道夫。ナレーションは杉山真太郎。

監督
森道夫
出演キャスト

広瀬量平の関連人物

村松克巳  東野英心  岸田森  寺田農  樋浦勉 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 広瀬量平

ムービーウォーカー 上へ戻る