映画-Movie Walker > 人物を探す > 松尾昭典

年代別 映画作品( 1958年 ~ 2003年 まで合計57映画作品)

2003年

手紙(2002)

  • 2003年5月17日(土)公開
  • 監督

小さな町で起こった、手紙にまつわる出来事と、そこで暮らす人々の姿を描く心暖まる人間ドラマ。1人の郵便局員の姿を通して、人と人との心の繋がりを映し出す。

監督
松尾昭典
出演キャスト
古谷一行 小林桂樹 風吹ジュン 辰巳琢郎
1979年

隠密同心 大江戸捜査網

  • 1979年12月1日(土)公開
  • 監督

十一代将軍徳川家斉の頃、老中松平定信の配下の五人の隠密同心の活躍を描く。東京12チャンネル開局十五周年記念作品で、昭和四十五年からテレビ放映中のシリーズを映画化したもの。脚本は「エスパイ」の小川英と胡桃哲の共同執筆、監督は「仁義と抗争」の松尾昭典、撮影は山田一夫がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
松方弘樹 瑳川哲朗 土田早苗 かたせ梨乃
1978年

沖縄10年戦争

  • 1978年6月3日(土)公開
  • 監督

本士復帰を間近に控えた沖縄を舞台に、地元と本土系暴力団の抗争を描く。脚本は「ゴルゴ13 九竜の首」の松本功と「恐竜・怪鳥の伝説」の大津一郎と「らしゃめん」の志村正浩の共同執筆、監督は「仁義と抗争」の松尾昭典、撮影は「ゴルゴ13 九竜の首」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
松方弘樹 深江章喜 川合伸旺 矢吹二朗
1977年

仁義と抗争

  • 1977年8月27日(土)公開
  • 監督

「沖縄やくざ戦争」「北陸代理戦争」に続く、ローカルやくざシリーズ第三弾。大阪の巨大やくざ組織が東京進出の拠点とした北関東の温泉街を舞台に、地元のやくざと関東の尖兵隊が三つ巴の抗争を展開する。脚本は「ドーベルマン刑事」の高田宏治と「日本の仁義」の松田寛夫の共同、監督は「渡世人 命の捨て場」の松尾昭典、撮影は「ドーベルマン刑事」の中島徹がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
松方弘樹 松本留美 あき竹城 桜木健一
1971年

渡世人 命の捨て場

  • 1971年6月10日(木)公開
  • 監督

久しぶりに日活に戻った高橋英樹の仁侠映画。脚本は「最後の特攻隊」の直居欽哉。監督は「日本最大の顔役」の松尾昭典。撮影は「谷岡ヤスジのメッタメタ ガキ道講座」の岩佐一泉がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 中丸忠雄 奈美悦子 嵐寛寿郎
1970年

日本最大の顔役

  • 1970年4月18日公開
  • 監督

佐治乾と中野顕彰が脚本を共同執筆、「喧嘩博徒 地獄の花道」の松尾昭典が監督したやくざもの。撮影は同作の岩佐一泉が担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
小林旭 深江章喜 ジェリー藤尾 井上昭文
1969年

喧嘩博徒 地獄の花道

  • 1969年12月17日公開
  • 監督

「忘れるものか」の小川英と鴨井達比古が共同で脚本を書き、「傷害恐喝 前科十三犯」の松尾昭典と岩佐一泉のコンビが監督、撮影を担当した任侠アクション。

監督
松尾昭典
出演キャスト
小林旭 野川由美子 見明凡太朗 和泉雅子

傷害恐喝 前科十三犯

  • 1969年10月8日公開
  • 監督

「博徒百人 任侠道」の山崎巌と「さくら盃・義兄弟」の西田一夫が脚本を共同執筆、「やくざ非情史 刑務所兄弟」の松尾昭典がメガホンをとったアクションもの、撮影は「代紋 地獄の盃」の岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
宍戸錠 南利明 長門勇 深江章喜

やくざ非情史 刑務所兄弟

  • 1969年7月26日公開
  • 監督

安藤昇の原案を、「夜の最前線 東京女地図」の中西隆三が脚色し、「代紋 地獄の盃」の松尾昭典が監督した現代任侠アクション。撮影は星信夫が担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
安藤昇 丹波哲郎 川地民夫 本間千代子

代紋 地獄の盃

  • 1969年6月14日公開
  • 監督

「代紋 男で死にたい」の星川清司が脚本を執筆しコンビを組んだ松尾昭典が監督した代紋シリーズ第二作。撮影も同作品を担当した岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 菊ひろ子 内田良平 野川由美子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松尾昭典