TOP > 人物を探す > エドワード・E・パラモア・ジュニア

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1951年 まで合計16映画作品)

1951年

落日の決闘(1946)

  • 1951年6月15日(金)
  • 脚色

オーウェン・ウィスターの原作をウィスターとカーク・ラ・シェルが劇化した舞台劇から、「イースター・パレード」のアルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチがエドワード・E・パラモア・ジュニアが脚色、エディター出身のスチュワート・ギルモアが監督した1946年作品。撮影は「アリゾナ(1940)」のハリー・ハレンバーガー、音楽は「さすらいの涯」のダニエル・アンフィシアトロフ。「西部の王者」のジョエル・マクリー、「死闘の銀山」のバーバラ・ブリトン、「地獄への道」のブライアン・ドンレヴィ以下、ソニー・タフツ、フェイ・ベインター、トム・タリーらが共演。

監督
スチュアート・ギルモア
出演キャスト
ジョエル・マクリー ブライアン・ドンレヴィ ソニー・タフツ バーバラ・ブリトン
1939年

オクラホマ・キッド

  • 1939年
  • 脚色、原案

「汚れた顔の天使」「無限の青空」のジェームズ・キャグニーが主演する映画でエドワード・E・パラモア・ジュニアとウォーリー・クラインが協力書卸したストーリーを、「汚れた顔の天使」「夜はパリで」のウォーレン・ダフが、「3人の仲間」のエドワード・E・パラモア・ジュニアとロバート・バックナーと協力して脚色し、「太平洋の翼」「暗黒王マルコ」のロイド・ベーコンが監督に当り、「ゼンダ城の虜(1937)」「無敵艦隊」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影したもの。主演のキャグニーを囲って「汚れた顔の天使」「デッド・エンド」のハンフリー・ボガート、「夜はパリで」「4人の姉妹」のローズメリー・レーン、「黄昏(1938)」「黒蘭の女」のドナルド・クリスプ、「テキサス人」「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス、「海賊(1938)」のヒュウ・サザーン、チャールズ・ミドルトン、ジョン・ミルジャン等が出演している。なお音楽は「4人の姉妹」「黄昏(1938)」のマックス・スタイナーが担当している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ハンフリー・ボガート ローズメリー・レーン ドナルド・クリスプ
1938年

3人の仲間

  • 1938年
  • 脚本

「群集の喚呼」のロバート・テイラーが「月は我が家」のマーガレット・サラヴァン、「花嫁は紅衣装」のフランチョット・トーン及びロバート・ヤングと共に主演する映画で、エリッヒ・マリヤ・レマルケ作の小説をF・スコット・フィツジェラルドとエドワード・E・パラモア・ジュニアが協力脚色し、「大都会」と同じくフランク・ボーゼージが監督に当り、ジョゼフ・ラッテンバーグが撮影した。助演は「生活の悦び」のガイ・キッピー、「グレート・ワルツ」のライオネル・アトウイル及びヘンリー・ハルその他である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ロバート・テイラー マーガレット・サラヴァン フランチョット・トーン ロバート・ヤング
1936年

姫君ご満足

  • 1936年
  • 脚色

「結婚十分前」「極地の青春」のロバート・モンゴメリーと「クレイグの妻」「米国の機密室」のロザリンド・ラッセルが主演する映画で、ロバート・ルイス・スティーヴンソン作の小説「自殺倶楽部」に基づいて「地獄への挑戦」と同じくマヌエル・セフとエドワード・E・パラモア・ジューニアとが協力脚色し、「男性No.1」「港に異常なし」の・ウォルター・ルーベンが監督にあたり、「街の果報者」のチャールズ・G・クラークが撮影したもの。助演者は「我家の誇り」のフランク・モーガン、「極地の青春」のレジナルド・オーウェン、「晩春」のルイス・ヘイワード「処女散歩」のE・E・クライヴ、「オペラは踊る」のウォルター・キングスフォード、等

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー ロザリンド・ラッセル フランク・モーガン レジナルド・オーウェン
1935年

ロッキーの怪人

  • 1935年
  • 脚本

西部小説界の大物ゼイン・グレイ作の「黄金の夢」を映画化した探偵劇で、「西部の掟」のエセル・ドハーティーが改作し、「風雲の支那」のエドワード・E・パラモア・ジュニアが脚色し、「戦う幌馬車」のチャールズ・バートンが監督に当たり、「国境の狼群(1934)」のアーチー・スタウトが撮影したものである。主なる出演者は「燃ゆる山道」「西部の掟」のランドルフ・スコット、「豚子売り出す」「僕の武勇伝」のチャールズ・チック・セールで「西部の掟」「我が妻を見よ」のアン・シェリダン、舞台からのレスリー・カーター夫人、「ベンガルの槍騎兵」「燃ゆる山道」のキャスリーン・バーク、「やりくり宝船」のジョージ・マリオン「暴風の処女」のジェームズ・C・イーグルス等が共演している。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ランドルフ・スコット チャールズ・チック・セール レスリー・カーター夫人 ジョージ・マリオン
1934年

ベビイお目見得

  • 1934年
  • 脚色

「歓呼の嵐」「可愛いマーカちゃん」出演のシャーリー・テンプルが主演する映画でジェームズ・P・ジャッジの原作を「戦争と母性」のフィリップ・クラインと小エドワード・E・パラモアが共同脚色し、「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督し「友情の曲線」のL・ウィリアム・オコネルが撮影した。テンプルを囲って「水兵上陸」「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンと「断崖の砲火」のクレア・トレヴァーが共演するほか、「米国の暴露」のアラン・ダインハート、「世界大洪水」のラルフ・ハロルド、レイ・ウォーカー、ドロシー・リベーア等が助演している。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジェームズ・ダン クレア・トレヴァー アラン・ダインハート
1933年

男性の王者

  • 1933年
  • 脚色

「戦時特派員」「恩讐」のジャック・ホルトが主演する映画で、チェスター・アースキンとユージーン・ソロウの原作を、「風雲の支那」のエドワード・E・パラモア・ジュニアと「鷲と鷹(1933)」のシートン・I・ミラーが共同脚色死、西部劇監督として名のあるランバート・ヒルヤーが監督に当たり、「青空天国」のジョー・オーガストが撮影した。助演は「バワリイ」「魔の海底」のフェイ・レイ、「青空天国」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「ジェニイの一生」のデオドル・フォン・エルツ、「アフリカは笑ふ」のバートン・チャーチルの面面である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ジャック・ホルト フェイ・レイ ウォルター・コノリー セオドア・フォン・エルツ
1931年

鉄壁の男

  • 1931年
  • 脚本

「赤新聞」につぐジョージ・バンクロフトの主演映画。チャールス・ディッケンズの小説「ドンビイとその子」から構想をかりて「おしゃれ牧場」「砲煙」のグロヴァ・ジョーンズと「戦う隊商」「国境の狼群(1930)」のエドワード・E・パラモア・ジュニアが脚本を合作し「夜霧の女」「赤新聞」「戦争と貞操」のデイヴィッド・エーベルが撮影を担当したもので助演者は「アメリカの悲劇」「パリ選手」のフランセス・ディー、「影を売る男」「夜霧の女」のジュリエット・コンプトン、「赤新聞」の議ルバート・エメリイ、「トレスパサー」ノロバート・エイムス、「摩天楼の巨人」のデイヴィッド・デュランドその他である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト フランセス・ディー ロバート・エイムス ジュリエット・コンプトン

戦う隊商

  • 1931年
  • 脚色

ゼーン・グレイの西部開拓小説を映画化した作品で脚色には「勇敢ならでは」のエドワード・E・バラモア・ジュニア、「狼の唄」のキーン・トンプソン、「拳の王者」のアグネス・ブランド・リー、監督には「国境の狼群(1930)」のオットー・ブラワーとデイヴィッド・バートンがあたり、撮影は「西部の唄」のリー・ガームス氏及び「巴里選手」のヘンリー・ジェラードとが担任した。主なる出演者は「モロッコ」「掠奪者」のゲイリー・クーパー、「藪睨みの世界」のリリー・ダミタ、「スピードウェイ」のアーネスト・トーレンス、「西部の星影(1930)」のフレッド・コーラー、「快走王」のタリー・マーシャルで、他に「テキサス無宿」のジェームズ・マーカス、「青春倶楽部(1930)」のユージーン・パレット、「曠野に叫ぶ(1930)」のロイ・スチュアート、メイ・ボーレー、イヴ・サザーンなども付き合っている。

監督
オットー・ブラワー デイヴィッド・バートン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー リリー・ダミタ アーネスト・トーレンス フレッド・コーラー

王様ごっこ

  • 1931年
  • 脚色

シンクレア・ルイスの小説をエドード・バラモア・ジュニアとジョセフ・マンキーウィチが改作し、アグネス・ブランド・リーが脚色し、「スキピイ」のノーマン・タウログが監督した映画で、「スキピイ」のミッチー・グリーン及びジャック・サールをはじめ、エドナ・メイ・オリヴァー、ルイズ・ファゼンダ、ブルース・ライン等が出演、撮影は「影を売る男」のチャールズ・ラングである。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ミッチー・グリーン エドナ・メイ・オリヴァー ルイズ・ファゼンダ ジャック・サール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エドワード・E・パラモア・ジュニア