TOP > 映画監督・俳優を探す > 小峰千代子

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1978年 まで合計47映画作品)

1978年

多羅尾伴内 鬼面村の惨劇

  • 1978年8月12日(土)
  • 出演(しげ 役)

シリーズ二作目の今回は、信州の一寒村“鬼面村”で起こる連続殺人事件を追う多羅尾伴内の活躍を描く。脚本は「トラック野郎 男一匹桃次郎」の掛札昌裕、監督は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の山口和彦、撮影は「多羅尾伴内」の出先哲也がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
小林旭 渥美國泰 北林早苗 北川たか子
1976年

狭山裁判

  • 1976年10月16日(土)
  • 出演(石川リイ 役)

昭和三十八年に起こった狭山事件をもとに映画化したもので、被差別部落出身の一青年が、国家権力の巧妙な罠に陥れられて青春を奪いとられていく経過を描く。脚本は「夜明けの旗 松本治一郎伝」の野波静雄、監督は阿部俊三、撮影は「トラック野郎 天下御免」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
阿部俊三
出演キャスト
内田良平 小山明子 谷隼人 多々良純
1967年

恋人をさがそう

  • 1967年5月20日(土)
  • 出演(はる 役)

『平凡』に連載された大林清の同名小説を、「大巨獣ガッパ」の中西隆三と「夜霧よ今夜も有難う」の石森史郎が脚色し、「星のフラメンコ」の森永健次郎が監督した青春歌謡もの。撮影は「不死身なあいつ」の山崎善弘。

監督
森永健次郎
出演キャスト
西郷輝彦 松原智恵子 梓英子 五月女マリ

伊豆の踊子(1967)

川端康成の原作を、「真実の愛情を求めて 何処へ」の井手俊郎と、「女体(1964)」の恩地日出夫が共同で脚色し、恩地日出夫が監督した文芸もの。撮影は「あこがれ(1966)」の逢沢譲。

監督
恩地日出夫
出演キャスト
黒沢年雄 内藤洋子 江原達怡 田村奈己
1965年

我が青春

  • 1965年4月28日(水)
  • 出演(婆やお花 役)

松浦健郎が原作とシナリオを執筆「サラリーマンの勲章」の堀内真直が監督した歌謡ドラマ。撮影もコンビの加藤正幸。

監督
堀内真直
出演キャスト
西郷輝彦 三上真一郎 夏圭子 五月女マリ
1964年

牝(1964)

  • 1964年11月21日(土)
  • 出演(婆や 役)

「帰郷(1964)」の馬場当がシナリオを執筆「悪女」の渡辺祐介が監督した風俗もの。撮影は「狼と豚と人間」の星島一郎。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
中村伸郎 緑魔子 菅佐原英一 久保菜穂子
1963年

伊豆の踊子(1963)

  • 1963年6月2日(日)
  • 出演(茶屋のばあさん 役)

川端康成原作四度目の映画化で、「若い人(1962)」の三木克巳と西河克己が共同で脚色、「雨の中に消えて」の西河克己が監督した文芸もの。撮影はコンビの横山実。

監督
西河克己
出演キャスト
高橋英樹 吉永小百合 大坂志郎 堀恭子

こまどりのりんごっ子姉妹

  • 1963年1月30日(水)
  • 出演(佐藤ツギ 役)

「愛と死のかたみ」の棚田吾郎が脚本を執筆、「こまどり姉妹 おけさ渡り鳥」の伊賀山正光が監督した歌謡ドラマ。撮影は「王将(1962)」の藤井静。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
こまどり姉妹 小峰千代子 木暮実千代 花澤徳衛
1961年

台風息子 お化け退治

  • 1961年7月5日(水)
  • 出演(幹枝 役)

台風息子シリーズの第4話。「風流深川唄」の笠原和夫と、「生き抜いた十六年 最後の日本兵」の甲斐久尊がそれぞれ摂津茂和の原作を脚色し、「決斗の谷」のコンビ鈴木敏郎が監督し、内田安夫が撮影した。

監督
鈴木敏郎
出演キャスト
小野透 亀石征一郎 岡本四郎 宮園純子

台風息子 冒険旅行

  • 1961年8月13日(日)
  • 出演(幹枝 役)

台風息子シリーズの第五話。「風流深川唄」の笠原和夫と、「生き抜いた十六年 最後の日本兵」の甲斐久尊がそれぞれ摂津茂和の原作を脚色し、「決斗の谷」のコンビ鈴木敏郎が監督し、内田安夫が撮影した。

監督
鈴木敏郎
出演キャスト
小野透 亀石征一郎 岡本四郎 宮園純子

小峰千代子の関連人物

沢村貞子  神田隆  花澤徳衛  宇野重吉  岩城力 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 小峰千代子

ムービーウォーカー 上へ戻る