TOP > 人物を探す > 藤山浩一

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1977年 まで合計33映画作品)

1977年

新宿酔いどれ番地 人斬り鉄

  • 1977年4月8日(金)
  • 出演(梅津 役)

新宿と基地の町・福生を中心に、組織に牙をむくはみだしヤクザの凄絶な生きざまを描く。脚本は「横浜暗黒街 マシンガンの竜」の松田寛夫と「武闘拳 猛虎激殺!」の掛礼昌裕と「東京ディープスロート夫人」の小平裕の共同、監督は「新女囚さそり 701号」の小平裕、撮影は「河内のオッサンの唄」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
小平裕
出演キャスト
菅原文太 生田悦子 青木義朗 ジョージ高野
1969年

やくざ非情史 血の盃

  • 1969年10月8日(水)
  • 出演(藤倉万作 役)

「やくざ非情史 刑務所兄弟」の中西隆三が脚本を書き、中川順夫が監督したシリーズ第二作。撮影は、脇野良雄が担当。

監督
中川順夫
出演キャスト
安藤昇 内田良平 木村功 辰巳柳太郎
1968年

闇を裂く一発

  • 1968年8月10日(土)
  • 出演(金田 役)

「おれについてこい!」の菊島隆三がシナリオを執筆し、「早射ち犬」の村野鐵太郎が監督したアクションもの。撮影もコンビの上原明。

監督
村野鐵太郎
出演キャスト
峰岸徹 佐藤允 露口茂 加藤武
1960年

傷ついた野獣

  • 1960年7月24日(日)
  • 出演(健 役)

「暁の翼」の共同執筆者・下飯坂菊馬の脚本を、「女は抵抗する」の弓削太郎が監督したもので、指名手配の殺し屋と彼を英雄視する少年との関係を描いたドラマ。撮影は「痴人の愛(1960)」の石田博。

監督
弓削太郎
出演キャスト
根上淳 片山明彦 三木裕子 佐藤正三郎

三人の顔役

  • 1960年7月10日(日)
  • 出演(トレーナー村田 役)

斎藤良輔・芦沢俊郎・井上梅次の共同脚本を、「太陽を抱け」の井上梅次が監督したもので、長谷川一夫が暗黒街のボスに扮するアクション・ドラマ。「扉を叩く子」の小林節雄が撮影した。

監督
井上梅次
出演キャスト
長谷川一夫 川口浩 菅原謙二 京マチ子

犯罪6号地

  • 1960年6月22日(水)
  • 出演(杉山英次 役)

「闇に光る眼(1960)」の阿部桂一の脚本を、「街の噂も三十五日」の村山三男が監督したもので、刑事の活躍を描いたドラマ。「からっ風野郎」の村井博が撮影した。

監督
村山三男
出演キャスト
高松英郎 友田輝 野口啓二 仁木多鶴子

素敵な野郎

  • 1960年6月15日(水)
  • 出演(松井 役)

「女の坂」の新藤兼人に、勝目貴久が加わった脚本を、「暁の翼」の富本壮吉が監督したマドロスもの。撮影も同じく「暁の翼」の高橋通夫。

監督
富本壮吉
出演キャスト
本郷功次郎 若尾文子 六本木真 弓恵子

襲われた手術室

  • 1960年5月11日(水)
  • 出演(塩田 役)

「暁の翼」の共同執筆者・下飯坂菊馬に、田坂啓が加わった脚本を、「たそがれの東京タワー」の阿部毅が監督したサスペンス・ドラマ。撮影は宗川信夫。

監督
阿部毅
出演キャスト
友田輝 浜田ゆう子 倉田マユミ 三保まりこ

勝利と敗北

  • 1960年4月27日(水)
  • 出演(北林 役)

須崎勝弥・井上梅次の脚本を「嵐を呼ぶ楽団」の井上梅次が監督したボクシシグ映画。「貴族の階段」の中川芳久が撮影した。

監督
井上梅次
出演キャスト
山村聡 川口浩 三田村元 本郷功次郎

街の噂も三十五日

  • 1960年3月16日(水)
  • 出演(愚連隊B 役)

下飯坂菊馬・桜井康裕の共同脚本を、「拳銃の掟」の村山三男が監督した青春明朗篇。撮影も同じく「拳銃の掟」の秋野友宏。

監督
村山三男
出演キャスト
田宮二郎 弓恵子 潮万太郎 楠トシエ

藤山浩一の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 藤山浩一