映画-Movie Walker > 人物を探す > 幾野道子

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1977年 まで合計100映画作品)

1977年

青年の樹(1977)

  • 1977年4月29日(金)公開
  • 出演(山形えい子 役)

坂木武馬という正義感に燃える若者の大学生活を背景に、恋愛、スポーツ、闘争そして友情を描く。脚本は「不連続殺人事件」の大和屋竺、監督は「ヘアピン・サーカス」の西村潔、撮影は「岸壁の母」の市原康至のそれぞれが担当。

監督
西村潔
出演キャスト
三浦友和 檀ふみ 幾野道子 矢吹二朗
1964年

海抜0米

  • 1964年8月1日(土)公開
  • 出演(瀬津子の母 役)

曽野綾子の同名小説を「女嫌い」の柳井隆雄と「月夜の渡り鳥」の元持栄美が共同で脚色「青い目の花嫁はん」の川頭義郎が監督した文芸もの。撮影もコンビの荒野諒一。

監督
川頭義郎
出演キャスト
倍賞千恵子 園井啓介 川津祐介 岸久美子
1963年

花の咲く家

  • 1963年6月13日(木)公開
  • 出演(阿多麗子 役)

“サンデー毎日”連載・大佛次郎原作を「あの人はいま」の柳井隆雄と石田守良・今井金次郎が共同で脚色、「泣いて笑った花嫁」の番匠義彰が監督した文芸もの。撮影もコンビの生方敏夫。

監督
番匠義彰
出演キャスト
佐田啓二 岩下志麻 岡田茉莉子 渡辺文雄
1962年

しのび逢い(1962)

  • 1962年4月18日(水)公開
  • 出演(小夜子 役)

「天下の御意見番」の小国英雄のオリジナル・シナリオを「ひとり寝」の酒井辰雄が監督した愛情メロドラマ。撮影は「酔っぱらい天国」の長岡博之。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
佐田啓二 淡路恵子 稲葉光子 日下部雅人

男の歌

  • 1962年3月11日(日)公開
  • 出演(妻房江 役)

「椿三十郎」の菊島隆三原作を、「乾杯!ごきげん野郎」の井手雅人と大河寿雄が共同で脚色。「非情の男」の高橋治が監督したボクシングもの。撮影もコンビの加藤正幸。

監督
高橋治
出演キャスト
吉田輝雄 初名美佐子 杉浦直樹 三井弘次

恋愛学校

  • 1962年2月28日(水)公開
  • 出演(石村母・華江 役)

瀬戸内晴美の原作を、森環と近藤節也が共同で脚色。近藤節也が第一回目に監督した青春喜劇。撮影は「次郎長社長よさこい道中」の三村明。

監督
近藤節也
出演キャスト
佐久間良子 東山千栄子 十朱久雄 幾野道子
1961年

大当り三代記

  • 1961年12月24日(日)公開
  • 出演(妻さち 役)

「秀才はんと鈍才どん」の花登筐のオリジナル・シナリオを、コンビの的井邦雄が監督した喜劇篇。撮影も同じコンビの太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
渋谷天外 曽我廼家明蝶 浪花千栄子 ミス・ワカサ

続こつまなんきん お香の巻

  • 1961年3月19日(日)公開
  • 出演(益江 役)

今東光原作の映画化「こつまなんきん」の続篇で、脚色・富田義朗、監督・酒井辰雄、撮影・倉持友一といずれも前作「こつまなんきん」の顔ぶれ。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
瑳峨三智子 三上真一郎 曽我廼家明蝶 曽我廼家五郎八
1960年

波の塔

  • 1960年10月30日(日)公開
  • 出演(クラブのマダム 役)

松本清張の同名小説を、沢村勉が脚色し、「いろはにほへと」の中村登が監督したメロドラマ。撮影は「日本よいとこ 無鉄砲旅行」の平瀬静雄。

監督
中村登
出演キャスト
南原宏治 有馬稲子 津川雅彦 桑野みゆき

しかも彼等は行く(1960)

  • 1960年6月3日(金)公開
  • 出演(加山芳子 役)

宇留野元一の『雲の中の第一歩』の映画化で、定時制高校を舞台にした青春もの。柳沢類寿と内藤保彦が共同で脚色、「大いなる愛の彼方に」の大野徹郎が監督した。「バナナ」の長岡博之が撮影を担当した。

監督
大野徹郎
出演キャスト
芳村真理 井川邦子 菅佐原英一 永井達郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 幾野道子