映画-Movie Walker > 人物を探す > 沢島正継

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2016年 まで合計49映画作品)

2016年

健さん

  • 2016年8月20日(土)公開
  • 出演

2014年に他界した高倉健の人生哲学に迫るドキュメンタリー。マーティン・スコセッシやマイケル・ダグラス、山田洋次など国内外20人以上の名匠、名優の証言から、わずかな情報の中でしか明らかにされていない稀代の映画俳優の知られざる素顔を浮き彫りにする。監督は、ニューヨークを拠点に写真家としても活躍する日々遊一。ナレーションを「四十七人の刺客」「ホタル」で高倉健と共演した中井貴一が務める。

監督
日比遊一
出演キャスト
高倉健 マイケル・ダグラス マーティン・スコセッシ ジョン・ウー
1977年

巨人軍物語 進め!!栄光へ

  • 1977年3月19日(土)公開
  • 監督、脚本

プロ野球の厳しさに悩み苦しみながら成長していく新人選手の姿を巨人軍の歩みとともに描く。

監督
沢島忠
出演キャスト
荒川博 千秋実 寺島達夫 小杉治
1971年

女の花道

昭和二十一年、八歳で芸能界にデビューした美空ひばりの芸能生活二十五周年を記念して、川口松太郎が彼女のために書いた原作を、「幻の殺意」の沢島忠と岡本育子が脚本化した。監督は沢島忠、撮影は「女房を早死させる方法」の山田一夫がそれぞれ担当。

監督
沢島忠
出演キャスト
美空ひばり 北林谷栄 香川良介 大出俊

幻の殺意

  • 1971年4月15日(木)公開
  • 監督、脚本

平和で明るい生活を営んでいた家庭が、一つの事件をきっかけにガタガタに崩れ去ってしまう。結城昌治の「幻影の絆」を「新選組(1969)」の沢島忠が監督し、沢島忠と岡本育子が共同執筆した。撮影は「走れ!コウタロー 喜劇・男だから泣くサ」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
沢島忠
出演キャスト
小林桂樹 若尾文子 中村勘九郎 吉沢京子
1969年

新選組(1969)

  • 1969年12月5日公開
  • 監督

「女賭博師」の松浦健郎の脚本を、「ボルネオ大将 赤道に賭ける」の沢島忠が監督し、三船プロが「赤毛」に続いて発表した時代劇。撮影は「地獄変」の山田一夫が担当。

監督
沢島忠
出演キャスト
三船敏郎 小林桂樹 北大路欣也 三國連太郎

ボルネオ大将 赤道に賭ける

  • 1969年6月28日公開
  • 監督

「ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを」の池田一朗が脚本を書き、「北穂高絶唱」の沢島忠が監督した青春ドラマ。撮影は「ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを」の黒田徳三が担当。

監督
沢島忠
出演キャスト
北大路欣也 清水豊 伊志井寛 栗原小巻
1968年

北穂高絶唱

  • 1968年9月7日公開
  • 監督

「ブワナ・トシの歌」の清水邦夫がシナリオを執筆し、「のれん一代 女侠」の沢島忠が監督した純愛もの。撮影は「喜劇 駅前開運」の村井博。

監督
沢島忠
出演キャスト
北大路欣也 星由里子 田中邦衛 橋本功
1966年

冒険大活劇 黄金の盗賊

  • 1966年12月13日公開
  • 監督

鷹沢和善の原案を、山崎大助と「沓掛時次郎 遊侠一匹」の掛礼昌裕が共同で脚本にし、「のれん一代 女侠」の沢島忠が監督した特撮時代劇シリーズ第二作目。撮影は「悪童」の古谷伸。

監督
沢島忠
出演キャスト
松方弘樹 大瀬康一 藤山寛美 春川ますみ

のれん一代 女侠

  • 1966年4月10日公開
  • 監督

「無頼漢仁義」の野上龍雄と「やくざGメン 明治暗黒街」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆、「小判鮫 お役者仁義」の沢島忠が監督した風俗もの。撮影もコンビの吉田貞次。

監督
沢島忠
出演キャスト
美空ひばり 林与一 志村喬 河津清三郎

小判鮫 お役者仁義

  • 1966年1月26日公開
  • 監督、脚色

三上於菟吉の原作を「新蛇姫様 お島千太郎」でコンビの沢島忠と中島信昭が共同で脚色、沢島忠が監督した舞台の人気演しものを映画化したもの。撮影は「関東破門状(1965)」の吉田貞次。

監督
沢島忠
出演キャスト
美空ひばり 林与一 黒川弥太郎 長門裕之
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 沢島正継