映画-Movie Walker > 人物を探す > 平井岐代子

年代別 映画作品( 1945年 ~ 2006年 まで合計116映画作品)

2006年

武蔵野夫人

  • 2006年9月9日(土)公開
  • 出演(宮地民子 役)

大岡昇平のベストセラー小説を、豪華キャストの共演で映画化。人妻と年下のいとことの恋愛を軸に、愛憎入り交じる複雑な人間模様を絢爛なタッチで描いた文芸メロドラマ。

出演キャスト
田中絹代 森雅之 山村聡 轟夕起子
1976年

俺の選んだ女

  • 1976年12月11日(土)公開
  • 出演(老婦人客 役)

戦災孤児として育ち、自分の腕一本を頼りに、たくましくガムシャラに生きる主人公と、美しい京女との恋、顔も覚えていない母親探し、それを応援する周囲の人々との交流を描いた人情喜劇プラス商魂ドラマ。脚本は「喜劇 おめでたい奴」の花登筐、監督は児玉進、撮影は宇野晋作がそれぞれ担当。

監督
児玉進
出演キャスト
竜雷太 松原智恵子 浪花千栄子 加東大介
1970年

裸の十九才

  • 1970年10月31日公開
  • 出演(佐々木フジ 役)

地方から上京した少年が大都会の非情なメカニズムの車輪に巻きこまれ、次第に脱落し、ふとしたはずみで殺人を犯すという事件を素材にした、近代映協創立二十周年記念映画。脚本は「かげろう」の関功と松田昭三、監督は脚本にも参加している「かげろう」の新藤兼人、撮影は同作の黒田清巳がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
原田大二郎 乙羽信子 吉岡ゆり 厳波郎
1969年

あゝ陸軍隼戦闘隊

  • 1969年11月1日公開
  • 出演(木原寿美 役)

須崎勝弥が脚本を執筆し、「あゝ海軍」の村山三男が監督した戦記もの。「いそぎんちゃく」の渡辺公夫が、撮影を担当した。

監督
村山三男
出演キャスト
佐藤允 藤村志保 平泉征 本郷功次郎
1968年

怪談おとし穴

  • 1968年6月15日公開
  • 出演(湯川道子 役)

「喜劇 初詣列車」の舟橋和郎がシナリオを執筆し、「ラーメン大使」の島耕二が監督した怪談もの。撮影は「毒薬の匂う女」の小原譲治。

監督
島耕二
出演キャスト
成田三樹夫 渚まゆみ 船越英二 見明凡太朗

あるセックス・ドクターの記録

  • 1968年2月10日公開
  • 出演(やえ夫人 役)

「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」の高橋二三がシナリオを執筆し、「女賭場荒し」の弓削太郎が監督した、性病の実態をドラマ化した異色風俗劇。撮影は「勝負犬」の宗川信夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
船越英二 水木正子 田武謙三 吉田義夫

関東女賭博師

  • 1968年1月27日公開
  • 出演(おかみ 役)

「女賭場荒し」の長谷川公之がシナリオを執筆し、「勝負犬」の井上芳夫が監督した“女賭博師”シリーズ第五作目。撮影は「三匹の女賭博師」の中川芳久。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 伊藤雄之助 内藤武敏 伊藤孝雄
1967年

今夜は踊ろう

  • 1967年5月13日公開
  • 出演(桜田悦子 役)

「続社長千一夜」の笠原良三がシナリオを執筆し、「ザ・ガードマン 東京忍者部隊」の弓削太郎が監督した風俗ドラマ。撮影は「野良犬(1966)」の中川芳久。

監督
弓削太郎
出演キャスト
田宮二郎 荒木一郎 梓英子 清水将夫
1966年

処女受胎

  • 1966年10月29日公開
  • 出演(梅村 役)

黒岩重吾の同名小説を、「若親分あばれ飛車」の高岩肇が脚色し、「複雑な彼」の島耕二が監督した風俗もの。撮影は「愛の手紙は幾歳月」の小原譲治。

監督
島耕二
出演キャスト
若尾文子 伊藤孝雄 若山弦蔵 藤村有弘

白い巨塔(1966)

  • 1966年10月15日公開
  • 出演(田舎の婦人 役)

昭和三十八年から山崎豊子が「サンデー毎日」に連載した同名小説を、「大菩薩峠(1966)」の橋本忍が脚色、「氷点」の山本薩夫が監督した。撮影は「雁(1966)」の宗川信夫。

監督
山本薩夫
出演キャスト
田宮二郎 東野英治郎 小沢栄太郎 加藤嘉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 平井岐代子