映画-Movie Walker > 人物を探す > リナ・バスケット

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1938年 まで合計10映画作品)

1938年

四人の復讐

  • 1938年公開
  • 出演(Ah-Nee 役)

「ハリケーン(1937)」「軍使」のジョン・フォードが監督したもので、「四つの恋愛」「狙われたお嬢さん」のロレッタ・ヤングと英国から招かれたリチャード・グリーンが主演する。デイヴィッド・ガース作の大衆小説のリチャード・シャーマンが「シカゴ」「魔城大脱走」のソーニャ・レヴィーン及び「勝鬨」「響け凱歌」のウォルター・フェリスと協力脚色した。助演は「奴隷船」「勝鬨」のジョージ・サンダース、「孔雀夫人(1936)」「進め龍騎兵」のデイヴィッド・ニーヴン、「ハリケーン(1937)」のC・オーブリー・スミス及びジョン・キャラディン、「ターザンの逆襲」のウィリアム・ヘンリー、「ステラ・ダラス(1937)」のアラン・ヘール、「彼氏と女秘書」のレジナルド・デニー、「第7天国」のJ・エドワード・プロムバーグ等である。撮影は「奴隷船」「アリババ女の都へ行く」のアーネスト・パーマーの擔任。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ロレッタ・ヤング リチャード・グリーン ジョージ・サンダース デイヴィッド・ニーヴン
1937年

干潮

  • 1937年公開
  • 出演(Attwater's_Servent 役)

「愛国者」「真紅の恋」に出演後英国ゴーモン・ブリティッシュの専属となっているオスカー・ホモルカ、「富豪一代」「愉快なリズム」のフランセス・ファーマーおよび「天使の花園」「夜霧の怪盗」のレイ・ミランドが主演するテクニカラー映画でロバート・ルイ・スチブンソン、ロイド・オスボーン合作の小説に基づいて「偽者紳士」「相寄る魂」のバートラム・ミルハウザーが脚本を書き、「マドリッド最終列車」「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「パリで逢った男」「セイルムの娘」のレオ・トーバーと「虚栄の市(1935)」のレイ・レナハンとが協力撮影した。助演者は「犯罪王」「ニューヨークの顔役」のロイド・ノーラン、愛国アベイ劇場付きのバリー・フィッツジェラルドを始め、チャールズ・ジューデルス、デイヴィッド・トーレンス、チャールズ・スティーヴンス、リナ・バスケット等の面々である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
オスカー・ホモルカ フランセス・ファーマー レイ・ミランド ロイド・ノーラン
1932年

単騎突進(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Janet_Kenyon 役)

「西部の荒武者」「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが監督したバック・ジョーンズ主演映画で、リナ・バスケット、ラッセル・シンプソン、ウォーレス・マクドナルド等が助演する。撮影はベンジャミン・H・クラインの担当。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ リナ・バスケット ラッセル・シンプソン オットー・ホフマン
1931年

爆笑世界行脚

  • 1931年公開
  • 出演(Constantina 役)

「河上の別荘」と同じくスペンサー・トレイシーとウォーレン・ハイマーが共演する喜劇で、「地獄の天使(1930)」のジーン・ハーロウが相手役を勤め、リナ・バスケット、レイラ・カーネリー、アイヴァン・リノウ、マリア・アルバ等が助演しているジーン・タウンとポール・ペレスが書き下ろした台本により「ルンペンの天国」のベンジャミン・ストロフが監督し、「愉快な武士道」のアーネスト・パーマーが撮影した。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ウォーレン・ハイマー ジーン・ハーロウ リナ・バスケット
1929年

破戒(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(The_Girl 役)

「キング・オブ・キングス(1927)」に次ぐセシル・B・デミル氏監督作品で、同じスタッフ即ち原作脚色ジェニー・マクファーソン女史、撮影ペヴェレル・マリー氏、助監督フランク・アーソン氏、に助けられて製作したパート・トーキーである。主役は「セレナーデ」「獄中日記」のリナ・バスケット嬢と新進のジョージ・ダーイー氏及び「赤い鳩」「リンダ」のノア・ビアリー氏で、「暴力団(1928)」「美人売約済」のマリー・プレヴュー嬢を始め「夜稼ぎ二人組」のメアリー・ジェーン・アーヴィング嬢、エディ・クィラン氏、ケイト・プライス夫人クラレンス・バートン氏等が助演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リナ・バスケット マリー・プレヴォー ジョージ・ダーイー ノア・ビアリー

闇に踊る(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(Mary_Houston 役)

「獄中日記」「セレナーデ」等のリナ・バスケット嬢が主演した映画で、ウィリアム・ダドリー・ペリー氏の原作をピーター・ミルン氏が脚色し、新進のレイ・テイラー氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「嵐の翼」「乱暴ロージー」のリード・ハウス氏、「モダーン・ラブ」のクロフォード・ケント氏、「思い出」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、フローラ・フィンチ嬢、クラリッサ・セルウィン夫人が出演している。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
リナ・バスケット リード・ハウス クロフォード・ケント グスタフ・フォン・セイファーティッツ
1928年

運命(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Ada_Berkowitz 役)

「獄中日記」「感激の泉」に次ぐリチャード・バーセルメス氏主演映画で、「感激の泉」「熱血拳闘手」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもの。原作はファニー・ハースト女史の筆になり、ジェラルド・C・ダフィー氏が改作脚色した。助演者は「獄中日記」のリナ・バスケット嬢と「サンライズ」「アメリカ美人」のマーガレット・リヴィングストン嬢を始め、ボディル・ロージング嬢、ワーナー・オーランド氏等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
リチャード・バーセルメス リナ・バスケット マーガレット・リヴィングストン ボディル・ロージング

獄中日記

  • 1928年公開
  • 出演(Dot 役)

「熱血ボクシング手」「最後の一蹴」に次いで製作されたリチャード・バーセルメス氏主演映画で、ウィラード・マック氏がH・H・ヴァン・ローン氏と合作した舞台劇に基いて「ゴリラ(1927)」と同じくジェームズ・T・オドノヒュー氏が脚色し、「痛ましの親心」「笑う門には福来る」等をものしたジョン・フランシス・ディロン氏が監督したものである。バーセルメス氏を助けて新進のリナ・バスケット嬢「ソレルとその子」「不良老年」等出演のアリス・ジョイス嬢、「僧房に咲く花」「ドン・ファン(1926)」等出演のモンタギュー・ラヴ氏等が出演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス モンタギュー・ラヴ リナ・バスケット セルマ・トッド
1927年

セレナーデ(1927)

  • 1927年公開
  • 出演(Marietta 役)

「猫の寝巻」「婦人に御給仕」と同じくエルネスト・ヴァイダ氏が書卸した物語を、氏自ら脚色し、「婦人に御給仕」と同じくハリー・ダバディー・ダラー氏が監督した映画で、主演者は「夜会服」「婦人に御給仕」「不良老年」のアドルフ・マンジュウ氏。相手女優は「婦人に御給仕」で始めてマンジュウ氏と共演したキャスリン・カーヴァー嬢が勤め、ローレンス・グラント氏、リナ・バスケット嬢及びマーサ・フランクリン嬢が助演している。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ キャスリン・カーヴァー ローレンス・グラント マーサ・フランクリン
1925年

失恋競争

  • 1925年公開
  • 出演(Mary_Houston 役)

「肉体の道」「燃ゆる青春」のドナルド・キース氏と「曲線悩まし」「底抜け騒ぎ」のクララ・ポウ嬢との主演映画で、パーシー・マークス氏の原作からイーヴ・アンセル女史とフレデリカ・セーガー女史が脚色し、イーヴ・アンセル女史の助けをかりて「法螺吹き靴屋大当たり」「焼き餅騒動絹の靴下」のウェスレイ・ラッグルス氏が撮影読本を作り、監督したもので俳優では主役の他にヘンリィ・ビー・ウォルソール氏、メアリー・アルデン嬢、ギルバート・ローランド氏等が助演している。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
リナ・バスケット リード・ハウス クロフォード・ケント グスタフ・フォン・セイファーティッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リナ・バスケット