映画-Movie Walker > 人物を探す > 斎藤武市

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1990年 まで合計76映画作品)

1960年

口笛が流れる港町

  • 1960年1月3日(日)公開
  • 監督

山崎巌の原作を、「波止場の無法者」のコンビ松浦健郎が脚色し、斎藤武市が監督した小林旭のアクション・ドラマ。撮影も「波止場の無法者」の高村倉太郎。

監督
斎藤武市
出演キャスト
小林旭 浅丘ルリ子 木浦佑三 松本染升
1959年

波止場の無法者

  • 1959年11月15日(日)公開
  • 監督

戸川幸夫の原作小説を「浮気の季節」の松浦健郎が脚色「ギターを持った渡り鳥」の斎藤武市が監督した、マドロスものアクション・ドラマ。撮影も同じく「ギターを持った渡り鳥」の高村倉太郎。

監督
斎藤武市
出演キャスト
小林旭 浅丘ルリ子 中原早苗 岡田眞澄

ギターを持った渡り鳥

  • 1959年10月11日(日)公開
  • 監督

「0番街の狼」の山崎巌に原健三郎が加った脚本を、「人形の歌」の斎藤武市が監督したもので、小林旭主演のアクション・ドラマ。撮影も「人形の歌」の高村倉太郎が担当した。

監督
斎藤武市
出演キャスト
小林旭 浅丘ルリ子 中原早苗 渡辺美佐子

人形の歌

  • 1959年9月8日(火)公開
  • 監督

三村章子の同名小説を映画化したもので、「素っ裸の年令」の共同執筆者・寺田信義と、後藤望が脚色し、「南国土佐を後にして」の斎藤武市が監督した。撮影も「南国土佐を後にして」の高村倉太郎。

監督
斎藤武市
出演キャスト
中原早苗 小高雄二 金子信雄 二谷英明

南国土佐を後にして

  • 1959年8月2日(日)公開
  • 監督、脚色

ペギー葉山のヒット・ソングを背景にしたサスペンス・ドラマで、川内康範の原作を原作者自身と斎藤武市が脚色、「かわいい女」の斎藤武市が監督した。撮影は「若い豹のむれ」の高村倉太郎

監督
斎藤武市
出演キャスト
小林旭 高野由美 浅丘ルリ子 南田洋子

かわいい女(1959)

  • 1959年6月23日(火)公開
  • 監督

多岐川恭の原作を、河田進が脚色し、「名づけてサクラ」の斎藤武市が監督したミステリー・ドラマ。撮影も同じく「名づけてサクラ」の藤岡粂信。

監督
斎藤武市
出演キャスト
中原早苗 金子信雄 大坂志郎 待田京介

名づけてサクラ

  • 1959年3月3日(火)公開
  • 監督

筒井敬介のNHK芸術祭参加放送劇を、「森と湖のまつり」の植草圭之助が脚色したもの。「これが最後だ」の斎藤武市が監督を、「第三の死角」の藤岡粂信が撮影を担当した。

監督
斎藤武市
出演キャスト
月丘夢路 下元勉 川村恵子 中原早苗
1958年

これが最後だ

  • 1958年10月1日(水)公開
  • 監督

愛娘を誘拐された両親、その犯人を追う刑事、逃げのびようとする犯人、これらの窮地に追いつめられた人間の心理を描こうというドラマ。甲斐久尊のオリジナル・シナリオを、「知と愛の出発」の斎藤武市が監督、「西銀座駅前」の藤岡粂信が撮影した。新人の待田京介・木城ゆかりに、永井智雄・内藤武敏・山岡久乃らが出演している。

監督
斎藤武市
出演キャスト
待田京介 木城ゆかり 永井智雄 山岡久乃

知と愛の出発

  • 1958年6月17日(火)公開
  • 監督

中村八朗の原作を、「曲馬団の娘」の植草圭之助が脚色、「白い悪魔」の斎藤武市が監督、「美しい庵主さん」の姫田真佐久が撮影した青春篇。主演は「陽のあたる坂道(1958)」の“午前七時コンビ”川地民夫と芦川いづみ、それに白木マリ、中原早苗、小高雄二、宇野重吉らが出演する。

監督
斎藤武市
出演キャスト
芦川いづみ 宇野重吉 亀谷雅敬 川地民夫

白い悪魔

  • 1958年1月22日(水)公開
  • 監督

原田康子の『夜の出帆』の映画化で、「湖水物語」の共同脚色者植草圭之助が脚色、「峠(1957)」の斎藤武市が監督したメロドラマ。撮影は「白夜の妖女」の横山実が担当した。主演は「女であること」の森雅之、「禁じられた唇」の野添ひとみ、「十代の罠」の渡辺美佐子、「夜の牙」の岡田眞澄、「九人の死刑囚」の小林旭。ほかに清水将夫、大森義雄、稲垣美穂子、草薙幸二郎、浜村純、伊藤寿章、松下達夫などが助演している。

監督
斎藤武市
出演キャスト
森雅之 野添ひとみ 清水将夫 大森義雄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 斎藤武市