映画-Movie Walker > 人物を探す > 斎藤武市

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1990年 まで合計76映画作品)

1990年

流転の海

  • 1990年11月3日(土)公開
  • 監督

終戦直後の大阪を舞台に、疎開先から戻った型破り商人の姿を描く。宮本輝原作の同名小説の映画化で、脚本は「螢川」の須川栄三が執筆。監督は「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」の斎藤武市。撮影監督は「吾輩は猫である」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
森繁久彌 野川由美子 佐藤浩市 浅野ゆう子
1976年

河内のオッサンの唄 よう来たのワレ

  • 1976年12月25日(土)公開
  • 監督

ミス花子の同名のヒット曲をもとに、ド助平だが、男気があって、度胸があり、情にもろい河内男の心意気を描いたシリーズ二作目。脚本は「広島仁義 人質奪回作戦」の松本功と「河内のオッサンの唄」の関本郁夫と同作の高田純の三人の共同、監督は「河内のオッサンの唄」の斎藤武市、撮影は「爆発!750CC(ナナハン)族」の出先哲也がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
川谷拓三 夏純子 花柳幻舟 榎兵衛

河内のオッサンの唄

  • 1976年11月17日(水)公開
  • 監督

ミス花子が歌う河内弁の同名のヒット曲をもとに、柄が悪くてド助平だが、男気があって、度胸があり、情にもろい河内のオッサンの河内男の心意気を描く。脚本は「脱走遊戯」の関本郁夫と「安藤昇の わが逃亡とSEXの記録」の高田純の共同、監督は「夜の歌謡シリーズ なみだ恋」の斎藤武市、撮影は「男組 少年刑務所」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
川谷拓三 夏純子 清水美恵 西山嘉孝
1973年

夜の歌謡シリーズ なみだ恋

  • 1973年8月11日(土)公開
  • 監督

“夜の歌謡”シリーズ10作目。金とセックスのうごめく夜の盛り場で、唯一人純心でウェットなホステスと、組に追われて逃亡中の若いやくざとの悲恋を描く。脚本は「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の成澤昌茂、監督は「子連れ狼 親の心子の心」の斎藤武市、撮影は「不良番長 骨までしゃぶれ」の山沢義一がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
中島ゆたか 奈良あけみ 谷隼人 佐々木功
1972年

子連れ狼 親の心子の心

  • 1972年12月30日(土)公開
  • 監督

“子連れ狼”シリーズ第四作。柳生一族の陰謀のため妻を殺され、非運逆境のなかで生きる父と子。そして、一匹狼の刺客としての凄絶な殺陣が繰りひろげられる“漫画アクション”に連載中の小池一雄・原作、小島剛夕・画の同名劇画の映画化。脚本は「子連れ狼 死に風に向う乳母車」の小池一雄。監督は「狼やくざ 葬いは俺が出す」の斎藤武市、撮影は「無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた」の宮川一夫がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
若山富三郎 林与一 東三千 富川晶宏

狼やくざ 葬いは俺が出す

  • 1972年11月17日(金)公開
  • 監督

“狼やくざ”シリーズ第二作目。麻薬取引きで甘い汁を吸っている強大な暴力団に、ひと癖もふた癖もある七人の命知らずの男たちが挑む。脚本は中西隆三、監督は「緋牡丹博徒 仁義通します」の斎藤武市、撮影は「不良番長 手八丁口八丁」の山沢義一がそれぞれ担当

監督
斎藤武市
出演キャスト
千葉真一 渡瀬恒彦 藤竜也 堀田真三

緋牡丹博徒 仁義通します

  • 1972年1月11日(火)公開
  • 監督

藤純子が映画界を引退するため「緋牡丹博徒」シリーズ最終篇となる。脚本は「悪親分対代貸」の高田宏治。監督、撮影も同作の斎藤武市と山岸長樹がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
藤純子 片岡千恵蔵 清川虹子 松方弘樹
1971年

悪親分対代貸

  • 1971年10月1日(金)公開
  • 監督

無法な新興やくざの代貸として大阪に悪名をとどとろかせた男の秘められた人間性を描く。脚本は「関東兄弟仁義 仁侠」の高田宏治。監督も同作の斎藤武市。撮影は「女渡世人 おたの申します」の山岸長樹がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
若山富三郎 遠藤辰雄 菅原文太 八代万智子

関東兄弟仁義 仁侠

  • 1971年9月7日(火)公開
  • 監督

北島三郎が昨年四月の「新兄弟仁義」以来、久々に主演する。脚本は「懲役太郎 まむしの兄弟」の高田宏治。監督は「極悪坊主 飲む・打つ・買う」の斎藤武市。撮影は「懲役太郎・まむしの兄弟」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
北島三郎 村田英雄 伊吹吾郎 藤浩

極悪坊主 飲む・打つ・買う

  • 1971年2月25日(木)公開
  • 監督

舞台は、東京下町の両国界隈。軍や、時の上層部と結託して利権をほしいままにふるう新興ヤクザに対して、真海が町の人々を助け、悪に立ち向う。脚本は「女渡世人」の本田達男と「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」の志村正浩、監督は「女たらしの帝王」の斎藤武市。撮影は「博奕打ち 流れ者」の鈴木重平がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
若山富三郎 志村喬 待田京介 八代万智子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 斎藤武市