TOP > 映画監督・俳優を探す > 大洲斉

年代別 映画作品( 1970年 ~ 1976年 まで合計3映画作品)

1976年

ひとごろし

  • 1976年10月16日(土)
  • 監督

誰も怖くて申し出のない上意討ちを藩一番の臆病者が独創的な方法を駆使してやり遂げる、山本周五郎の同名小説の映画化。脚本はテレビ時代劇『子連れ狼』シリーズの中村努、監督はテレビ監督出身で劇場映画はこれが初めての大洲斉、撮影は牧浦地志が担当。

監督
大洲斉
出演キャスト
松田優作 高橋洋子 五十嵐淳子 丹波哲郎
1971年

若き日の講道館

  • 1971年10月2日(土)
  • 助監督

古い柔術の世界から、近代的な柔道の講道館へ入学した青年柔道家の物語。脚本は松浦健郎と八尋大和。監督は「皆殺しのスキャット」の森一生。撮影は「秘録長崎おんな牢」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
森一生
出演キャスト
岩下亮 熱田洋子 川崎あかね 宮城丈二
1970年

皆殺しのスキャット

  • 1970年12月5日(土)
  • 助監督

脚本は「おさな妻(1970)」のコンビ安本莞二と白坂依志夫。監督は「あぶく銭」の森一生、撮影は「透明剣士」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
森一生
出演キャスト
松方弘樹 南美川洋子 峰岸徹 笠原玲子

大洲斉の関連人物

大林一夫  上原寛二  里見潤  芝田総二  伴勇太郎 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 大洲斉

ムービーウォーカー 上へ戻る