映画-Movie Walker > 人物を探す > ウェンディ・グリーン・ブリックモント

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2014年 まで合計14映画作品)

2014年

ワン チャンス

  • 2014年3月21日(金)公開
  • 編集

イギリスの国民的オーディション番組に出演し、ケータイ電話ショップの販売員からオペラ歌手へと転身したポール・ポッツの半生を描くヒューマンドラマ。イギリスの片田舎でいじめられっ子として育ったポッツが、度重なる挫折を繰り返すも周囲の人々に支えられ、オペラ歌手になるという夢を持ち続け、それを叶えていく姿をつづる。

監督
デイヴィッド・フランケル
出演キャスト
ジェームズ・コーデン アレクサンドラ・ローチ ジュリー・ウォルターズ コルム・ミーニー
2007年

Gガール 破壊的な彼女

  • 2007年2月10日(土)公開
  • 編集

「キル・ビル」のユマ・サーマンが、嫉妬深いスーパー・ヒロインに扮したセクシー・コメディ。超人は性欲もベッド・テクニックも凄まじい、という奇抜な設定が笑いを誘う。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
ユマ・サーマン ルーク・ウィルソン アンナ・ファリス レイン・ウィルソン
2005年

ハービー 機械じかけのキューピッド

  • 2005年7月30日(土)公開
  • 編集

全米で大人気のアイドル、リンゼイ・ローハン主演のディズニー映画。夢をあきらめかけていたヒロインが魔法の車、ハービーと出会い人生を切り開いていく痛快ファンタジー。

監督
アンジェラ・ロビンソン
出演キャスト
リンゼイ・ローハン マット・ディロン マイケル・キートン ジャスティン・ロング

ミーン・ガールズ

  • 2005年3月5日(土)公開
  • 編集

全米で大人気のリンゼイ・ローハン主演による学園コメディ。アフリカ育ちの転校生が学園中を巻き込み、セレブ集団の“女王”と壮絶な恋のバトルを繰り広げる!

監督
マーク・ウォーターズ
出演キャスト
リンゼイ・ローハン レイチェル・マクアダムス ティナ・フェイ ティム・メドウス
2003年

クリスティーナの好きなコト

  • 2003年2月22日(土)公開
  • 編集

「チャーリーズ・エンジェル」のキャメロン・ディアス主演によるラブ・コメディ。遊び好きの若い女性が、真の恋に目覚めるまでを描く。下ネタをふくむ過激なギャグが刺激的!

監督
ロジャー・カンブル
出演キャスト
キャメロン・ディアス クリスティナ・アップルゲイト トーマス・ジェイン セルマ・ブレア
2001年

エボリューション

  • 2001年11月3日(土)公開
  • 編集

宇宙からの生物に襲われた人類の危機をコミカルなテイストで描写。スリリングな物語や軽妙な会話はもちろん、クリーチャーの進化を映像化した驚異のVFXも必見!

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー ジュリアン・ムーア オーランド・ジョーンズ ショーン・ウィリアム・スコット
1998年

6デイズ/7ナイツ

  • 1998年12月19日(土)公開
  • 編集

南海の孤島に不時着した男女が必死で脱出を図る姿を軽快なタッチで描く冒険アクション。監督は「ファーザーズ・デイ」のアイヴァン・ライトマン。脚本はマイケル・ブラウニング。製作はライトマンと「G.I.ジェーン」のロジャー・バーンバウム、「ドロップゾーン」のウォリス・ニシタ。製作総指揮は「ファーザーズ・デイ」の・ジョー・メジャックとダニエル・ゴールドバーグ、「G.I.ジェーン」のジュリー・バーグマン・センダー。撮影は「SPACE JAM」のマイケル・チャップマン。音楽は「アナコンダ」のランディ・エルマン。美術は「リーサル・ウエポン4」のJ・マイケル・リーヴァ。衣裳は「スフィア」のグロリア・グレシャム。主演は「エア・フォース・ワン」のハリソン・フォードと「フェイク」のアン・ヘッシュ。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
ハリソン・フォード アン・ヘッチ デイヴィッド・シュワイマー ジャクリーン・オブラドーズ
1997年

ファーザーズ・デイ

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 編集

互いに自分こそ父親だと主張して譲らぬ2人の中年男性が、1人の少年を巡って争いながら珍道中を繰り広げるロードムービー・コメディ。ロビン・ウィリアムズとビリー・クリスタルという当代の芸達者たちの丁々発止のやり取り(映画では初共演)が笑いを誘う。フランシス・ベイベール監督、ピエール・リシャール、ジェラール・ドパルデュー主演のフランス映画「Les Comperes」(84)を、「ジュニア」のアイヴァン・ライトマンの監督・製作でリメイク。脚本は「彼と彼女の第2章」「クローンズ」などのコンビ、ローウェル・ガンツとババルー・マンデル。製作は「陰謀のセオリー」のジョエル・シルヴァーとライトマンの共同。製作総指揮は「SPACE JAM」のジョー・メダックとダニエル・ゴールドバーグ、撮影は「カリートの道」のスティーヴン・H・ブラム、音楽は「SPACE JAM」のジェームズ・ニュートン・ハワードで、ポール・マッカートニーのテーマ曲『ヤング・ボーイ』『ザ・ワールド・トゥナイト』のほか、シュガー・レイ、スペシャルズ、ライル・ラヴェットら多彩な挿入曲が全編に流れる。編集は「SPACE JAM」のシェルダン・カーンと「ジュニア」のウェンディ・グリーン・ブリックモント、衣裳は「身代金」のリタ・ライアック。主演は「ジャック」のロビン・ウィリアムズと「彼と彼女の第2章」のビリー・クリスタル。共演は「ターミナル・ベロシティ」のナスターシャ・キンスキー、「BOYS」のチャーリー・ホフハイマー、「ノース/ちいさな旅人」のジュリア・ルイス=ドレイファスほか。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ ビリー・クリスタル ジュリア・ルイス・ドレイファス ナスターシャ・キンスキー
1994年

ジュニア

  • 1994年12月23日(金)公開
  • 編集

新薬開発のため自ら実験台となり、世界初の″妊夫″となった博士が巻き起こす騒動を描いたコメディ。監督アイヴァン・ライトマン、主演アーノルド・シュワルツェネッガー、ダニー・デヴィートの「ツインズ」のトリオが再結集。いかついシュワルツェネッガーが妊娠を契機に母性に目覚め、仕種や言動、さらには精神的にも女性らしくなるあたりの珍演が笑いを誘う。製作・監督は「デーヴ」など、コメディ映画のヒット作を次々と放つアイヴァン・ライトマン。脚本はクリス・コンラッドとケヴィン・ウェイドの共同。撮影は「ターミネーター」2部作や「デーヴ」のアダム・グリーンバーグ、音楽は「プリティ・ウーマン」「わかれ路(1994)」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「シングルス」のスティーブン・J・ラインウィーヴァー、衣装は2度のアカデミー賞を受賞した「ペリカン文書」のアルバート・ウォルスキー、編集と製作補は「デーヴ」のシェルドン・カーンがそれぞれ担当。共演は「ハワーズ・エンド」「父の祈りを」と出演作が相次ぐエマ・トンプソン、「キンダガートン・コップ」のパメラ・リードら。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー ダニー・デヴィート エマ・トンプソン フランク・ランジェラ

マイ・ガール2

  • 1994年7月9日(土)公開
  • 編集

13歳の少女ヴェーダの成長と淡い恋を、甘く切なく描いた思春期映画。91年の「マイ・ガール」と同じスタッフ、キャストで贈る続編。監督・エクゼクティヴ・プロデューサーのハワード・ジーフ、製作のブライアン・グレイザー、エグゼクティヴ・プロデューサーのジョセフ・M・カラチオロとデイヴィッド・T・フレンドリー、撮影のポール・エリオットなど、主要スタッフは前作と同様。新たに脚本のジャネット・コヴァルチック、音楽に「忘れられない人」のクリフ・エイデルマンが参加。主題曲『マイ・ガール』(テンプテーションズ)をはじめ、『オール・マイ・ラヴィング』(ビートルズ)、『ドント・ウォーリー・ベイビー』(ビーチ・ボーイズ)など、全編を彩る懐かしのヒット曲も聴きもの。主演は前作に続きアンナ・クラムスキー。共演は「スニーカーズ」のダン・エイクロイド、「マザーズボーイ 危険な再会」のジェイミー・リー・カーティスら前作のメンバーに加え、「シュワルツェネッガー ラスト・アクション・ヒーロー」のオースティン・オブライエンがヒロイン、ヴェーダの相手役を務める。

監督
ハワード・ジーフ
出演キャスト
アンナ・クラムスキー ダン・エイクロイド ジェイミー・リー・カーティス オースティン・オブライエン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウェンディ・グリーン・ブリックモント

ムービーウォーカー 上へ戻る